« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月30日 (土)

働く時間が短くても大きな成果を出す生産性改革を(№4697)

働き方改革関連法が成立したことで今後、仕事や賃金のあり方は大きくかわっていきそうです。

                                                           
 

残業時間の上限規制

 
 

導入時期

 
 

残業を年600時間以内、

 

単月100時間未満に

 
 

大企業 :20194

 
 

中小:20204

 
 

脱時間給制度の創設

 
 

高収入の一般専門職は働いた時間でなく成果で評価

 
 

20194

 
 

勤務間インターパルの努力義務

 
 

退社から出社まで一定時間を確保する制度の普及に努める

 
 

20194

 
 

有給休暇の取得義務

 
 

5日は必ず消化しなければならない

 
 

20194

 
 

労働時間の把握義務付け

 
 

企業に働く人の労働時間を客観的に把握させる

 
 

20194

 
 

フレックスタイム制の拡大

 
 

労働時間を一カ月から3カ月単位で調整可能に変更

 
 

20194

 
 

同一労働同一賃金の実現

 
 

正規と非正規の不合理な待遇差を解消

 
 

大企業 :20204

 

中小  :20214

 
 

中小の割増賃金率引き上げ

 
 

60時間超の残業は大企業(50%   )と同様に

 
 

20234

 

大和総研は働き方改革による残業規制で、雇用者数と一人当たり労働時間を掛け合わせた「経済全体の労働時間」は最大で年間45億時間減るとはじく。この場合、従業員一人当たりの付加価値を4.4%高めないと、経済への悪影響を穴埋めできない。企業に求められるのは、働く時間が短くても大きな成果を出す生産性改革だ。日本経済新聞6月30日より

| | コメント (0)

2018年6月29日 (金)

これからの時代の働き方を考える(№4696)

大商夕学講座第4回 
日時:6月29日(金)18.30--20.30
会場:大阪商工会議所 国際ホール
演題:「貯信時代のお金の作り方、使い方」
講師:西野 亮廣(にしの あきひろ)氏
   芸人・絵本作家
■実力派漫才コンビと絵本作家の2足の草鞋を履く西野氏。▼クラウドファンディングで国内歴代最高となる総額1億円を個人で調達し、絵本『えんとつ町のプペル』を作り、30万部突破のメガヒットへと導いた。そのベストセラー作品は著作権放棄で更に反響を呼んだ。▼信用を貯め目先の印税よりも大きなビジネスを呼び込む戦略"現代のお金の作り方と使い方"と最強の広告戦略や、リベンジ成人式で脚光を浴びたレターポットなど。▼新時代を感じさせる個性的なサービスとビジネス、そして、これからの時代は産業構造の変化、AIなどの技術革新によって全くの新職業が生まれるだろう。これからの時代の働き方を語った。
20180629_2

| | コメント (0)

2018年6月28日 (木)

「業務体系表」による業務改善(№4695)

◇第181回技術向上研究会◇
日時:6月28日(木)18.30--20.30
会場:マイドームおおさか7階 
   大阪府中小企業診断協会 第2会議室
演題:「ホワイトカラーの生産性改善」
講師:中小企業診断士、藤田さん
■小生から「業務体系表」の作成による業務改善の体験事例をご紹介しました。部門の近未来のあるべき姿として、どの機能フローを重視するかを検討し目標を明確にする。2018062813_22018062814

| | コメント (0)

2018年6月27日 (水)

業務プロセスの見直しやITシステムの導入で生産性向上を(№4694)

「2018年版中小企業白書 」「2018年版小規模企業白書」説明会に参加しました。
日 時:平成30年6月27日(水)14.00~15.30
会 場:OMMビル 2階
■業務プロセスの見直しやITシステムの導入による効率化の必要性を。中小企業同士によるM&Aによる生産性向上も有効だと説明された。▼工場の設備にセンサーをつけて稼働状況を分析・改善したり、従業員の多能工化や複数業務の兼任を進めたりする取り組みなどが重要だと提起しています。
■フィリピン最新情勢と今後の展望
~グローバルビジネスの原点を求めて~
◆日 時: 6月27日(水)16.10--17.15
◆場 所:ウェスティンホテル大阪 2階 ソノーラ
             第2部から参加しました。
          
第2部グローバルビジネス・オーガナイザーとしての挑戦
     <講師>シークス株式会社代表取締役会長   
                村 井 史 郎 氏
 フィリピンをはじめとする東南アジアや中国に数多くの拠点を持ち、海外売上比率80%を誇るグローバル企業です。創業者の村井史郎会長のグローバルビジネス成功の鍵についてお話を拝聴しました。201806270020180627012018062702

| | コメント (0)

2018年6月26日 (火)

