« 非常に強い台風21号、昼頃兵庫県上陸(№4765) | トップページ | 航空機産業の将来展望(№4767). »

2018年9月 5日 (水)

台風21号、関西で猛威 7人死亡 関空連絡橋にタンカー衝突 きょう再開できず (№4766). .

台風21号、関西で猛威 7人死亡 関空連絡橋にタンカー衝突 きょう再開できず。 .
.
 強い台風21号は4日午後、近畿を縦断し、日本海へ抜けた。記録的な暴風や高潮となり、強風で飛ばされた飛来物が当たるなど7人が死亡。自動車メーカーが工場の操業を休止するなど関西地方を中心に企業活動にも影響が出た。大阪湾ではタンカーが関西国際空港連絡橋に衝突し、関空は閉鎖。5日の再開はない。大手航空会社では5日の関空発着便の全便の欠航を決めるなど、都市機能の一部がマヒしている。 第5管区海上保安本部(神戸市)によると、タンカーが連絡橋に衝突したのは午後1時半ごろ。台風による強風の影響で流されたとみられる。橋脚などが損傷した連絡橋は人工島にある関空と対岸を唯一結び、上部を車、下部を鉄道が走る2層構造。関西エアポートは連絡橋の鉄道、道路とも5日の再開はないと発表した。 関空では高潮とみられる海水で滑走路が冠水し、午後には閉鎖した。関空島では利用客ら約3千人が孤立状態になっている。旅客機の発着便が1日平均で460~470便。貨物機も同40便程度ある。航空各社では日本航空、全日本空輸とも5日の関空発着の国内、国際線全便で欠航を決めた。物流や観光、出張などの影響がさらに拡大する。

 ライフラインにも被害が出た。関西電力管内では午後9時現在、大阪など2府6県で約168万戸が停電している。関西電力は「すべての送電再開には、なお時間がかかる見込み」としている(日本経済新聞2018.9.5日夕刊より)。

|

« 非常に強い台風21号、昼頃兵庫県上陸(№4765) | トップページ | 航空機産業の将来展望(№4767). »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。