« 内部監査プロセスについてPDCAを回そう(№4711) | トップページ | 消費増税対策の財政ばらまきはやめよ (№4710) »

2018年7月13日 (金)

淡路島の小さな製麺屋が、1日3万食の生パスタを売り上げるまで(№4712)

大商第2回食料部会 
講演会「生パスタで起死回生〜廃業危機から復活を
        果たした老舗製麺企業〜」
日 時:平成30年7月13日(金)14:00〜15:30
場 所:大阪商工会議所 5階 502号会議室
講 師:出雲 文人氏(淡路麺業株式会社 代表取締役)
概要(大商案内文より)
大手小売業の台頭による価格競争の波を受け、赤字に苦しむ家業に飛び込んだ5代目社長である出雲氏は、うどん製麺で培った技術を生かし生パスタを開発。一から販売先を開拓して、今や全国2千軒に納品し、1日の生産数は3万食を越えるまでに成長を続けています。
今回は、地方の小さな老舗がⅤ字回復を果たした新市場開拓の道のりや今後の事業展開について、お話しいただきました。
▼淡路麺業株式会社
〒656-2225 兵庫県淡路市生穂新島9番15号
TEL.0799-64-0811 / FAX.0799-64-0822
▼関連WEB:淡路麺業
▼関連WEB:淡路島の小さな製麺屋が、1日3万食の生パスタを売り上げるまで~淡路麺業株式会社2016年07月19日

|

« 内部監査プロセスについてPDCAを回そう(№4711) | トップページ | 消費増税対策の財政ばらまきはやめよ (№4710) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。