「中華民族」の復興に自信を深める中国(№4693)

日経ビジネス 2018年6月25日号
の特集は「米中 100年 新冷戦」

~ IT、貿易、軍事…覇権争いの裏側~です。

・米中 100年 新冷戦 IT、貿易、軍事…覇権争いの裏側
・PROLOGUE“虎の尾”を踏みつける中国
               ぶつかる超大国 変わる世界秩序
・PART1.中国が狙い、米国が警戒するテクノロジー覇権の争い 
       民主主義の弱み突く 「官民複合体」 の破壊力
・PART2.貿易戦争の現場を行く 
       衝突はまだ序の口 報復におびえる米国
・PART3.安保か経済か、迫られる踏み絵 
        深まる一帯一路の陰で 「赤化」 する世界

・EPILOGUE.2大国のはざま、日本はどう生き残る

・時事深層:米朝首脳会談後の皮算用

        うごめく北朝鮮ビジネス

■関連Web:全国地震動予測地図2018年版

20180625625

| | コメント (0)

2018年6月25日 (月)

急展開する北朝鮮情勢と日本への影響(№4692)

日時:平成30年㋅25日(月)15.00~16.30
場所:住吉大社 吉祥殿「明石の間」
演題:急展開する北朝鮮情勢と日本への影響
講師:大阪市立大学 大学院経済学研究科
     教授 朴 一氏
概要:
「南北,米朝対話がで非核化は実現できるのか」
0.そもそも、なぜ米朝は対立してきたか
1.「米朝首脳会談」実現の背景について考える
2.北朝鮮の対外政策はなぜ転換したのか
3.北朝鮮は本当に核とICBMを放棄するのか
4.米朝階段が東アジアに及ぼす影響
日朝間の拉致問題は解決に向かうのだろうか201806259420180625962018062598

| | コメント (0)

2018年6月24日 (日)

SDGsの達成に向けて私たちができる具体的な取組みについて(№4691)

国際環境シンポジウム2018 in 大阪

6月24日(日)13.00~17.30 環境から考える持続可能な開発目標(SDGs)世界環境デーのテーマである「プラスチック汚染」や 環境・経済・社会の課題を統合的に解決する「持続可能な開発目標(SDGs)」について理解を深め、SDGsの達成に向けて私たちができる具体的な取組みについて考えてみませんか。

○基調講演
    SDGsという羅針盤:
    アクターとして世界を変革する
講師: 根本 かおる氏、 国連広報センター 所長

○講演
演題1): 持続可能な社会の実現に向けて
         ~SDGsとJICAの協力~
講  師:西野 恭子氏、
      国際協力機構(JICA)関西国際センター 所長

演題2):産業界におけるSDGsの取組みと2025年万博
講  師:櫟 真夏氏、
     公益社団法人関西経済連合会 常務理事

演題3):社会の課題にエネルギーで応える
     ~DaigasグループのSDGsへの貢献~
講   師:南 左千夫氏
     大阪ガス株式会社 CSR・環境部CSR室室長

演題4):サラヤのSDGsビジネス
講   師:代島 裕世氏、
     サラヤ株式会社 コミュニケーション本部 本部長

演題5):国連環境計画(UNEP)における SDGs
     の取組みとアウトリーチ活動
講   師:西川 愛純氏、 国連環境計画国際環境技術センター、
      アウトリーチコーディネータ

○パネルディスカッション コーディネーター:藤野 純一氏  
    公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)
     都市タスクフォース プログラムディレクター 
    /国立環境研究所
     社会環境システム研究センター 主任研究員20180624sdg72

20180624sdg76_220180624sdg87_220180624sdg88_220180624sdg89_2

| | コメント (0)

2018年6月23日 (土)

グローバリゼーション研究分科会(№4690)

グローバリゼーション研究分科会
ワーキングペーパー発表会

日  時:2018年6月23日(土)13:00~17:30
場  所:明星大学 27号館16階1612教室

アクセス:(1) 新宿駅→(京王線30分)→ 高幡不動駅→
(多摩モノレール7分)→ 中央大学・明星大学駅

<研究報告>
(1)「メキシコにおける産業集積の実態と課題
   -自動車関連企業の集積を中心として-」
(2)「中国ICT産業の新たな発展の可能性」 
(3)「リンケージ理論の提案」
(4)「成長戦略から捉えたリンケージ理論の位置づけ
   ~価値行動にもとづいた取引費用理論の借用」
(5)「メキシコの投資促進政策とファイナンス環境に関する研究」
(6)「グローバル化社会における『幸福の科学』と
  『〈科学的な宗教〉の幸福』」20180623562018062357201806236120180623642018062366

| | コメント (0)

2018年6月22日 (金)

