« もづくりIT戦略の開発・設計(№4796) | トップページ | 「五箇条の御誓文」と「新日本の建設詔書」(№4798) »

2018年10月 6日 (土)

拉致取材40年 追い続けた真実(№4797)

会場:「武藤記念ホール」(第1050回)
日時:10月6日(土)13.30~15.30
講師:ジャーナリスト 阿部雅美氏
演題:「拉致取材40年 追い続けた真実」
1)前兆を見逃した日本社会。
日本社会は北朝鮮の拉致犯罪になぜ気付かなかったのか。海岸で語らう若い男女、下校途中の少女、買い物に出た母娘らを次々に襲い、工作船で北朝鮮へさらっていく。しかも、そのことが、ずっと明るみに出ない。気付いてからも他人事だったのはなぜか。
2)政治家、メディアの不作為
拉致は「ありえない」事件だったが、特異性がもう一つあった。それは日本社会―メディア、政治家、警察など―が、この人権、主権侵害の非道な国家犯罪を長い間、黙殺・放置してきたことだ。

|

« もづくりIT戦略の開発・設計(№4796) | トップページ | 「五箇条の御誓文」と「新日本の建設詔書」(№4798) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。