« これからの時代の働き方を考える(№4696) | トップページ | リースが消える日、国際会計基準は「資産」参入(№4698) »

2018年6月30日 (土)

働く時間が短くても大きな成果を出す生産性改革を(№4697)

働き方改革関連法が成立したことで今後、仕事や賃金のあり方は大きくかわっていきそうです。

                                                           
 

残業時間の上限規制

 
 

導入時期

 
 

残業を年600時間以内、

 

単月100時間未満に

 
 

大企業 :20194

 
 

中小:20204

 
 

脱時間給制度の創設

 
 

高収入の一般専門職は働いた時間でなく成果で評価

 
 

20194

 
 

勤務間インターパルの努力義務

 
 

退社から出社まで一定時間を確保する制度の普及に努める

 
 

20194

 
 

有給休暇の取得義務

 
 

5日は必ず消化しなければならない

 
 

20194

 
 

労働時間の把握義務付け

 
 

企業に働く人の労働時間を客観的に把握させる

 
 

20194

 
 

フレックスタイム制の拡大

 
 

労働時間を一カ月から3カ月単位で調整可能に変更

 
 

20194

 
 

同一労働同一賃金の実現

 
 

正規と非正規の不合理な待遇差を解消

 
 

大企業 :20204

 

中小  :20214

 
 

中小の割増賃金率引き上げ

 
 

60時間超の残業は大企業(50%   )と同様に

 
 

20234

 

大和総研は働き方改革による残業規制で、雇用者数と一人当たり労働時間を掛け合わせた「経済全体の労働時間」は最大で年間45億時間減るとはじく。この場合、従業員一人当たりの付加価値を4.4%高めないと、経済への悪影響を穴埋めできない。企業に求められるのは、働く時間が短くても大きな成果を出す生産性改革だ。日本経済新聞6月30日より

|

« これからの時代の働き方を考える(№4696) | トップページ | リースが消える日、国際会計基準は「資産」参入(№4698) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。