« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月31日 (木)

ISMSクラウドセキュリティ認証を検討されませんか(No.4667)

クラウドサービスの本格的な普及に伴い、クラウドサービスに求められるセキュリティ要求事項明確化の重要性が認識されつつあります。
▼そうした中、クラウドサービスの提供及び利用に適用できる情報セキュリティ管理策のための指針を示した実践の規範として、ISO/IEC 270172015年に発行され、ISMSクラウドセキュリティ認証をしています。

▼クラウドサービスの利活用にあたっては、「(クラウド事業者に)預けたデータの流失」「データを格納する先の安全対策」「サービス終了に伴うユーザー情報の取扱い」など、クラウドサービスを利用する側も提供する側も、これまでの常識とは異なる、様々な対策を検討しなければなりません。

| | コメント (0)

2018年5月30日 (水)

日本の製造業の品質と価値, 「統合と融合」(No.4666)

「ビューローベリタスお客様感謝デー2018」に参加しました。
■日時:2018年5月30日(水)14:15~17:25
■会場:梅田・スカイビル36階
■プログラム
▼第一部
●基調講演
 「日本の製造業の品質と価値」
 早稲田大学大学院 経営管理研究科
      教授・長内 厚氏
●「ISO業界の動向とビューローベリタスからの報告」
●「ISO45001の動向」
●「ISO27017クラウド認証始まる」
●「ビューローベリタスの新サービスご紹介」
▼第二部 懇親会(参加しませんでした)
JABのホームページに下記資料が掲載されています。

| | コメント (0)

2018年5月29日 (火)

国民健康保険、半世紀ぶり大改革(No.4665)

会社を退職した高齢者らが加入する国民健康保険が4月、市町村単位から都道府県単位の財政運営となった。これは国民全員を公的医療保険でカバーする「国民皆保険」が1961年度に導入されて以来約50年ぶりの大改革だ。保険料の設定や赤字処理の方法等が大幅に変わり、税金や保険料など国民の負担に影響しかねない内容を含んでいる。赤字の補填方法は明確になったが、脆弱な財政構造は変わらぬままだ。
今後、増加する医療費を住民同士でどう分かち合うのか。もし保険料や税金で追加負担が必要になった時、どう住民に説明するのか。これらの点について、財政運営の責任を持った都道府県、そして住民に保険料の妥当性を説明しなければならない市町村の責任が大きい。~「週刊エコノミスト5月29日号」P.82~84引用

| | コメント (0)

2018年5月28日 (月)

 中小企業のIoT導入観点とその事例について(No.4664)

 中小企業のIoT導入観点とその事例について
~国(IoT・ロボット関連)の施策等の説明も実施~
●日時:5月28日(月)14.00~16.30
●会場:クリエイション・コア東大阪 南館3階 クリエイターズプラザ
◆【内 容】 
1.講演『企業へのIoT導入事例について』
         〜 IoTによる工場の見える化 ~
         その背景、コスト感、留意点 〜
  ナレッジ・ビー/IIoTコーディネーター 高田 富明氏
      
2.講演『中小企業IoT導入の着眼点とその事例』
  大阪府立大学工業高等専門学校 総合工学システム学科
  メカトロニクスコース 教授 土井 智晴氏
3.『平成30年度 経済産業省IoT・ロボット関連施策等について』
   経済産業省 近畿経済産業局
      地域経済部 次世代産業・情報政策課
■中小企業のIoT化の着眼点は
生産性向上、収益向上を目的にIoT化すること。
日経エレクトロニクス6月号は「IoT再始動」を特集している。今や、取り組んでいて当然とも言える「IoT」。▼しかし、思うような効果が出ていないと悩む企業が多いのも事実だ。その原因は「IoT」の捉え方そのものにある。▼先行する欧米企業は、データの単なる収集・分析にとどまらず、データを起点とした業務プロセスの確立を着々と進めている。▼それに気づいた一部の日本企業が再び動き始めた。▼従来の「IoT」は部分最適、完結的、規模限定的、独自的、データロギングです。「小さく始めた」が大きく伸びないと言う問題を抱え20180528iot50 ている。P.22~41.201805296

| | コメント (0)

2018年5月27日 (日)

個人情報規制GDPRへの対策を急げ(No.4663)

