« 複雑な廃棄物処理法について(№4810) | トップページ | 日本列島の自然観(№4812) »

2018年10月20日 (土)

観光に向き合うためのガバナンスを考える(№4811)

20日(土)はラジオ体操、ヨガ教室、午後は阪南大学ハルカスキャンパスへ、夕方は北大江のたそがれコンサートと多忙な週末でした。
■第1回 2018年阪南大学あべのハルカスキャンパス公開講座
時  間:10月20日(土)14.00--15.30
テーマ:「観光に向き合うためのガバナンスを考える
    ~観光資源としての大阪地下鉄を事例に~」
講  師:阪南大学国際観光学部教授 森重昌之氏
▼身近な大阪地下鉄も観光資源になる。資源を見る眼を養う。観光客がまちづくりに関わる仕組み=観光ガバナンスが必要となる。観光ガバナンスを実践するためにオープン・プラットフォームを形成する。
 
■第13回北大江たそがれコンサート
時  間:15.50--17.00
会 場:北大江公園野外コンサート
演  奏:Le Stelle di 北大江オーケストラ
曲 目:バッハ オーボエとヴァイオリンのための協奏曲
    ビゼー カルメン組曲より2018102051_2
2018102057_2
2018102083_2
20181019_n

|

« 複雑な廃棄物処理法について(№4810) | トップページ | 日本列島の自然観(№4812) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。