« 西南戦争と大阪(№4865) | トップページ | 米国シアトル、AIやML専門のスタートアップ企業の集積(№4867) »

2018年12月17日 (月)

車の輸出規制、円安是正迫る米国(№4866)

週刊エコノミスト2018年12月25日号は
「日本経済総予測2019」の特集です。
▼暗雲漂う:内需は堅調感でも強まる不透明感。
      世界景気の減速、貿易戦争などが強まることで
      輸出の減速、五輪特需一巡後の設備投資減速。
。     過剰接備ストック調整で始まる景気後退
▼消費増税:
           税収増は14年の1/4程度、手厚い対策で緊縮財政効果減
     増税対策のばらまき、困惑する小売・飲食店
▼参院選:長期政権に「飽き」の洗礼、参院選と統一地方選が同じ年に行われる「亥年」には日本の政治に激変が起こりやすいという。
▼貿易戦争:米国の保護主義は2019年の最大のリスクになる
      車の輸出規制、円安是正迫る米国
■新時代を読むキーワード
▼改 元:「平成デフレ」の先の期待と不安
▼外国人:「移民政策」の本格論議を
▼無人店舗:アマゾン・ゴーが示す「未来店」
   18年1月にオープンした米シアトルの1号店は店舗面積が約167㎡。レジを通さず持って外に出るだけで決済できる仕組みを導入した。店内にはカメラや赤外線・重量センサーが数千台あり、それぞれデータを取得。18年12月時点で、同様の店舗を米国7拠点に展開している。21年までに最大3000店舗に拡大すると報じられている。▼CW10連休 20181225201920181225

|

« 西南戦争と大阪(№4865) | トップページ | 米国シアトル、AIやML専門のスタートアップ企業の集積(№4867) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。