27日の日経の社説は「個人情報の新ルールGDPRへの対策が急務だ」です。
■ 欧州連合(EU)が5月25日、新たな個人情報保護のルール「一般データ保護規則(GDPR)」を施行した。情報の取り扱いに加えて域外への持ち出しを厳しく制限し、違反した企業などに巨額の制裁金を科す仕組みです。
■現地法人を置いていなくても、欧州の見本市に出展したり、インターネットを通じて欧州で製品を販売したりすれば、新ルールに抵触する可能性がある。顧客のほか現地社員の情報も対象になるなど、影響を及ぼす範囲は広い。インバウンド需要に沸き、欧州観光客の間でも人気が高い関西の有名老舗旅館。これまで複数の欧州言語を含めた多言語サイトで予約を受け付けていたが、GDPRの中身を知り、日本語と英語のみの対応に絞るという。GDPRの適用対象とみなされることから避けるためである。

■GDPRの主なポイントの3つは。
▼1つは「EU域内で個人情報の取扱いに共通の法律で、権利強化(削除権)。
▼2つ目は、個人情報の範囲や取得・管理ルールが大幅に強化される。「データ保護責任者(Data Protection Officers/DPO)」の設置も義務付けられた。
▼3つ目は、罰則の強化。GDPRへの違反企業への罰則は、全世界の年間売上高の4%もしくは2000万ユーロ(1ユーロ125円とすると25億円)のどちらか高い方を上限とする制裁金が課せられる可能性がある。

| | コメント (0)

2018年5月26日 (土)

絆、家族の集まり(No.4662)

5月26日(土)東京、神戸、奈良、大阪に住む家族が高槻に集まり、出演映画の試写会、4月出版の本の紹介、時がたつのを忘れ、語らいました。201805261720180526182018052629

| | コメント (0)

2018年5月25日 (金)

中小企業IoT導入の着眼点とその事例(No.4661)

■中小企業のIoT導入観点とその事例について ~国(IoT・ロボット関連)の施策等の説明も実施~
●日時:5月28日(月)14.00~16.30
●会場:クリエイション・コア東大阪 南館3階 クリエイターズプラザ
◆【内 容】 
1.講演『企業へのIoT導入事例について』
2.講演『中小企業IoT導入の着眼点とその事例
3.『H30年度 経済産業省IoT・ロボット関連施策等ついて   
■「インダストリアルIoT
~デジタルテクノロジーと製造業の進化~」
●日時:6月5日(火)13:00~17:10
●会場:日本経済新聞社 大阪本社1階 カンファレンスルーム
●PROGRAM
◆13:00~13:40
基調講演
「システマティックな戦略が求められるインダストリアルIoT化」
ロボット革命イニシアティブ協議会 インダストリーIoT推進統括 水上 潔氏
◆13:40~14:20
セッション①
「第4次産業革命時代の製造業に求められる、IoT/AIを活用した「こと」づくりへの挑戦」 
セールスフォース・ドットコム エンタープライズ セールスエンジニアリング本部 リードソリューションエンジニア 中村 秀樹氏
◆14:20~15:00
セッション②
「製造現場でのAI×IoT活用事例と、AI導入から実運用までの進め方のポイント」
スカイディスク 取締役 最高執行責任者COO 金田 一平氏 
15:00~15:10
休憩
◆15:10~15:50
セッション③
「90日間で提供するインダストリアルIoT×AIアプリがもたらすビジネスインパクト」 
日立ハイテクソリューションズ IoTソリューション部 部長代理 高橋 宗一郎氏
◆15:50~16:30
セッション④
「IoTを使った品質保証体系の構築 」
KPMGコンサルティング ディレクター 田中 孝史氏
◆16:30~17:10
クロージング講演
「手段としてのIoTはものづくりに何をもたらすか」(仮)
三菱電機 FAソリューション事業推進部 FAソリューションシステム部 次長 市岡 裕嗣氏
■「IoT先進国ドイツの第4次産業革命」 セミナー
●日時:6月14日(木)14:00~16:45
●場所:グランフロント大阪キャピタルタワーC7階 
●プログラム2 プレゼンテーションセミナー(同時開催)
14:00~14:05 挨拶 ドイツ大使館・総領事館
14:05~14:25 キーノートスピーチ『ドイツのIoT産業、Industry4.0の現状』
14:25~15:25 企業プレゼンテーションⅠ
15:25~15:45 休憩
15:45~16:45 企業プレゼンテーションⅡ

| | コメント (0)

