« 個人情報規制GDPRへの対策を急げ(No.4663) | トップページ | 国民健康保険、半世紀ぶり大改革(No.4665) »

2018年5月28日 (月)

 中小企業のIoT導入観点とその事例について(No.4664)

 中小企業のIoT導入観点とその事例について
~国(IoT・ロボット関連)の施策等の説明も実施~
●日時:5月28日(月)14.00~16.30
●会場:クリエイション・コア東大阪 南館3階 クリエイターズプラザ
◆【内 容】 
1.講演『企業へのIoT導入事例について』
         〜 IoTによる工場の見える化 ~
         その背景、コスト感、留意点 〜
  ナレッジ・ビー/IIoTコーディネーター 高田 富明氏
      
2.講演『中小企業IoT導入の着眼点とその事例』
  大阪府立大学工業高等専門学校 総合工学システム学科
  メカトロニクスコース 教授 土井 智晴氏
3.『平成30年度 経済産業省IoT・ロボット関連施策等について』
   経済産業省 近畿経済産業局
      地域経済部 次世代産業・情報政策課
■中小企業のIoT化の着眼点は
生産性向上、収益向上を目的にIoT化すること。
日経エレクトロニクス6月号は「IoT再始動」を特集している。今や、取り組んでいて当然とも言える「IoT」。▼しかし、思うような効果が出ていないと悩む企業が多いのも事実だ。その原因は「IoT」の捉え方そのものにある。▼先行する欧米企業は、データの単なる収集・分析にとどまらず、データを起点とした業務プロセスの確立を着々と進めている。▼それに気づいた一部の日本企業が再び動き始めた。▼従来の「IoT」は部分最適、完結的、規模限定的、独自的、データロギングです。「小さく始めた」が大きく伸びないと言う問題を抱え20180528iot50 ている。P.22~41.201805296

|

« 個人情報規制GDPRへの対策を急げ(No.4663) | トップページ | 国民健康保険、半世紀ぶり大改革(No.4665) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。