« 中国デジタルイノベーションの最新事情(№4722) | トップページ | 気候変動への対策とロジカルシンキング(№4724) »

2018年7月24日 (火)

24日は日本三大祭りの祇園祭と天神祭へ(№4723)

24日は日本三大祭りの二つ、祇園祭と天神祭へ。
千年を超える歴史を持つ京都・祇園祭は24日、後祭(あとまつり)の「山鉾巡行」が行われ、壮麗な10基の山鉾が前祭とは逆ルートで都大路を進んだ。汗が噴き出す暑さの中、大勢の観光客らが平成最後の華麗な祭りに見入った。
▼午前9時半ごろ、橋弁慶山を先頭に烏丸御池の交差点を出発。割竹の上で車輪を滑らせ、方向転換させる「辻回し」が披露されると、拍手と歓声が上がった。後祭は昭和40(1965)年まで行われていたが、交通渋滞緩和などを目的に前祭と一本化。伝統的なしきたりを残したいと平成26(2014)年、49年ぶりに復活した(産経新聞)。
■24日16時、「天神祭催太鼓氏地巡行」。催太鼓が大阪天満宮を出発し、氏地を巡行。赤い頭巾をかぶった6人の願人(がんじ)と呼ばれる打ち手が「チェサジャー」という掛け声とともに威勢よく太鼓を打ち鳴らす。
■関連動画:祇園祭 後祭・山鉾巡行(2018年7月24日)(京都新聞)
https://www.kyoto-np.co.jp/kp/movie/?r=news&y=2018&v=Cp02Qn6j
201807243620180724412018072450201807246520180724712018072419

|

« 中国デジタルイノベーションの最新事情(№4722) | トップページ | 気候変動への対策とロジカルシンキング(№4724) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。