« 第18回 ポーター賞 受賞企業・事業(№4873) | トップページ | SDGsが問いかける経営の未来(№4875) »

2018年12月25日 (火)

EU離脱で再国民投票で問う(№4874)

このまま合意なき離脱になれば、英国はポンド危機からスタグフレーションに陥る。英国病が再発することになる。再度の国民の意思を問う国民投票を実施すべきである。
■日経平均株価1010円安、歴史的な株価値下がり2万円割れの19155円。景気の先行きを懸念する投資家が増える一方で、米欧の中央銀行は引き締め路線を進んでおり、市場の動揺が深まっている。トランプ政権の混乱も追い打ちをかける。
■今のリスクは①米中貿易摩擦、②中国経済の減速、③米国経済の減速、④英国のEU離脱などです。

|

« 第18回 ポーター賞 受賞企業・事業(№4873) | トップページ | SDGsが問いかける経営の未来(№4875) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。