« 西郷どんの実像(No.4634) | トップページ | 「インスタ映え」 を超える 顧客獲得術(No.4636) »

2018年4月29日 (日)

ICT活用の未来像(No.4635)

平成28年版 情報通信白書のポイント
■構成
◆◆第1部 特集 IoT・ビッグデータ・AI~ネットワークとデータが創造する新たな価値~
IoT・ビッグデータ・AI等の新たなICTについて、その進展状況と社会経済全体にもたらす変化について展望する。

▼第1章:ICTによるイノベーションと経済成長
IoT・ビッグデータ・AI等新たなICTによる経済成長への貢献経路について、供給面と需要面から整理し、それぞれの経路について事例や企業の取組状況等を交えながら、ICTが経済成長に与える潜在的効果を定量的に検証。また、ICTがもたらす非貨幣的価値(消費者余剰等)についても考察。
▼第2章:IoT時代におけるICT産業動向分析
経済成長への貢献が期待されるICT産業について、IoTの進展を踏まえた上で全体構造の整理を行い、ICT機器・サービスの各市場規模や成長性、競争環境等について定量的に検証。
▼第3章:IoT時代の新製品・サービス
IoT時代の新たなICT機器・サービスとして、現在注目されているフィンテック、シェアリングエコノミー等を取り上げ、それぞれ認知度、利用意向等国際消費者アンケートの比較を踏まえながら、それらの現状や課題等について分析。また、医療、教育など公共分野における先進的なICT利活用事例や、熊本地震におけるICT利活用事例を紹介。
▼第4章:ICTの進化と未来の仕事
ICTの進化が雇用や働き方に与える影響について概観した上で、急速な進歩を遂げる人工知能(AI)を取り上げ、その現状や日米就労者アンケートの比較等を交えながら、今後必要とされるスキルの変化と求められる教育・人材育成の在り方について検証。

◆◆第2部 基本データと政策動向
▼第5章:ICT分野の基本データ
総務省実施調査の結果を中心に、我が国ICTの現状を示す最新データを幅広く紹介。
▼第6章:ICT政策の動向
我が国のICT政策の最新動向を、総務省の取組を中心に紹介。

■関連WEB:平成28年版 情報通信白書のポイント

|

« 西郷どんの実像(No.4634) | トップページ | 「インスタ映え」 を超える 顧客獲得術(No.4636) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。