« 新国際規格、ISO 45001(労働安全衛生マネジメントシステム)が2018年3月12日に発行(No.4591) | トップページ | 閑静なたたずまいの奈良の名勝「依水園」、「吉城園」(No.4593) »

2018年3月17日 (土)

コンサルタントに求められる声の力(No.4592)

コンサルタントに求められる声の力

~声が仕事も人生も豊かにする~

1良い声は健康のバロメーターである

2.声の問題点を知り意識を変える。

1)自分の声を客観的に把握する

 (2)声は届けるものという意識を持つ

3.良い声を出すと何が変わるのか

1)変化事例

 (2)良い声をどうビジネスに生かせるのか

4.良い声を出すための改善方法

 (1)姿勢の改善

 (2)腹式呼吸の習慣化

 (3)やや低めの地声を意識する

 (4)口を縦に開ける

5.朗読会のトレーニング効果

良い声を出している人は実年齢より若く見られることが多い。生涯現役で活躍されている高齢者は、しっかりとした声ではっきりとお話をされる方が多いことに気づく。良い声を出すためには、身体と心を鍛えておく必要がある。

 声は身体を作る。声の80%以上は良い姿勢から生まれる。本当の声とは、身体と心のバランスが取れたときに出る声であり、気持ちよく出している声である。自分の身体が喜ぶ声である。

それは、人を喜ばせもする。良い声が出せるということは、健康で元気に生きている証しであり、人生を豊かにする大きなエネルギーとなる。それが、実年齢より若々しい印象につながるのである。企業診断ニュース2月号NO.704P22—25より

■関連WEBうたの教室izumiとは/

|

« 新国際規格、ISO 45001(労働安全衛生マネジメントシステム)が2018年3月12日に発行(No.4591) | トップページ | 閑静なたたずまいの奈良の名勝「依水園」、「吉城園」(No.4593) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。