« 地域の「稼ぐ力」を高める仕組みづくり(№4815) | トップページ | 先端企業の新しいオフイス見学(№4817) »

2018年10月26日 (金)

街の歴史発見の楽しみ(№4816)

026日(金)

■日時:14.0015.30

 場:大阪市立中央図書館 5階中会議室

テーマ:「ビジネススキルアップのための日経テレコン活用講座」

▼一歩進んだ企業研究、経済研究におすすめの商用データベース「日経テレコン」の活用講座。日本経済新聞・日経専門紙の記事、企業・人事情報の検索ができるデータベースです。大阪市立図書館24館全館の検索端末で誰でも自由に、無料で利用できます。

 

■日時:18:3019:45

 場:大阪歴史博物館 4階 講堂

テーマ:大阪の中世集落

 師:学芸員 松尾 信裕氏

▼全国で大名たちが覇権を争っていた中世、大阪府下には町や村落が 数多く存在していました。門前町・寺内町・港町などの集落のほか、 農業を主体とする村落がありました。それらの集落は今でも現代都 市の中にその姿をとどめています。▼町を歩くときに、古い時代の地図と見比べながら、地面の高低・道路・溝・街区・建物の形などに注目すると街の歴史がわかり、楽しいと結ばれた。20181026562018102657

|

« 地域の「稼ぐ力」を高める仕組みづくり(№4815) | トップページ | 先端企業の新しいオフイス見学(№4817) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。