« ”ISO19011”のポイント、内部監査員養成研修(No.4630) | トップページ | AI時代の人間の行方(No.4632) »

2018年4月25日 (水)

三菱の発祥の地、図書館の西側に(No.4631)

大阪市立中央図書館の西側に、土佐稲荷神社は、大阪市西区にある神社があります。長堀川畔の土佐藩蔵屋敷に古くから鎮座していました。神社の東側に岩崎弥太郎の邸宅跡を示す碑があります。岩崎弥太郎は当地で事業を営み、三菱の発祥の地となる。神紋には三菱グループを表す「スリーダイヤ」が入っており、三菱グループを構成する多くの企業が神社を囲む玉垣を寄進しています。
■関連WEB:土佐稲荷神社概要201804250520180425062018042509

|

« ”ISO19011”のポイント、内部監査員養成研修(No.4630) | トップページ | AI時代の人間の行方(No.4632) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。