災害はチームメンバーの思いやりで激減する(№4689)

ISO 45001発行記念 特別セミナーに参加
日時:2018年6月22日(金)13:30 - 17:30
会場:日本青年館ホテル8階
演題:1)ISO45001の発行経緯と今後の動向について
講師: Charles Corrie(チャールズ・コリー)氏、
     ISO/PC283 Secretary(事務局代表)
概要:・ISO45001の規格策定において議論された点
    ・最新の海外のサプライヤーCSR監査動向
演題:2)ISO 45001:2018 押さえるべき要点
講師: 黒崎由行氏
    環境ワークス㈱代表取締役・BSIジャパン認定講師
■ISO45001は安全文化を支える仕組み。災害はチームメンバーの思いやりで激減する(DuPontブラッドリーカーブ)。労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格であるISO 45001が、2018年3月12日に発行されました。発行を記念して、ISO 45001策定幹事国のBSI(英国規格協会)だからこそ提供できる情報満載の特別セミナーでした。ISO/PC 283事務局代表チャールズ・コリーを日本に招聘して、ISO45001の規格策定において議論された点と最新の海外のサプライヤーCSR監査動向を含む今後の動きについて説明がありました。20180622iso4500150_220180622iso4500151

| | コメント (0)

2018年6月21日 (木)

「国語辞典から現代日本語が見えてくる」(4688)

大商夕学講座 2018前期 第3回 飯間 浩明 氏
「国語辞典から現代日本語が見えてくる」
日時:6月21日(木)18.30~20.30
会場:大阪商工会議所 7階 国際会議ホール
講師:飯間 浩明 氏 国語辞典編纂者、
             『三省堂国語辞典』編集委員
演題:「国語辞典から現代日本語が見えてくる」
内容:
 30年前の我々には理解できなかった言葉が溢れる現代日 本。辞書編纂者として活字や放送、ネットに街中などあ らゆる場で用例を採集し、言葉と向き合う日々を過ごす飯間氏が、ITとグローバル化の進展で変化の加速度を増 す言葉の世界と、そこから見えてくる日本語について観 察的私論を展開する。(案内文より)
2018062120180621_720180621_2

| | コメント (0)

2018年6月20日 (水)

中国M&A 阻止の動き (No.4687)

20日の日本経済新聞の主な記事です。

■トップ記事が「中国M&A 阻止の動き 」です。
「米、審査を厳格化 欧、統一規制検討 先端技術の流出懸念」

▼中国企業による海外M&A(合併・買収)の阻止へ、米欧日が政府関与を強めている。▼米国は政府機関の審査を厳格化し、欧州は統一規制をめざす。日本も含めて国際協力の枠組みの議論も始まった。先端技術を持つ企業の買収は国家間の覇権争いに影響を与えかねない。中国市場には不公正な商慣行が残るとして、米欧側は強硬策に傾斜しがちだ。▼米中貿易摩擦が激しくなる一方で、投資の領域でも技術覇権を巡る「デジタル冷戦」が始まっている。

■社説「企業と連携し生産性高める漁業改革を 」

政府は漁業権制度などを見直す漁業改革案をまとめた。年内に関連法案を国会に出す方針だ。日本の沿岸漁業は戦後作られた硬直的な制度が企業参入や経営規模の拡大を阻んでいた。▼漁業経営に企業のノウハウをいかし、生産性を高める改革を進めるべきだ。

■社説「微小プラスチック汚染を防げ」
ビニール袋やペットボトルなどから生じる微小なプラスチックごみ「マイクロプラスチック」が、深刻な海洋汚染を起こしている。欧州連合(EU)が削減のためのルール案を公表するなど、国際的に規制の動きが出ている。日本も対策を急ぐべきだ。▼EUのルール案はビニール袋やカップ、ストロー、ラップなど使い捨てのプラスチック製品を幅広く規制対象とする。代替品の有無などに応じて使用禁止や回収の義務付けを定めた。

| | コメント (0)

2018年6月19日 (火)

日本、白星発進、次はセネガル戦、ロシアW杯(No.4686)

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、一次リーグH組の日本は19日、サランスクで前回ブラジル大会ベスト8のコロンビアとの初戦に2-1で勝利し、勝ち点3を獲得した。
日本は過去に出場したW杯5大会のうち、初戦で勝ち点を得た2002年日韓、10年南アフリカ大会ではともに1次リーグを突破。目標としている決勝トーナメント進出に向けて、幸先の良いスタートを切った。次は25日午前0時からのセネガル戦、28日午後11時からのポーランド戦。