2018年5月24日 (木)

生産性の向上とIoT、AI等(No.4660)

2018年度ユアサ炭寿会大阪支部総会に出席しました。
■日時:平成30年5月24日(水)11時45分~
■会場:ホテル阪急インターナショナル6階
■ユアサ商事㈱代表取締役社長 田村博之氏から新中期経営計画「Growing Together 2020」の説明がありました。
■関連WEB:ユアサ商事
 
■18.30~20.30技術向上研究会
技術向上研究会では今年度の課題「生産性の向上」「IoT、AI等」について熱心な話合いを行いました。
■24日夕刊のトップニュース。トランプ米大統領は24日、6月12日にシンガポールで予定していた米朝首脳会談の中止を発表した。記者団に「北朝鮮や世界にとって大きな後退だ」と表明。必要があれば軍事行動も辞さない構えを示し、北朝鮮をけん制した。
201805240120180524022018052407

| | コメント (0)

2018年5月23日 (水)

売れる仕組みのつくり方(No.4659)

平成30年5月スキルアップ研修

テーマ:  実践マーケティング入門―売れる仕組みとコンセプトのつくり方
日 時: 平成30年5月23日(水) 18.30~20.30
会 場: マイドームおおさか8階 第2会議室
講 師: 佐々木 武氏(大阪府診断協会会員)
内  容:
「マーケティング」とは、“売れる仕組み”であり、“新しい市場を創造する”です。「マーケティングとは」を実践レベルでは、まず「コンセプト=“誰に、何(価値)を売っているのか”といった一貫性の高いストーリーの構想」のフレームワークやコンセプトのつくり方,見える化をとして具体的にご紹介いただきました。
BtoBの顧客価値はニーズ(困りごとや問題・課題)を解決し、”ありたい姿の実現“=満足(感動)を提供してくれる”困りごとの解決策”である。それは「使い方を提案する(用途提案)」、「顧客企業のQCDの改善に直接貢献する」、「顧客企業の収益向上に間接貢献する」である。
■関連WEB:「20180523実戦BtoB マーケティング 
2018052389

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

「未来の年表2」今からあなたにできる「メニュー」8つも提案(No.4658)

「未来の年表2」~ 人口減少日本であなたに起きること~
 
◆内容(「BOOK」データベースより)
少子高齢社会のリアルな脅威は、何気ない日常にこそ潜んでいます。10年後、20年後、あなたの身に迫る事態を一覧にしました。今からあなたにできる「メニュー」8つも提案。
 
◆<目次抜粋>
人口減少カタログ/庄子家の一日に起きたこと
第1部 人口減少カタログ
序 国民の5人に1人が、古希を超えている
◎伴侶に先立たれると、自宅が凶器と化す
◎亡くなる人が増えると、スズメバチに襲われる
◎東京や大阪の繁華街に、「幽霊屋敷」が出現する
◎高級タワマンが、「天空の老人ホーム」に変わる
◎80代が街を闊歩し、窓口・売り場は大混乱する
◎老後資金が貯まらず、「貧乏定年」が増大
◎オフィスが高年齢化し、若手の労働意欲が下がる
◎親が亡くなると、地方銀行がなくなる
◎若者が減ると、民主主義が崩壊する
◎ネット通販が普及し、商品が届かなくなる
◎オールド・ボーイズ・ネットワークが、定年女子を「再就職難民」にする ほか
 
第2部 今からあなたにできること
序 「戦略的に縮む」ほど、ポジティブな考えはない
1人で2つ以上の仕事をこなす/家の中をコンパクト化する/年金受給開始年齢を繰り下げ、起業する ほか201805222

| | コメント (0)

2018年5月21日 (月)

実はすごい!スクワットの効果(No.4657)

【死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい 】
小林弘幸 / 著
「スクワットには、足腰を鍛えるだけではなく、免疫力向上、認知症予防、尿漏れ防止、便秘改善、心を前向きにする作用など、たくさんの驚くべき効果が隠されているのです。」(本文より)
<実はすごい! スクワットの効果>
スクワットだけで効率よく全身の筋肉を鍛えられる/体脂肪が燃える/若々しくなる/腰痛をケア/血流がよくなり、病気を遠ざける/冷え性を改善/肩コリ・首コリがラクになる/自律神経のバランスが整う/腸を動かすから便秘に効く/「便失禁」「尿漏れ」を防ぐ etc.

