« 船場ビルと大林組旧本店(NO・4818) | トップページ | 組織をまとめるリーダーの条件 »

2018年10月29日 (月)

大阪の地価(№4819)

講演「大阪の地価・不動産最新動向と今後の展望」
       ~インバウンド急増に伴い土地需要が旺盛。
                   大阪府の路面価は5年連続で上昇~
日時:10月29日(月)14.00~15.20
会場:大阪商工会議所 6階 白鳳の間
演題:「大阪の地価・不動産最新動向と今後の展望」
     ~インバウンド急増に伴い土地需要が旺盛。
                    大阪府の路面価は5年連続で上昇~
講師:株式会社谷澤総合鑑定所  不動産鑑定士
   磯尾 隆光 氏
内容:
▼国税庁が7月2日に発表した大阪府の路線価は5年連続で前年度を上回りました。とりわけ、訪日観光客が多く訪れるミナミなどで高い伸びを示しています。
▼一方、国土交通省が3月に発表した公示地価においても、インバウンド急増に伴って、ホテル用地等への旺盛な土地需要が顕在化していることが認められました。
▼価格順位、
             住宅地1位は東京都千代田区六番町(390万円/㎡)
      商業地1位は東京都中央区銀座2丁目(4190万円/㎡)
      大阪の1位は中央区宗右衛門町の
                          クリサス心斎橋(1680万円/㎡)は全国10位。
      大阪2位,グランフロント大阪南館(1620万円/㎡)。
▼全国の商業地上昇率、
              トップ10地点のうち、京都市が5地点を占めた。
      上昇率全国2位(関西1位)の29.2%を記録したのが
              東山区の八坂神社周辺。
▼全国の住宅地上昇率
            北海道の俱知安町が1位から3位まで占め、
             10位以内に沖縄が6地点入ることとなった。

|

« 船場ビルと大林組旧本店(NO・4818) | トップページ | 組織をまとめるリーダーの条件 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。