« 時間は企業、個人の生きざまを映す鏡(No.4653) | トップページ | 東アジアの国際情勢と日本の対応(No.4655) »

2018年5月18日 (金)

当面の中国経済情況と日系企業事例(No.4654)

華鐘春季セミナー
「当面の中国経済情況と日系企業事例報告」
 
◆日時:5 月17 日(木)13:30~17:30
 
◆会場:三井住友銀行大阪本店6 階講堂
 
◆主催:華鐘コンサルタント、三井住友銀行
 
◆テーマ及び講師
(1)どうなる?新時代、新体制下の中国経済運営方針
  総経理 古林恒雄氏

(2)事例報告①(外資系企業が知っておくべき最近の税務規定)
  東京事務所所長 高倉洋一氏

(3)事例報告②(工場移転に伴う立退き補償金交渉と労務対策)
  常務副総経理 能瀬徹氏
◆憲法改正後の影響は? 上海の物件価格は日本の3倍、バブル崩壊はない。世界の自動車の1/2は中国。上海のグリーンナンバーは入札不要。2018年の成長率は6.5%。
◆外資系企業に関係ある最近の税務規定、工場移転に伴う立退き補償金交渉と労務対策は事例わかりやすくご説明いただきました。
 
20180517322018051727201805172820180517302018051731

|

« 時間は企業、個人の生きざまを映す鏡(No.4653) | トップページ | 東アジアの国際情勢と日本の対応(No.4655) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。