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 なぜスクワットなのか?(寝たきりにならないために/
        歳をとると人体には3つの大きな変化が ほか)/
第2章 実践スクワット(スクワットの10の心得/
        スクワット6週間プログラム)/
第3章 実はすごい!スクワットの効果(スクワットだけで効率よく全身の筋肉を鍛えられる/体脂肪が燃える ほか)/
第4章 スクワットで心も若返る!(今日がいちばん、若い/大切なのは「心技体」ではなく、「体技心」 ほか)/
第5章 スクワットの効果を高める健康習慣(30分早起きして「ゆっくり」を意識する/ 起きたらコップ1杯の水を飲む ほか)
20180521

| | コメント (0)

2018年5月20日 (日)

折れない心(No.4656)

『日経プレミアムゼミナールin大阪』
~野村忠宏氏スペシャルトーク~に参加しました。
◆日時:5月20日(日) 13:30~16:10
◆会場:大阪市中央公会堂
◆プログラム
第1部
「2018年後半 日本経済・世界経済 大予測」
  ~日本の投資環境と今後の展望~
・講師
    日本経済新聞社編集局編集委員兼キャスター
    鈴木 亮氏
 
・2018年は堅調な展開継続か
ただし海外情勢を注視
円相場の見通し
日経平均株価の見通し
 
第2部・特別講演
「折れない心」
・講師
    柔道家(所属:ミキハウス)
   野村 忠宏 氏
 
柔道家。1974年奈良県生まれ。祖父は柔道場「豊徳館」館長、父は天理高校柔道部元監督という柔道一家に育つ。アトランタ、シドニー、アテネオリンピックで柔道史上初、また全競技を通じてアジア人初となるオリンピック三連覇を達成する。試合前は一睡もできなくなる。五輪後は毎回引退しようか迷い、練習では何度も心が折れかかり 一時は米国留学したりして柔道離れたりしながら、それでも3連覇し、北京4連覇目指すがケガもあり代表落ち。心は折れてもいい。そこから這い上がってくるのが大切なんだな。元気もらえた。その後、たび重なる怪我と闘いながらも、さらなる高みを目指して現役を続行。2015年8月29日、全日本実業柔道個人選手権大会を最後に、40歳で現役を引退。現在は国内外にて柔道の普及活動を展開。 2018052068_2201805202018052067

| | コメント (0)

2018年5月19日 (土)

東アジアの国際情勢と日本の対応(No.4655)

平成30年5月19日の武藤記念講座第1044回に参加しました。
◆場所:大阪「武藤記念ホール」
◆日時:5月19日(土)午後1時30分~3時30分
◆講師:慶応義塾大学法学部教授 細谷雄一氏
◆演題:「東アジアの国際情勢と日本の対応」
◆要旨: 現在東アジアでは、国際情勢が急速に変転しつつある。トランプ大統領が北朝鮮指導者と首脳会談を行う意向を示しながらも、軍事攻撃の可能性は後退していない。また習近平主席と金正恩委員長との首脳会談は、世界を驚かせた。変転する国際情勢を理解するために、東アジアで起きている構造的な変化に目を向ける(案内文より)
■日本の対応は
1)自助能力を向上させる
2)中国と協調する
3)国際法、国際組織の維持に努力
20180519442018051947

| | コメント (0)

2018年5月18日 (金)

当面の中国経済情況と日系企業事例(No.4654)

華鐘春季セミナー
「当面の中国経済情況と日系企業事例報告」
 
◆日時:5 月17 日(木)13:30~17:30
 
◆会場:三井住友銀行大阪本店6 階講堂
 
◆主催:華鐘コンサルタント、三井住友銀行
 
◆テーマ及び講師
(1)どうなる?新時代、新体制下の中国経済運営方針
  総経理 古林恒雄氏

(2)事例報告①(外資系企業が知っておくべき最近の税務規定)
  東京事務所所長 高倉洋一氏

(3)事例報告②(工場移転に伴う立退き補償金交渉と労務対策)
  常務副総経理 能瀬徹氏
◆憲法改正後の影響は? 上海の物件価格は日本の3倍、バブル崩壊はない。世界の自動車の1/2は中国。上海のグリーンナンバーは入札不要。2018年の成長率は6.5%。
◆外資系企業に関係ある最近の税務規定、工場移転に伴う立退き補償金交渉と労務対策は事例わかりやすくご説明いただきました。
 
