« 先端企業の新しいオフイス見学(№4817) | トップページ | 大阪の地価(№4819) »

2018年10月28日 (日)

船場ビルと大林組旧本店(NO・4818)

28日(日)の生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2018(イケフェス大阪)見学先は船場ビルディングとルポンドエルシェルビルの2か所でした。本日の歩数は16725歩。
■船場ビルディング
外からは想像がつかないのが、玄関を抜けた先にある中庭。空の下、4階までの外廊下が全部見える。大正時代の船場で荷馬車などを引き込むのに便利にと考えたつくり。それが今も、このビル独特の親密感を生んでいる。
■ルポンドエルシェルビル(大林組旧本店)
日本を代表する建設会社・大林組の旧本店。外観は当時の大林組が得意としたスパニッシュスタイル。2007(平成19)年に耐震補強工事が行われ、現在はフレンチレストランや大林組の歴史観として使われている。201810282220181028062018102819

|

« 先端企業の新しいオフイス見学(№4817) | トップページ | 大阪の地価(№4819) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。