« グローバリゼーション下のものづくり革新(№4773). | トップページ | 大商夕学講座 2018後期のプログラム:11/6~(№4775). »

2018年9月13日 (木)

自然エネルギーだけで日本の電力はまかなえるか(№4774).

13日(木)の午後、ATCでのセミナー「激動する世界の自然エネルギー動向と企業の新経営戦略」に参加しました。
■日時:9月13日(木)13.00~16.15
■プログラム
・「自然エネルギーだけで日本の電力はまかなえるか
 ~デジタルグリッドがもたらすエネルギー未来~」
  デジタルグリッド株式会社
  代表取締役会長 阿部力也氏
・「ESG投資を呼び込むRE100
  ~リコーの新しい環境経営目標~」
・「地域経済の活性化はエネルギーの地産地消から」
■参考になった事項
・太陽電池の価格はまだまだ下がり続ける。
・ドイツでは今年5月1日に需要100%を再エネで達成(2度目)
・電力系統は発電=消費(同時同量)が生命線。
・各電力管内で同時同量を達成してきた。
・これまで再エネはこの問題にたいおうできなかった。
・中小規模の発電と消費で同時同量を実現できればよい。
・同時同量を達成する電力変換装置(DGR)を開発
 →アクティブな電力調整
・ブロックチェーン技術を使った電力取引および環境価値取引市場は従来になかったリアルタイム性の高い活発な市場となりうる。
・分散型認証による低コストな信頼性確立手段は、市場参加者を拡大し、その市場から得られた利益は再エネの再投資に向かうと想定される。
・デジタルグリッド方式は国際認証基準にも合致し、排出権の国家間輸出入にも寄与する仕組みとなりうる。
18.30~20.30はマイドーム大阪での診断士のISO研究会に参加しました。
・テーマは「内部監査の活性化」でした。20180913912018091390

|

« グローバリゼーション下のものづくり革新(№4773). | トップページ | 大商夕学講座 2018後期のプログラム:11/6~(№4775). »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。