« ビジネス機会の創出へ(№4848) | トップページ | 激変する東アジアと平成後に向けた日本の課題(№4850) »

2018年11月30日 (金)

100年を生きる社会を考える(№4849)

「100年を生きる社会を考える」 
1). 万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」とSDGs
25年万博は4年前、大阪の複権、活性化を目指す中から誘致が浮上し、後付けで意義が整えられた。国連が採択し、国際社会が共同で取り組む地球規模の課題「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成。25年万博はそれに貢献するイベントと位置づけられている。
2). 経産省の推進する「デジタル・トランスフォーメーション」と課題
デジタル・トランスフォーメーションはこれまでの文書や手続きの単なる電子化から脱却し、
IT・デジタルの徹底活用で、生産性を抜本的に向上させる。また、データを活用し、顧客の
ニーズに最適化を実現。仕事のやり方も変革していきます。携帯端末をもっと積極的活用を。
3.) 人生100年時代のアンチエイジング
人間が何歳まで生きられるのか、その年数は時代に応じて変わってきた。最新の老化研究では120年説より5歳ほど低いようだ。
4)良い声を習得するトレーニング方法――姿勢・呼吸・発声。
歌う時の正しい舌の位置は舌先を下の歯の裏に軽~くくっつける。下の歯の裏に舌先をつけることを意識してください。
 

|

« ビジネス機会の創出へ(№4848) | トップページ | 激変する東アジアと平成後に向けた日本の課題(№4850) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。