« 大正時代から毎年夏に開いている伝統講座「第94回高野山夏季大学」(№4732) | トップページ | 第94回高野山夏季大学「毎回が初日」(№4734) »

2018年8月 3日 (金)

第94回高野山夏季大学1日目(№4733)

大正時代から毎年夏に開いている伝統講座
第94回高野山夏季大学
会 期:平成30年8月3日(金)・4日(土)・5日(日)
主会場:高野山大学松下講堂黎明館
主 催:毎日新聞社、総本山金剛峯寺
後 援:高野山大学

■第1日:8月3日㈮
12:00~ 受付開始
15:00~15:20 開講式
15:20~16:30旅と物語
作家 夢枕  獏
16:50~18:00
違うから面白い、違わないから素晴らしい
  ~ニッポンを演出する~
演出家 宮本 亜門
▼難波9.00発急行、橋本から極楽橋までは天空で高野山へ。
▼作家・夢枕獏さんは、玄奘三蔵、空海、河口慧海--この3人の取材のため、中国、チベット、シルクロード、さまざまな地域に旅をした。玄奘は、旅のおり、天山南路、天山越をして、天山北路へと抜けております。このコースとして、どの道を利用したか、いまだに特定されておりません。その中でも、自分が有力と考えている氷河古道コースを、30年前歩いてきた。
▼演出家・宮本亜門さんは、自らの誕生秘話から引きこもりがちだった中高生時代、様々な苦悩をバネに現在に至った波乱の道のりを披露。情感あふれる宮本さんの語りに、聴衆は始終、引き込まれた。近年は「日本を演出する」と掲げ、日本の素晴らしさを改めて振り返り、新しいテクノロジーや工夫を凝らして、世界中の方に見ていただくように上演すべく活動しています。
▼関連WEB:今回の宿坊・櫻池院(ヨウチイン)20180803220180803622018080361
http://www.yochiin.com/access.html

|

« 大正時代から毎年夏に開いている伝統講座「第94回高野山夏季大学」(№4732) | トップページ | 第94回高野山夏季大学「毎回が初日」(№4734) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。