■5月27日のコロンビアの大統領選で当選したイバン・ドゥケ前上院議員(41)は法人税の引き下げや自由貿易の推進など、企業活動を後押しする政策を掲げる。
コロンビアは人口約5000万人で、経済規模はブラジルやアルゼンチンに次ぐ南米3位。コロンビア経済は近年、主要輸出品である原油価格の下落に引きずられる形で低迷が続いていた。経済成長率は4年連続で前年実績を下回り、17年の成長率は約1.8%にとどまった。米国を除く11カ国による環太平洋経済連携協定(TPP)への加入も有力視されており、日本企業による投資機会の増加につながる可能性がある。サントス政権は米国を除く11カ国によるTPP(TPP11)の参加を公式に申請しており、新政権はこれを引き継ぐ形となる。(6月18日の日本経済新聞より)。2018061844

| | コメント (0)

2018年6月18日 (月)

大阪府北部で最大震度6弱の大きな地震発生(No.4685)

6月18日(月)午前7時58分、大阪府北部で最大震度6弱の大きな地震が発生しました。  
近畿圏では鉄道運休が相次ぎ、水道管の損傷や断水、ガスの供給停止が起きるなど都市機能がまひ。今後予想される地震被害は上町断層帯(震度5強~7)と南海トラフ巨大地震(震度5強~6弱)です。いつ大きな余震が発生するか、わかりません。当分ご用心ください。

| | コメント (0)

2018年6月17日 (日)

社会課題追究とSDGs(No.4684)

日本小集団協会の6月研究会
〇日 時:6月17日(日)9.00~12.00
〇会  場:大阪府立労働センター 603号室

〇報告テーマ:
・TOPPOINTベストブックアンケート
・カモ井加工紙
 ~想定外の顧客から学んだヒット商品~
・中小企業の事業承継
・よくわかる「EUデータ規制」
・豚肉など使わない店検索
・東芝、最大の難所越す、次の稼ぎ頭 育成急務
・地球温暖化(目からウロコ編)
・「万引き家族」の控えめな栄光
・骨太の名が泣く甘い経済財政改革
・英国スコットランド企業視察計画
・クラウドのISO、ISO27017、27018
・SDGs持続可能な開発目標、17個の目標
・マーケティングとは、売れる仕組みのつくり方です!
・100年企業の人事大改革
  ~グローバル企業への飛躍に必要な人事制度とは~
・社会課題追究とSDGs

・りそなグループのCSVプラットフォーム「REENAL]
・安倍を操る「今井尚哉」狂気の暴走権力2018061739

2018061736

| | コメント (0)

2018年6月16日 (土)

「魚はいつまで食べられるか」(No.4683)

6月16日(土)は13.30~第1046回武藤記念講座
14.30~桑蓬会第372回研究会に参加しました。

■第1046回武藤記念講座
会場:大阪「武藤記念ホール」(第1046回)
日時:6月16日(土)13.30~15.30
講師:東京財団政策研究所上席研究員 小松正之氏
演題:「魚はいつまで食べられる~東京・大阪の魚食の歴史と将来」
要旨:
  世界の漁業生産量は、2億トンを超えたが、日本は1282万トン(1984年)から、436万トン(2016年)まで急速に減少した。輸入と消費も減った。ノルウェー、アイスランド、米国は漁業生産が安定。このままで日本の魚食は大丈夫か。大阪の水産業と魚食の将来を語る。(案内文より)
■桑蓬会第372回研究会
会場:錦城閣(京阪天満橋大阪キャッスルホテル3階)
日時:6月16日(土)14.30~19.00
講師:中小企業診断士・仁禮 勉氏
演題:『今年・来年の「暮すように旅して、物価・税金を知る」
     欧州(西・中・東欧州特にバルカン半島各国)の国別事情』
レジュメ:旅の期間は2018年3~4月。バルカン半島と東欧の選挙と政権。
▼4月8日のハンガリー総選挙は、移民・難民でEUと対立するオルバン首相が率いる与党「フィデス・ハンガリー市民連盟」が、前回に続き圧勝した。
▼2017年10月21日、チェコ総選挙は既存政党や欧州連合(EU)に対する有権者の不満を背景に、米大統領になぞらえた「チェコのトランプ」の異名を取る富豪アンドレイ・バビシュ氏の新興政党「ANO2011」が第1党となった。
▼2018年6月3日のスロベニア総選挙は、反移民の野党がヤネス・ヤンシャ元首相率いる野党の中道右派・スロベニア民主党(SDS)が第1党となった。反移民の強硬姿勢から連立協議は難航する。
▼2017年12月7日ポーランドの与党「法と正義」は、シドゥウォ首相が辞任し、後任にモラウィエツキ財務相を選んだと発表した。シドゥウォ氏は好調な経済を背景に支持率が高かったが、政府の司法介入を可能とする法案などを巡って欧州連合(EU)の反発を引き
起こした。「法と正義」のカチンスキ党首は2019年の総選挙を見据え、政権の刷新が必要と判断したとみられる。
▼2018年3月4日総選挙後の「政治空白」が続いていたイタリアでEUに懐疑的な「五つ星運動」と右派「同盟」の2党による連立政権が発足した。イタリアのコンテ新首相は6月5日、議会で所信表明演説し、国民に急進的な変革をもたらすと約束した。ユーロ離脱について「一度も考えたことがない」と言明した。
▼欧州の火薬庫と呼ばれた西バルカンで中国が存在感を強めている。中国の国有企業が運営権を握るギリシャのピレウス港と欧州中央を結ぶ交通の要衝を抑えようと高速鉄道などへの大規模投資を進めている。
■7月からの役員は田中会長、井上副会長の新体制となった。201806162220180616202018061621