20180517322018051727201805172820180517302018051731

| | コメント (0)

2018年5月17日 (木)

時間は企業、個人の生きざまを映す鏡(No.4653)

桑蓬会 第382回研究発表
 
○開催日時:2018年5月17日(木)18.30--20.30
○会    場:エルおおさか704号室
○発表者 :恩村 政雄 氏
○テーマ :『「時間は企業、個人の生きざまを映す鏡」
                       ―あなたは時間の価値を意識していますか―』
〇レジュメ
1.労働時間を取り巻く最近の動き
 1)日本の労働生産性の低迷
 2)ブラック企業の告発
 3)副業の容認--就業規則の見直し
 4)働き方改革の法案審議---H30年度通常国会で審議中
 
Ⅱ.企業、個人における時間生産性はいかにあるべきか
 1)三・六協定の位置づけ
 2)なぜ、残業時間が減らないのか
 3)どうすれば時間生産性を上げられるのか
 4)仕事に対する計画性
 5)業務効率
 6)業務改善
 
Ⅲ.時間を主要な経営資源と捉える
 1)評価基準の見直し
 2)個々人のライフスタイルの見直し
 3)個々人の自己目標と企業が期待」することとの方向性
---私たち、経営コンサルタントは、----
 決められた時間内に、どれだけの仕事を
 質・量とも効率よく処理できるか
 その実現に向かって「時間の価値」を高める支援を求められています。
 
◆ドイツ人の生き方から時間意識を学び、少し取り入れれば、生産性が高まり、快適な働き方に近づくでしょう。「労働を人生の中でどう位置づけているか」「自立・独立の意識」「優先順位をつける考え方」「コミュニケーションのとり方」」など、そもそも残業はしないと決めている。日本はITの利活用が遅れている。IoT対応でさらに差がつかないようにせねばならない。
 2018051736201805173320180517342018051735

| | コメント (0)

2018年5月16日 (水)

AIはアパレルの武器になる(No.4652)

日経コンピュータ2018年5月10日号
興味ある記事です。
◆特集
落第点のIT政策
森友問題は氷山の一角、揺らぐ技術立国
手詰まりのIT振興策
後手に回る人材育成
成果を焦る研究開発
丸投げ脱却への試練
紙の呪縛、未だ解けず
◆特集
テロ対策、ITが盾に
陸海空の全方位で日本を守る
◆フォーカス
IoTが危ない
5分に1度、狙われる
◆インタビュー
ポケットの中に伊勢丹を
AIはアパレルの武器になる
ストライプインターナショナル 社長 石川 康晴 氏
◆CIOが挑む
IT部門に技術スキル不要
求めるのは要望の言語化
ユナイテッドアローズ 執行役員
2018051617201805161718 経営企画部・情報システム部担当 高田 賢二 氏
20180516

| | コメント (0)

2018年5月15日 (火)

王朝行列、古都華やぐ、葵祭(No.4651)

鹿児島に向かう妻を大阪空港へ見送り、王朝行列の葵祭 へ。

| | コメント (0)

2018年5月14日 (月)

「面倒くさい」 を狙い撃て(No.4650)

日経ビジネス 2018年5月14日号
特集は 「面倒くさい」 を狙い撃て
 3大潮流を掴む新ヒットの方程式
・ 「面倒くさい」 を狙い撃て 3大潮流を掴む新ヒットの方程式
 「消費はしたいが面倒は嫌」そんな新消費者群を捉えた商品が消費不況の中、 ヒットを生み出している。

・シェアラー、ラッシャー、ソリスト…… 急増する極端な消費者
 「シェア」
  スキルは習得より借りる
  ペットも時間単位でシェア
 「時短」
  葬儀3分、結婚式10分
  「15分ドラマ」が急増?
 「お一人様」
  一人参加のフットサル
  寂しくない一人居酒屋

