« 「業務体系表」による業務改善(№4695) | トップページ | 働く時間が短くても大きな成果を出す生産性改革を(№4697) »

2018年6月29日 (金)

これからの時代の働き方を考える(№4696)

大商夕学講座第4回 
日時:6月29日(金)18.30--20.30
会場:大阪商工会議所 国際ホール
演題:「貯信時代のお金の作り方、使い方」
講師:西野 亮廣(にしの あきひろ)氏
   芸人・絵本作家
■実力派漫才コンビと絵本作家の2足の草鞋を履く西野氏。▼クラウドファンディングで国内歴代最高となる総額1億円を個人で調達し、絵本『えんとつ町のプペル』を作り、30万部突破のメガヒットへと導いた。そのベストセラー作品は著作権放棄で更に反響を呼んだ。▼信用を貯め目先の印税よりも大きなビジネスを呼び込む戦略"現代のお金の作り方と使い方"と最強の広告戦略や、リベンジ成人式で脚光を浴びたレターポットなど。▼新時代を感じさせる個性的なサービスとビジネス、そして、これからの時代は産業構造の変化、AIなどの技術革新によって全くの新職業が生まれるだろう。これからの時代の働き方を語った。
20180629_2

|

« 「業務体系表」による業務改善(№4695) | トップページ | 働く時間が短くても大きな成果を出す生産性改革を(№4697) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。