| | コメント (0)

2018年6月15日 (金)

地域コミュニティの新しいあり方(No.4682)

第71回京都大学未来フォーラム卒業生による公開講座を受講しました。

日 時:平成30年6月15日(金)18.30--20.00
会 場:京都大学百周年時計台記念館
      百周年記念ホール      
講 師:ウスビ・サコ氏・京都精華大学 学長
演 題:多様化する現代コミュニティと建築空間
     ~明日の地域社会のあり方を考える

内 容:近年、日本では少子高齢化や人々の入れ替えに伴ってコミュニティの急速な変容が見られ、地域コミュニティの新しいあり方を考えることが急務になっています。

▼例えば、京都の都心部では伝統産業の凋落、町家の減少が目立ち、マンションなどの集合住宅は増加する傾向にありますが、空き家などのリノベーションを通してコミュニティの再生が図られています。
▼他方では、流入によって都市人口が急激に増加し、居住空間が著しく変化しています。例えば、マリ共和国の首都バマコでは中庭型在来住宅が集合居住化し、空間利用に複雑な変化が見られます。本講演では、多様化する現代コミュニティの変容の仕組みを理解し、明日の地域社会の新しいあり方を建築空間から考えていきます。(案内文より)

■京都に大学を興し,尊攘堂を設けようとした最初の人はかの吉田松陰であったが,その志を果さずに刑死した。尊攘堂は、幕末、尊王攘夷運動で倒れた志士が祀られ、その肖像・遺墨などが保存されている堂。明治20年(1887年)品川弥二郎が吉田松陰の遺志を継いで建造したもので、京都大学構内付属図書館の西側にあります。

■関連Web:尊攘堂20180615002018061504_22018061506

| | コメント (0)

2018年6月14日 (木)

内部監査は、企業の実力を反映している(No.4681)

14日のISO研究会の課題の一つは「内部監査の重要性」でした。
内部監査は、企業の実力を反映している。
マネジメントシステムをうまく活用するには、内部監査はとても重要です。
■内部監査の狙い
(適合性評価)
・QMSはISO9001を満たしているか’
・自社が決めた要求事項が適切に実施されているかどうか
(有効性評価) 
・QMSが有効に実施されているか、維持されているか
■内部監査の重要性
1:内部監査は、システムの機能をチェックする仕組みである。
2:内部監査は、組織自身で問題を発見する仕組みである。                                                                                        
■内部監査は、企業の実力を反映している。

20180614iso97

 

20180614iso95

| | コメント (0)

2018年6月13日 (水)

非核化は段階的、米朝認識ずれ(No.4680)

13日の朝刊各紙は、米朝「完全非核化」確認という活字が躍っている。
以下は日本経済新聞13日の春秋です。
スマホの自撮りに興じる――。シンガポールを訪れた人がみな楽しむナイトクルージングを、北朝鮮の金正恩委員長も満喫したらしい。どうせなら、あの詰め襟の人民服を脱いで回ればラクだったろうに、とは余計なお世話か。

▼翌朝にトランプ米大統領との会談という大一番を控えながら、なかなかの余裕だったのは筋書きがほとんど整っていたからかもしれない。案の定、歴史的な握手を皮切りに「6.12」のスケジュールはトントン拍子で進み、共同声明への署名に至った。にらみ合っていた米朝にこの日が来たのは、まずは慶事というべきか。
▼もっとも中身を眺めれば、朝鮮半島の完全非核化をうたうも具体策は不明のままだ。自らの功績を誇示したくて躍起のトランプ氏と、米国による体制保証の手応えを感じて満足げな正恩氏。互いの思惑が一致したのかずいぶんな融和ムードだが、かの「完全かつ検証可能で不可逆的」の言葉も拉致問題解決への確約もない。