・商品開発の単純新法則 何でもいい 面倒を探し出せ!
 「高アルコール飲料」→だらだら飲まず、手っ取り早く酔いたい
 「都市型グランピング」→自然を体験したいが準備・移動は嫌
 「荷物預かりサービス」→コインロッカー不足、探す手間を解消
・ 「面倒なし社会」 の末路 やがて経済縮小? 格差拡大も加速か20180514514

| | コメント (0)

2018年5月13日 (日)

米朝会談控え日本牽制(No.4649)

金正恩、悪役返上して米朝会談へ
南北首脳会談後、韓国の世論は過去の脅しなどなかったかのように北朝鮮寄りに変わった。
トランプ政権は米朝首脳会談に向け、同大統領の手柄を示す場になると楽観的な見通しを示す。しかし、対北朝鮮交渉を担ってきたアメリカの元高官らは、金正恩委員長の戦略の巧みさを指摘する(日経ビジネス2018.05.14号、P104)。
◆北核実験場廃棄「23~25日」爆破、坑道閉鎖 中ロ米英韓に公開、5月13日・東京
◆核実験場廃棄発表を歓迎 「賢明」とトランプ氏 ,5月13日・産経
◆米朝:体制保証網羅の包括案提示か ソウル外交筋情報 - 5月13日・毎日
◆「拉致は解決済み」 朝鮮中央通信、安倍政権を批判、5月13日・朝日

| | コメント (0)

2018年5月12日 (土)

神仏習合(No.4648)

5月12日(土) 午後2:00~午後2:48(48分) Eテレを見ました。
 番組名は、まほろばの神と仏と祈り~特別展「国宝 春日大社のすべて」フォーラム~
◆番組内容
春日大社とゆかりの深い興福寺と合わせて、神仏習合のすがたを読み解きながら、人々の祈りの姿の神髄に迫る。特別展「国宝 春日大社のすべて」関連フォーラム
◆パネリスト:山院弘匡(春日大社 宮司)、多川俊映(興福寺 貫首)、山折哲雄(宗教学者)、澤田瞳子(作家)。司会:阿部陽子アナウンサー
◆本地垂迹思想に基づいて、中世には春日大社の祭神にも本地仏があてられ、春日信仰は仏教と習合して発展しました。本地垂迹は、本来の姿は仏教の仏、その仮の姿が神道の神、つまり、本地仏というのは、神道の神様と仏教の仏様は同体だ、という理論においての、神様の本来の姿であるところの仏様、ということです。

| | コメント (0)

2018年5月11日 (金)

人手不足ガイドライン好事例(No.4647)

中小企業庁が取りまとめた「中小企業・小規模事業者人手不足ガイドライン」の解説とガイドラインに掲載されている対応好事例企業(約100社)の2社から事例発表セミナーが開催され、参加しました。
 
◆田代珈琲株式会社:所在地:東大阪市、創業:1933年、、従業員数:16人
 ●新しいビジネスモデルを構築するため、優秀な人材を求めていた。
 ●自社のビジョンの方向性を明確にし、柔軟な勤務形態を構築したことで、優秀な女性社員の獲得
 ■関連WEB会社概要
 ■関連WEBリクルート
 ■関連WEBIT百選受賞2015年

◆兵庫ベンダ工業株式会社:所在地:姫路市、創業:1982年、、従業員数:50人
 ●雇用環境の改善により、社員の定着率を高めたいと考え、テレワークの導入や子供への手当の拡充を行った。
 ●IOTやAIを活用することにより、従業員の業務をサポートし、働きやすい職場を実現した。
 ■関連WEBベンダの取組み.
 ■関連WEBリクルート
  ■関連WEB「ひょうご女性の活躍推進会議
  ■関連WEBIT百選受賞2015年優秀賞nend=2015
◆関連WEB:中小企業・小規模事業者人手不足ガイドライン2018051190

| | コメント (0)

2018年5月10日 (木)

経営に役立つ内部監査とは(No.4646)

第159回 ISO研究会5月例会に参加しました。
ISO研究会会員で執筆した「経営ツールとしてのISO活用Q&A」同友館発行は4月17日に発売、順調である。
書籍の販売促進策セミナー対策と今年度の研究会テーマ「内部監査の活性化」について話し合った。201804127320180510iso8420180510iso85

| | コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

プログラミング&リベラルアーツ(No.4645)

