« 日本列島の自然観(№4812) | トップページ | ISO運用の“大誤解"を斬る! (№4813) »

2018年10月22日 (月)

「グローバル経営論~アジア企業のリープフロッグ的発展~

「グローバル経営論~アジア企業のリープフロッグ的発展~」
▼発行所:株式会社学文社
▼発行日:2018年10月5日
▼著   者:那須野公人

▼内容紹介
日本及び日本企業の競争力低下はなぜ生じたのだろうか。また、日本に急速に追いつき追い越すような、アジア企業の「リープフロッグ(蛙飛び)」的な発展はなぜ可能となったのだろうか。
▼日本企業の競争力低下の象徴ともいえる電機産業を取り上げ、日本の電機メーカーが国際競争に敗れたのかをアップルとの対比で分析した。また、ICT産業のハード分野の発展によって「シリコン・アイランド」と呼ばれた台湾、「リープフロッグ」的な発展を遂げた国であるインド、発展の可能性があるバングラデシュ、またタイ、中国などの国の発展についても各章について取り上げ、分析、考察を行った。
■これまでの長年にわたるご研究が網羅されていて、グローバル化と情報化、モジュール化経営の進展の過程がよくわかる本です。敬意を表すると共に改めましてお喜び申し上げます。この書物に書かれた内容を常に心に留め、日々読み返し己を高めるための手引きとして愛読させていただきたいと存じます。
▼目次
第1章 問題意識と先行研究の検討
第2章 グローバル化・情報化の進展と日本の電機メーカー
第3章 台湾におけるICT産業の発展と華人ネットワーク
第4章 インドにおけるICTサービス産業の発展と
      在来インド人の役割
第5章 バングラデシュ=衣料品からICTサービス分野での
      「インド+1(プラスワン)」へ
第6章 タイの経済発展と「タイ+1(プラスワン)」
終章 (結び)
補論 中国ICT産業の新たな発展の可能性
      -珠江デルタを中心として-
▼著者について
那須野公人(なすの きみと)作新学院大学経営学部教授。20181020_

|

« 日本列島の自然観(№4812) | トップページ | ISO運用の“大誤解"を斬る! (№4813) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。