« ICT活用の未来像(No.4635) | トップページ | 紀の川市、第1回柿・摘蕾(てきらい)援農隊(No.4637) »

2018年4月30日 (月)

「インスタ映え」 を超える 顧客獲得術(No.4636)

日経ビジネス2018年4月23日号の特集記事は下記です。
 
■特集 「インスタ映え」 を超える 顧客獲得術 
    勝手に集まり、勝手に売れる(030p)
● 「インスタ映え」 を超える 顧客獲得術 
    勝手に集まり、勝手に売れる(030p)
● 「インスタ映え」 では済まされない 
   たかがアイスに若者が殺到するワケ(032p)
● 「検索」 が破壊する常識 
   音声、ビジュアル、チャットに対応せよ(034p)
●属性分析だけでは不十分 
   カギは 「スモールマス」 新機軸で市場は無限(040p)
●スモールブランドは世界の潮流(046p)
●フェイスブック問題の波紋 
   データ活用の落とし穴、顧客中心の5原則守れ(047p)
 
■有訓無訓(001p)
●他人と異なる視点で世の中を定点観測すれば
  先を見る目は磨かれる 
   泉谷 直木 アサヒグループホールディングス会長(001p)
 
■今週の名言(003p)
●デジタル戦略とはデジタル広告の戦略ではない。
 顧客一人ひとりの興味、嗜好を把握することだ。
●変化は同時にチャンスでもあります。
●新たな挑戦には失敗がつきもの。
 失敗に寛容な文化も必要です。
●教員の役割は指導者から、
 学習者を励ますメンターのようなものに変わるだろう。
 
■編集長の視点(003p)
●ブランドが崩壊する理由、オーディオ御三家は今
●ニーズの変化をいち早くとらえ、
 顧客をつかまえることは経営の肝です。
●そのためには変化に合わせて自らも変わらねばなりません。
●進化論が示す「生き残るのは強いものではなく
  変化できるもの」という真理は不変です。
 
■時事深層(022p)
●食品ロス削減、最適解どこに(022p)
20180423

|

« ICT活用の未来像(No.4635) | トップページ | 紀の川市、第1回柿・摘蕾(てきらい)援農隊(No.4637) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。