Newsweek日本版 2018年5月15日号の特集は
「日本すごい」に異議あり!です。
 
p.19世界に誇る日本の文化・スポーツ・技術が空洞化?
「魂」を忘れかけた日本人に知日派らが贈る6つの提言
p.20文化 「日本すごい」が空洞化する
p.22スポーツ 相撲は国技で神事で品格あり?
p.24文学 村上春樹の小説を僕が苦手な理由
p.26エンターテインメント 「忖度の国」のお笑いスキル
p.29技術 「下町ボブスレー」が示す職人技の誇りとおごり
p.30ハラール ムスリム不在のおもてなし商売
p.10UNITED STATES トランプにノーベル平和賞?
p.16SOUTH KOREA 南北会談の読唇術で分かったこと
p.18金漬けのアメリカに「国債危機」が迫る
p.31米朝関係 トランプ外交のお寒い「勝利」
p.36朝鮮半島 在韓米軍の撤退はジレンマだらけ
p.49Superpower Satire 米中の貿易戦争は価値観戦争
 
■週刊ダイヤモンド5月12日号
p.29特集はAI時代を生き抜く
プログラミング&リベラルアーツ
AI時代を生き抜くために必要なものが、AIを味方にする教養=プログラミングと、
AIで代替できない教養=リベラルアーツだ。これらの必須教養を身に付けることができれば、
人間はAIと共存することができるだろう。
■NHKラジオ深夜便 
午前4時台【明日へのことば】
心にピントを合わせる(2)

20180508newsweek
20180509

| | コメント (0)

2018年5月 8日 (火)

大阪府内総生産は、基準改定で愛知県に追い抜かれた(No.4644)。

平成30年度 第1回大阪府・大阪市経済動向報告会に参加しました。
 
【日 時】2018年5月8日(火)13:20~16:40 
 
【場 所】大阪産業創造館 4階イベントホール
 
【内 容】
  第1部『知的財産入門「企業のブランドとデザインを守る
                 意匠と商標」』
 
 第2部『最近の大阪経済の動向』
             大阪府内総生産は、基準改定で愛知県を下回る。
 
 第3部・『デジタルものづくりによる付加価値向上イノベーション』
     ・『中小企業の付加価値向上に資する大阪の知的集約型
        ビジネス・サービス(KIBS)についての調査研究』
     ・『本社の移転・立地の要因に関する調査研究』
2018050880_22018050881

| | コメント (0)

2018年5月 7日 (月)

チェンジメーカーが社会を変える(No.4643)

シンポジウム2018
チェンジメーカーが社会を変える
〜SDGs:わたしたちにできること〜
日 時:5月7日(月)14:00~17:20   
場 所:大阪国際交流センター
プログラム:
(1) 基調講演 坂本達 氏 
「組織の中の変革者」 
株式会社ミキハウス 社長室部長。
自転車で世界を駆け巡る会社員。
(2) パネルディスカッション
 「チェンジメーカーが社会を変える」
   コーディネーター 後藤 健太 氏 
  (関西大学 経済学部 副学部長、教授)
パネリスト    小野 邦彦 氏
 ((株)坂ノ途中 代表取締役)
パネリスト    北村 記世実 氏
パレスチナ・アマル 代表)
パネリスト    藤原 明 氏  
りそな総合研究所 リーナルビジネス部長)
■持続可能な開発目標(SDGs)
2015年9月に、国連サミットにおいて、
「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ(Transforming our world: the 2030 Agenda for Sustainable Development)」が採択され、17のゴール(目標)とその下位目標である169のターゲットから成る「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」が策定されました。20180507prex20187820180507prex20183320180507prex20187420180507prex201875

| | コメント (0)

2018年5月 6日 (日)

データ駆動型社会に,ISO/IEC 27,001をいかに効果的に活用するか(No.4642)

デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation)といった世の中のありとあらゆる情報がIoT等で集積され、ビックデータ解析やAIの活用によって、新たなのニーズを発見し、それに応える革新的なビジネスモデルを創造する時代に,ISO/IEC 27,001をいかに効果的に活用するかを考えよう!