▼シンガポールの光の洪水を目のあたりにした正恩氏は、なにやら紅潮した面持ちで記念写真に収まっている。事実上の一党独裁の管理国家なのに、世界中から資本を呼び込んで繁栄するこの国に未来図を重ねたのだろうか。トランプ氏を浮かれ気分にさせて、あとはズルズル曖昧にというなら、それも見果てぬ夢に終わる。
-----日本経済新聞13日の春秋より

| | コメント (0)

2018年6月12日 (火)

初の米朝首脳会談「非核化」確認、共同声明(No.4679)

トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長は12日午前9時、シンガポールの「カペラホテル」で初めて会談した。
両首脳は北朝鮮が「朝鮮半島の完全な非核化」に取り組み、米国は体制保証を約束することを柱とした共同声明に署名した。ただ非核化の具体策は盛り込まず、今後の協議に委ねた。トランプ氏は会談で日本人拉致問題を提起した。

■共同声明は(1)新しい米朝関係の構築(2)朝鮮半島の平和構築に努力(3)朝鮮半島の非核化を合意した「板門店宣言」を再確認(4)朝鮮半島の戦没者の遺骨回収を確認――などを盛り込んだ。
■米国が求めてきた「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」(CVID)の文言は入らなかった。
■トランプ氏は会談後に1人で記者会見し「完全な非核化には時間がかかる。いったんプロセスを始めれば、ほとんど終わる」と強調。非核化の詳細を詰める協議をポンペオ国務長官が来週から始めると説明した。非核化を終えるまで「対北朝鮮制裁は継続する」とした。非核化の費用は「日韓が支援する準備ができている」と語った。20180612812018061284

| | コメント (0)

2018年6月11日 (月)

ISO 45001(労働安全衛生マネジメントシステム)のJIS発行9~10月(No.4678)

これまで「7~8月にISO 45001(労働安全衛生マネジメントシステム)のJISが発行される予定」となっていましたが、遅れているようです。現時点の情報では、JIS Q 45001は9月から10月の間に発行される予定です。
■6月8日に厚生労働省のホームページで「労働安全衛生マネジメントシステムに係る日本工業規格の制定案に関する御意見の募集について」と題する、JIS Q 45001案等のパブリックコメントの受付開始が告知されました。コメントの受付は6月8日から8月6日までです。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495180051&Mode=0
■今回パブリックコメントを募集しているJIS案は下記の4つで、それぞれのURLからPDF版をダウンロードできます。
■JIS Q 45001は、ISO 45001の翻訳版です。
JIS Q 45100は、ISO 45001にはない日本独自の活動を評価・認証するための項目が記述された日本版マネメント規格です。
従来は「JIS α」と呼ばれていたものです。厚生労働省の指針に整合し、日本の安全衛生活動(KYT、4S、パトロールなど)と健康確保(メンタルヘルス、過重労働対策など)への取組みの計画的実施などが盛り込まれています。

| | コメント (0)

2018年6月10日 (日)

お城の堀を泳ぐ大阪城トライアスロン大会(No.4677)

大阪城トライアスロン大会2018。
2018年6月10日(日)8.00スタート。国際トライアスロン連合の公式大会で、お城の堀を泳ぐコースになったのは今回が2回目。午前8時に大阪城の東側にある外堀の750メートルのコースを順番にスタート。選手たちは、水泳のあと、自転車で20キロ走り、最後は大阪城公園を5キロ走りました。最も募集枠が多い「スタンダード」では、堀を2周(約1.5キロ)泳ぎ、大阪城公園などの周辺を自転車で40キロ、公園内を10キロ走る。大会には1000人が参加し日頃培った体力を競いました。

| | コメント (0)

2018年6月 9日 (土)

2030年の経済・社会・環境を考えよう(No.4676)

「エス・ディー・ジーズ」という言葉を聞いたことがありますか?

Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標

2030年までに、先進国も新興国も途上国も、国も企業もNPOも個人も,あらゆる垣根を越えて協力し、よりよい未来をつくろうと国連で決まった17個の目標のことです。

SDGsは、今よりもっと良い世界にしたいと想った世界中のたくさんの人たちが力を合わせてつくりあげた「未来を変える目標」です。そして、世界には新しい未来を信じて、ユニークなアイデアと情熱ですでに行動始めている人がたくさんいます。この本「未来を変える目標。SDGsアイデアブック」に載っている素敵なアイデアにぜひ触れてみてください。同じ時代に、同じ星で生まれた地球人として「私も新しい未来づくりに参加してみたい!」と思えてくるのではないでしょうか。

■「未来を変える目標、SDGsアイデアブック」

■「経営に生かすSDGs講座~持続可能な経営のために~」20180612sdgs20180612sdgs_2

| | コメント (0)

2018年6月 8日 (金)

「高野山夏季大学とスコットランド視察」の8月(No.4675)

大正時代から連綿と続く伝統の市民講座「高野山夏季大学」(毎日新聞社、総本山金剛峯寺主催)は今夏、第94回を迎えます。8月3日(金)から5日(日)までの3日間で、和歌山県高野町の高野山大学松下講堂黎明館で開催します。今年も各分野から多彩な講師8人がそろいました。
◆第1日(3日)作家・夢枕獏さん、演出家・宮本亜門さん
◆第2日(4日)高野山真言宗教学部長・橋本真人さん、国際日本文化研究センター所長・小松和彦さん ,女優・大地真央さん、自然科学研究機構国立天文台副台長、教授・渡部潤一 さん
◆第3日(5日)野球解説者、スポーツコメンテーター・山崎武司さん、 将棋棋士・羽生善治さん
■工業経営研究学会イギリス(スコットランド)視察の予定
1日目:関空からアムステルダム経由ニューカッスル空港着
    サンダーランドのホテルへ
2日目:午前:英国日産自動車サンダーランド工場
    午後:ウイスキー企業
3日目:午前:アレクサンダー・デニス(西欧最大のバス製造会社)       
    午後: タンノイ(音響機器製造)
4日目:午前:ロバート・オーウエンの織物工場跡、小学校
    午後:タータン織物工房、国立博物館、エディンバラ城外観光
5日目:朝、エディンバラ空港からアムステルダム経由関空へ

| | コメント (0)

2018年6月 7日 (木)

落語会鑑賞と吉本興業のSDGsへの取り組み(No.4674)

6月7日(木)18.20~21.00はNHK大阪ホールの「第386回 NHK上方落語の会 」を楽しませていただきました。
■出演者と演目と放送予定
◆桂 福丸:「元犬」、:6月29日の上方落語の会

◆桂 吉の丞:「強情」:7月6日の上方落語の会
◆桂 三金:「蛇含草」:7月6日の上方落語の会
◆桂 坊枝:「天王寺詣り」:7月13日の上方落語の会
中入
◆桂 春雨:「粗忽長屋」:6月29日の上方落語の会
◆桂 福団治:「ねずみ穴」:7月15日の日本の話芸で放送
今後の日本の話芸や上方落語の会で放送されます。

吉本興業のSDGsへの取り組み
2030年を笑顔であふれる世界に! 吉本興業は、国際社会の一員として、持続可能な開発目標(SDGs)に賛同し「笑顔」につなげる活動を通じて、より良い国際社会の実現に貢献・応援いたします。

| | コメント (0)

2018年6月 6日 (水)

クラウドサービスの提供及び利用に適用できる情報セキュリティの整備を(No.4673)

6月6日、近畿地方は梅雨入りしたと発表されました。▼日本でもパブリッククラウドの活用が進み、新規システムをクラウドネイティブで作るのは当たり前になってきた。▼分析基盤やAI、IoTといった最新テクノロジーを使って企業がデジタル化を加速させるにあたり、まずはクラウドサービスを試してから本格的な稼働につなげるという流れも定着しつつある。▼ただし依然として問題なのは、オンプレミス(自社所有)環境で構築してきた膨大なIT資産をどうしたらクラウドへうまく持っていけるかだ。クラウドへ移行した上で、柔軟性や高度な処理、社内外の連携といったクラウドのメリットを最大限に享受できるようにするのがゴールである【Nikkei system2018.4】より
▼2018年第四半期における米大手・マイクロソフト、Amazon・ウエブ・サービスのクラウド事業の業績が好調です。
▼クラウドサービスの本格的な普及に伴い、それらに求められるセキュリティ要求事項明確化の重要性が認識されつつあります。そうした中、クラウドサービスの提供及び利用に適用できる情報セキュリティ管理策のための指針を示した実践の規範として、ISO/IEC 27017が2015年に発行されました。▼bsi大阪で「ISO/IEC 27017:2015 管理策及び実施の手引き概要」を受講しました。

| | コメント (0)

2018年6月 5日 (火)

SDGsを推進しよう(No.4672)

6月5日「2030年に向けて『持続可能な開発目標 SDGs』を考えるシンポジウム」に参加しました。2016年1月1日、「持続可能な開発目標(SDGs)」が正式に発効しました。SDGsは、2015年9月の国連サミットで採択された持続可能な開発のための2030アジェンダに盛り込まれた17の目標です。すべての国々に普遍的に適用されるこの新しい目標に基づき、各国は2030年まで、誰も置き去りにしないことを確保しながら、あらゆる形態の貧困に終止符を打ち、不平等と闘い、気候変動に対処するための取り組みを進めることになります。▼経営の目線が従業員や顧客に向かず、株価、投資家に集中している。▼これが現場軽視につながっている。
▼経営者が倫理観を備えていなければ企業の経営行動はかわらない。▼ SDGsの推進が大切です。20180605sdgs

