« 日本における資源循環政策(サーキュラーエコノミー)の現状(№4828) | トップページ | クルマの新主役(№4830) »

2018年11月10日 (土)

HACCP義務化(№4829)

国内すべての食品等事業者がHACCPに沿った衛生管理の導入を求められる(HACCP 制度化)こととなりました。改正食品衛生法は、公布の日(2018年6月13日)から2年以内に施行されます。ただし、一般衛生管理基準やHACCP義務化については、プラス1年間の猶予期間が設けられ、公布から3年以内に施行されます。したがって、食品関係事業者にHACCPが義務付けられるのは2021年1月~6月頃になると予想されます。
HACCPに沿った衛生管理の制度化に関するQ&A(厚生労働省)

食品等事業者団体が作成した業種別手引書(厚生労働省)

研修等のお知らせ
農林水産省は、食品製造事業者等にHACCPの導入に向けた人材育成や知識習得をしていただくため、研修の開催への支援を実施しています。
                        
■HACCP の考え方を取り入れた衛生管理のための研修会
日時:1月23日(水)9.30~17.00
会場:大阪産業技術研究所森ノ宮センター

|

« 日本における資源循環政策(サーキュラーエコノミー)の現状(№4828) | トップページ | クルマの新主役(№4830) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。