デジタルトランスインフォメーションとは「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念である。「実社会とサイバー空間との相互関連であるCPSが、社会のあらゆる領域に実装され、大きな社会的価値を生み出していく社会こそがこれからの目指すべき情報化社会であり、こうしたCPSによるデータ駆動型社会をわが国が世界に先駆けて実現していくことが、新たな情報革命によって激化する国際競争において、わが国経済が競争力を保っていく上で重要である」と経済産業省産業構造審議会が公表した。

ここでいうCPSとは、Cyber Physical Systemのことで、デジタルデータの収集、蓄積、解析、解析結果の実世界へのフィードバックという実世界とサイバー空間との相互関連のことである。ドイツにおいて提唱される第4次産業革命(industry4.0)の概念にも同様な考え方が製造プロセスにおいて取り組まれている。また、データ駆動型社会とは、CPSがIoTによるモノのデジタル化ネットワーク化によって様々な産業社会に適応され、デジタル化されたデータがインテリジェンスへと変換され現実世界に適用されることによって、付加価値を獲得し、現実世界を動かす社会のことである(経済産業省 産業構造審議会 商務流通情報分科会情報経済小委員会 中間取りまとめ より抜粋)。アイソスNo.244 20183月号 P.73-74

| | コメント (0)

2018年5月 5日 (土)

ノンプロ落語祭を楽しむ(No.4641)

第47回中之島まつりの5日はノンプロ落語祭を楽しませていただきました。
201805052520180505262018050529
2018050531

| | コメント (0)

2018年5月 4日 (金)

第47回中之島まつり(No.4640)

第47回中之島まつりは5月3日から5日まで、入場無料。
中央公会堂100年。まもってもうすぐ50年!
中之島映画祭、ノンプロ落語祭、リバーサイドヨガfesta春in中之島まつり(3,4日)、「手づくり」「輪づくり」「都市(まち)づくり」のココロで開催!楽しいです!!20180504662018050478201805048220180504852018050489

| | コメント (0)

2018年5月 3日 (木)

戊辰戦争150年(No.4639)

戊辰戦争150年。
平成30年は、慶応4年(明治元年、1868)の戊辰戦争勃発からちょうど150年にあたります。
戊辰戦争は,大坂城から出撃した旧幕府軍と薩摩・長州を中心とする新政府軍が京都南郊の鳥羽・伏見で激突したことから始まり、その後、舞台は江戸の上野、陸奥の白河・二本松・会津、越後の長岡、そして北海道の函館の五稜郭の戦いで旧幕府軍が降伏して終結しました。
◆福島県会津若松市指定無形文化財
「小松彼岸獅子舞」。
◆今回出演の「小松彼岸獅子舞」はあたたかい春風の使い。戊辰戦争の折、会津藩家老・山川大蔵隊の先頭に立ち、敵があっけにとらわれているうちに、新政府軍に包囲された若松城内に一兵も欠くことなく部隊を引き入れたということで有名になりました。
◆関連WEB:小松彼岸獅子舞2018050332

 

 

◆大阪城鉄砲隊2018050338
江戸時代を通じて日本最大の鉄砲生産地であった摂州堺(現、堺市)の鉄砲を調査し、古式銃の伝統技術の保存と研究を行う「堺鉄砲研究会」を母体として結成された砲術隊による演武です。本物の火縄銃の轟音には驚きました。

2018050359_22018050360_2

 

| | コメント (0)

2018年5月 2日 (水)

大きく甘い柿をつくる(No.4638)

和歌山県紀の川市、第1回柿・摘蕾(てきらい)援農隊に参加しています。5月1日、2日の2日間です。
■関連WEB:み奈美亭(1日の宿です)

■関連WEB:夏のような暑さで早くも摘蕾がスタートしました

■関連WEB:生産量日本一紀の川市で八朔(はっさく)農家のお手伝い

■関連WEB:猫の手援農隊「和歌山県、紀の川八朔収穫隊」(№3399)

■関連WEB:りんご総採り収穫隊に参加2018050111_22018050102_22018050108_2

| | コメント (0)

2018年5月 1日 (火)

紀の川市、第1回柿・摘蕾(てきらい)援農隊(No.4637)

和歌山県紀の川市、第1回柿・摘蕾(てきらい)援農隊に参加しています。5月1日、2日の2日間。
 
■関連youtube:柿の摘蕾の仕方 20180501022018050108201805010920180501112018050112

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »