« 世界津波の日(№4825) | トップページ | 「ISO運用の“大誤解"を斬る! 」(№4826) »

2018年11月 6日 (火)

人工生命研究からみる未来のかたち(№4825)

大商夕学2018年度後期講座1回 
日時:11月6日(火)18.30--20.30
会場:大阪商工会議所 7階 国際会議ホール
演題:「人工生命研究からみる未来のかたち」
講師:池上 高志 氏 
   東京大学大学院総合文化研究科・広域科学専攻 教授
案内文  

 機械が生命性を獲得するのはいつか。機械が生命性を獲得することで、生命の進化は新たな局面を迎えるのか。一見、抽象的でSF的にみえるこの問題に、アンドロイドやコンピュータの実験を用いて具体的に迫る時代がやってきました。今回はここ10年の研究でたどり着いた現在の生命の新しい形、それがもたらす未来のかたちについて議論したいと思います。
2018110620181106alife__

|

« 世界津波の日(№4825) | トップページ | 「ISO運用の“大誤解"を斬る! 」(№4826) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。