« ISO 45001(労働安全衛生マネジメントシステム)のJIS発行9~10月(No.4678) | トップページ | 非核化は段階的、米朝認識ずれ(No.4680) »

2018年6月12日 (火)

初の米朝首脳会談「非核化」確認、共同声明(No.4679)

トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長は12日午前9時、シンガポールの「カペラホテル」で初めて会談した。
両首脳は北朝鮮が「朝鮮半島の完全な非核化」に取り組み、米国は体制保証を約束することを柱とした共同声明に署名した。ただ非核化の具体策は盛り込まず、今後の協議に委ねた。トランプ氏は会談で日本人拉致問題を提起した。

■共同声明は(1)新しい米朝関係の構築(2)朝鮮半島の平和構築に努力(3)朝鮮半島の非核化を合意した「板門店宣言」を再確認(4)朝鮮半島の戦没者の遺骨回収を確認――などを盛り込んだ。
■米国が求めてきた「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」(CVID)の文言は入らなかった。
■トランプ氏は会談後に1人で記者会見し「完全な非核化には時間がかかる。いったんプロセスを始めれば、ほとんど終わる」と強調。非核化の詳細を詰める協議をポンペオ国務長官が来週から始めると説明した。非核化を終えるまで「対北朝鮮制裁は継続する」とした。非核化の費用は「日韓が支援する準備ができている」と語った。20180612812018061284

|

« ISO 45001(労働安全衛生マネジメントシステム)のJIS発行9~10月(No.4678) | トップページ | 非核化は段階的、米朝認識ずれ(No.4680) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。