« なくても 、なんとか なるよ(№4777). | トップページ | 関空への鉄道再開 道路、完全復旧は来年5月 (№4779). »

2018年9月17日 (月)

渋滞を緩和する最善策は、交通量に応じて課金すること(№4778).

週刊エコノミスト2018年 9月28日号の闘論席の池谷裕氏の意見によると、「渋滞を緩和する最善策は、交通量に応じて課金することだ」という。そんな議論が専門家の間で交わされている。
①人工知能によるカーナビ誘導、
②完全自動走行、
③変動課金制。

ストックホルムやシンガボールでは時間帯に応じて通行料金が変わる。しかし、料金システム自体は固定されているため、期待した効果が得られていない。これを解消する代案が、交通量を常時監視してリアルタイムで精細に料金を変動させるというものだ。こうなれば、ドライバーたちは混雑する道を避けようと努力するには、インフラも整備が必要なるが、その価値はありそうだ。

|

« なくても 、なんとか なるよ(№4777). | トップページ | 関空への鉄道再開 道路、完全復旧は来年5月 (№4779). »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。