20180605sdgs4720180605sdgs50

| | コメント (0)

2018年6月 4日 (月)

大坂で学び大坂で没した大村益次郎ゆかりの地(No.4671)

幕末維新で活躍した大村益次郎ゆかりの地を訪ねました。周防(山口県)出身の益次郎は幕末に大坂の適塾で学び、塾頭を務めました。維新政府では近代的軍隊の創設に尽力し、大坂に砲兵工廠などの設置を決めました。しかし、1869年(明治2年)、京都で襲撃され大阪で亡くなりました。
■写真は大村益次郎殉難の碑。次の2枚の写真は大村の建言で創設された大阪砲兵工廠跡。4枚目の写真は旧第四師団司令部庁舎を活用した「ミライザ大阪城」のレストラン「ランドマークスクエア」です。2018060539201806052720180605362018060570

| | コメント (0)

2018年6月 3日 (日)

ミライザ大阪城屋上でお城見ながらバーベキューを(No.4670)

大阪城天守閣前の旧第四師団司令部庁舎が改修されて「MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)として昨年10月にオープンしました。
屋上のBLUE BIRDS ROOF TOP TERRACE(ブルーバーズ ルーフトップテラス)で、お城見ながらバーベキューを楽しみました。生ビール、ワI201806037820180603892018060303 インはフリー。涼しい風が吹き、綺麗な夕日が見え、素晴らしい眺めと料理、飲み物でとても幸せな時間でした。

◆関連Web:ブルーバーズ ルーフトップテラス

| | コメント (0)

2018年6月 2日 (土)

情報セキュリティは万全ですか? ISO/IEC27017、ISO/IEC27018(No.4669)

ISO27017とISO27018のちがい
◆ISO27018は、クラウドサービスの中で、個人情報に限定した規格です。クラウド上に保管されている個人情報の扱いに関する枠組みで、サービスの提供者のみを対象としています。追加する管理策(リスク対策)は39です。
◆ISO27017は、従来のISMS(ISO27001)で行う管理策(リスク対策)の枠組みを、クラウドサービスまで拡大した規格です。クラウドサービスを 提供する側、利用する側の両方についての枠組みです。追加の管理策(リスク対策)は79です。

| | コメント (0)

2018年6月 1日 (金)

「民都・大阪」が生み出す新しい公益のかたちを一緒に考えませんか(No.4668)

        フィランソロピー大会OSAKA2018
        ~「民都・大阪」が生み出す新しい公益のかたち~
世界では、寄付や投資等を通じた民間公益活動(フィランソロピー)が、福祉や教育、文化など社会課題の解決の第三の道として新たな時代の潮流となっています。
多様な民間公益活動の担い手が一堂に集まり、新たな知恵やアイデアを生み出す場として設立された「民都・大阪」フィランソロピー会議が、「民都・大阪」の実現に向けて、これまでにない連携や協働の促進、新たな資金の流れの創出といった新しい公益のかたちを皆さんと一緒に考える「フィランソロピー大会OSAKA2018」を開催されました。
【日 時】2018年6月1日(金)14:30~17:00
【場 所】りそなグループ大阪本社ビル 地下2階講堂 
【内 容】<第1部>
      ◆基調講演「民都・大阪」のフィランソロピー史
        宮本 又郎 氏(大阪大学名誉教授) 
      ◆「民都・大阪」フィランソロピー会議について
        出口 正之 氏
          (「民都・大阪」フィランソロピー会議・議長)ほか
      ◆フィランソロピー都市宣言ビデオによる応援メッセージ
        ○宣言文読み上げ 吉村 洋文 大阪市長(予定)
        ○パネラー 釘田 修吉 氏(和泉 修 氏)
              白井 智子
                (NPO法人トイボックス 代表理事)
        ○メッセージ (ビデオ出演のみ)      
          朝原 宣治 氏(大阪ガス株式会社近畿圏部
               地域活力創造チーム マネジャー)
          川口 加奈 氏
            (認定NPO法人Homedoor 理事長)ほか
     <第2部>
      ◆参加型プログラム(バズセッション・意見交流)
              ~「民都・大阪」の実現に向けて~
        ○コーディネーター 早瀬 昇 氏
           (社会福祉法人大阪ボランティア協会 常務理事)
        ○パネラー 施 治安 氏
              (「大阪を変える100人会議」  顧問)
             高 亜希 氏
              (認定NPO法人ノーベル代表理事) 20180601osaka20185920180601osaka20185620180601osaka201862

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »