« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月31日 (木)

株価崩落に備えよ(№4911)

週刊東洋経済 2019年2月2日号の第1特集は「株価崩落に備えよ」です。
【第1特集】株価崩落に備えよ【P.20より】
2019年、米国、欧州、アジア、そして日本の株式市場は波乱含みだ。
米、中の2大経済大国は景気減速が鮮明になり、欧州は政治リスクに揺れる。
日本でもアベノミクスの行き詰まりがはっきりしてきた。
世界マーケットはどうなるのか? 
その火種を総点検する。
▼対談 リスクマネーの逆流が始まった!
  藤戸則弘●三菱UFJモルガン・スタンレー証券 チーフ投資ストラテジスト
  ×大槻奈那●マネックス証券 チーフ・アナリスト
▼連鎖的売買で価格が乱高下 アルゴリズム取引の脅威
▼日本株の次なる波乱は6月だ
▼(米国)バブル頼みの景気回復 「完全雇用」のからくり
▼ (中国)危険水域に迫る重要指標 チャイナショックの現実味
▼ 好調ムードが完全に消失 視界不良の半導体業界
▼米中貿易戦争だけじゃない 原油相場に潜む波乱要因
▼ (日本)リスクをため込む邦銀 異次元緩和の危うい帰結
▼(欧州)経済減速と独仏の政治不安 強まる「欧州売り」の懸念20190202_0

| | コメント (0)

2019年1月30日 (水)

男性向け料理教室(№4910)

男性向け料理教室に参加しました。
日時:1月30日(水)10.00~13.00
場所:保険福祉センター2階 栄養指導室
内容:
 ●講和「栄養バランスの良い食事とは」
  ●食生活チェック(アンケートによる食生活診断)
 ●料理実習「簡単でおいしいヘルシーメニュー」
  ・ごはん
  ・シェパーズパイ
  ・彩りサラダ
  ・味噌汁 
  ・甘酒プリン
201901303
2019013095_32019013097_2 2019013098_3

| | コメント (0)

2019年1月29日 (火)

サイバーセキュリティ「攻撃者」の巧妙な手口、行為の検知・調査・対処で資産を防衛(№4909)

「セキュリティトレンドカンファレンス2019」
日々刻々と変わる「攻撃者」の巧妙な手口、行為の検知・調査・対処で資産を防衛する。
■本カンファレンスでは、まず、サイバー攻撃の最新動向について、情報通信政策の指揮を執る総務省様より、脅威の現状と対策について解説をいただきます。また、巧妙化する攻撃者による侵入をいかに阻止するかについて、EDR(Endpoint Detection and Response)の視点から、検知・隔離・排除までの流れ、仕組みづくり、その運用を進めるための組織づくりについて事例とともに検証します。本カンファレンスが、皆様の情報資産を安全に守り抜く一助となれば幸いです。
日 時:2019年1月29日(火) 14:00~17:00
会 場:ブリーゼプラザ  7階 小ホール
≪プログラム≫
〇基調講演
  「サイバーセキュリティ政策の最前線」
講師:総務省 大臣官房審議官
  (国際技術、サイバーセキュリティ担当)
   泉 宏哉 氏
〇課題解決講演
  「攻撃者の狙いはエンドポイントに在り」
  ~標的型攻撃による実被害を最小限に留め、
       企業資産を守るための対策とは~
  マクニカネットワークス株式会社
〇デモ・ソリューション講演
  【デモンストレーション】
  実際の画面から読み解くEDRを利用した検知/対処とは
  マクニカネットワークス株式会社
〇特別講演
  組織におけるリスク管理としての情報セキュリティ ‐ 組織内CSIRTの視点から ‐
  ~ 組織で取り組む脅威の検知と対応 ~
講師:大成建設株式会社 社長室情報企画部 専任部長
    / Taisei-SIRTリーダー
   北村 達也 氏

| | コメント (0)

2019年1月28日 (月)

手作りの麦わら細工の伝統工芸品(№4908)

校長先生にお出迎えいただき、兵庫県立香住高等学校の食堂をHACCPと経営の視点で見学させていただきました。民宿経営のご夫婦が働かれている第二の職場です。香住高校は、1946年に兵庫県立香住水産学校として開校し、1952年現在の学校名になり、普通科と海洋科学科が設置されています。

■城崎温泉で乗り換えのため下車、生憎小雨、城崎温泉の桂小五郎ゆかりの旅館つたやさんの前から折り返し、を見学させていただき帰路に。2019012873
2019012871 201901283752019012885 2019012881

| | コメント (0)

2019年1月27日 (日)

香住のカニ(№4907)

大阪国際女子マラソンの日に「あったかまち祭り」という手づくりイベントがあります。大江地区まちづくり実行委員会の役員さんやボランティアの皆様の尽力で開催されました。
○会場、一時避難所である北大江公園
〇催し物:自主防災関連の体験行事
○主催、大江地区まちづくり実行委員会
■JR大阪12.22発特急「はまかぜ3号」で15.36香住着。
■夕食前に、かすみ、矢田川温泉に来ています。矢田川を包む緑豊かな山々と田園を背景にした庭園を眺めながら、のんびりと露天風呂につかるひとときは、まさに至福の時です。
■民宿のご主人が部屋に来て、カニを美味しく焼いていただきました。食べるスピードに合わせて焼いていただき、最高の贅沢でした。お話もお上手で、楽しませていただきました。2019012765 2019012764 2019012756_22019012753 2019012750

| | コメント (0)

2019年1月26日 (土)

日本の針路「三本柱の勧め」(№4906)

第1054回)新春武藤記念講座
会場:大阪:國民會館 武藤記念ホール
日時:1月26日(土)午後1時30分~3時30分
講師:立命館大学客員教授 藪中三十二氏
演題:「緊迫の国際情勢と日本の針路」
要旨:
緊迫の国際情勢と日本の針路 トランプ政権が巻き起こす世界混乱、第二次大戦後の世界の平和と繁栄をささえてきた同盟関係と自由貿易体制が崩壊の危機に瀕している。そこにあるのは力を誇示する勢力のみで、民主主義や自由、人権といった価値観も無視されようとしている。
日本はトランプのアメリカにだけ依存するわけにはいかず、大国化する中国とどう向き合うのか、北朝鮮の非核化の行方など難題が山積するなか、日本の国益をどう守っていくのか、今後の日本の針路を考える。(案内文より)
日本は原理原則を守る。感情的にならない。
日本の針路、「三本柱の勧め」は
①日本の総合力(一定の防衛力をもち)を中心において、
②日米同盟関係、③中国との協調関係の三項目です。
■関連WEB:日本の針路
2019012600 2019012640 2019012637

| | コメント (0)

2019年1月25日 (金)

五感によるひとづくり、モノづくり、まちづくり(№4905)

「心学明誠舎早春セミナー」
すばらしい内容のセミナーでした。
日時:1月25日18.30~20.00
会場:大阪産業創造館 6階会議室
演題:「五感によるひとづくり、モノづくり、まちづくり」
講師:池永 寛明先生
   大阪ガス (株)エネルギー・文化研究所( CEL )所長
内容:■大阪が「世界で一番住みたいまち3位」、なんで?
      ■「外国人観光客日本一となった」、なんで?

     ■大阪あかん大阪のイメージ変、
      東京一極集中と言うけど、ほんま?

深圳速度が深圳をつくる。深圳に学ぶ、ものづくりと変革の力。中国人で、日本の「茶道、華道、書道」がブーム、なぜ? 社会・生活・ビジネスで今起こっていること、ITネットワーク・AI・ VRなど技術の進歩と社会との関係の変化、これから何が起ころうとしているのか、どう考えたらいいのかを、大阪の過去と現在をつなぎ、大阪近畿と世界をつなぎ、大阪近畿の再起動に向けて、何をすべきか? すばらしい内容のセミナーでした。

| | コメント (0)

2019年1月24日 (木)

SDGs 経営の新指標へ、社会的課題をビジネスに(№4904)

「SDGs 経営の新指標へ、社会的課題をビジネスに」
日経1月24日の大特集は「日経SDGsフォーラムシンポジウム」の特集をしています。
気候変動や環境破壊、食糧不足など地球規模で取り組む課題が山積する中、国連は問題解決の指針としてSDジーズ(持続可能な開発目標)を採択した。SDGs達成に向け企業は何をなすべきか。日本経済新聞は昨年12月7日、都内でシンポジウムを開催経営者や有識者が課題解決のための解を探った。

■グローバル・コンパクト・ネットワークジャパン代表理事の有馬利男さんの講演
「SDGs主流化の潮流」
国連の予測推定値ではSDGsがもたらすビジネスチャンスは 12兆ドル(約1300兆円)。日本の国内総生産(GDP)の2倍以上だ。これを見逃す手はない。SDGsを企業経営の主流に据える潮流があるが、「主流化を誰が求めるのか」「主流化とは何か」「そのために最も重要なことは」の3つのポイントがある。
企業に対して主流化を求めているのは、従来の利害関係者(ステークホルダー)、投資家、顧客だ。SDGsの主流化とは、企業のすいべてのバリューチューンの中で、広く社会に関わる責任を展開し、自立的なビジネスとしてビジネスモデルを確立することだ。SDGsを主流化する上で大事なことは、企業経営と、経営者の哲学だ。どこまで企業そのものを変革していくか。
真剣にSDGsに取り組み、新しいビジネスチャンスを捉えて収益を上げていくために、経営概念の転換が求められている。さらに企業力をどういう目的でどういう方向に発揮させるか。経済性、社会性、人間性を統合的に追求し、それを企業の品質とすることだ。正しい目的に向かうことで、自らの潜在的な力が大きく発揮できるという経営哲学が重要だ。今、SDGsで企業に求められている経営の考え方について、一つの問題提起としたい。

| | コメント (0)

2019年1月23日 (水)

クライアントの営業面でのお悩みと診断士の支援のあり方(№4903)

平成31年1月スキルアップ研修        
   
テーマ:「クライアントの営業面でのお悩みと診断士の支援のあり方」
日 時: 平成31年1月23日(水) 18.30~20.30
会 場: マイドームおおさか8階  第6会議室
講 師: 林 正人(大阪府協会会員)
内 容:
働き方改革の時代となり、営業にも生産性の向上が求められています。営業の仕事といえば、営業マンが顧客のキーマンたちの間を昼も夜も分かたず駆け回り、案件情報やニーズを懸命に探り、顧客要求と社内資源との調整に明け暮れるというイメージが思い浮かびます。その能力と言えば、交渉力や嗅覚、センスという属人的な要素があること、そしてところ変わればやり方も変わる部分が強く、単純な標準化がむつかしい業務です。
その一方で経営者の多くは、営業マンの頭数不足や若年層の定着率低下、メンタル対策、労働時間管理等の課題を抱えています。しかしそれらを理由として収益目標は落とせません。このように営業はそれ自体が複雑系のシステムと言えるでしょう。そのような営業業務を、診断士としていかなる軸で支援をしていくのか、事例を紹介しながら、皆さんと共に考えていく時間にしたいと思います(案内文より)。

| | コメント (0)

2019年1月22日 (火)

「未来を変える目標・SDGs」の演習(№4902)

2月の桑蓬会 定例会のご案内です。
■【桑蓬会 例会 第390回 】
 
  ○開催日時
   平成31年2月21日(木)、18時30分~20時30分
 
 ○会場
   エル・おおさか  608号室
   大阪市中央区北浜東3-14
   (京阪・地下鉄天満橋駅から西へ300m)エル・おおさか
   
 ○発表者 :浅野 宗克 氏
 ○テーマ :未来を変える目標・SDGsの実践 
             ~「未来を変える目標・SDGs」の演習 ~
 〇概要
  企業は、単にSDGsを自社事業に紐づけるだけでなく、
  SDGsを通じて見えてくる社会課題や経営リスクをビジ
  ネスの芽として捉え、既存事業の強化・拡大、さらに
  は新しい事業への展開を目指すことです。
  ▼参考資料
  環境省の「持続可能な開発目標(SDGs)活用ガイド
   
 〇出欠のご回答期限 2月14日(木)まで

| | コメント (0)

2019年1月21日 (月)

新冷戦時代の幕開けとICTビジネス最先端(№4901)

 2019年新春セミナー            
      新冷戦時代の幕開けとICTビジネス最先端                     
◆日 時:1月21日(月) 14.30~17.30
◆場 所:大阪商工会議所7階 国際会議ホール
■ 第1部 今年の国際政治・経済情勢を展望する
     <講師>公益財団法人日本国際問題研究所 副会長
               野 上 義 二 氏
       <ファシリテーター>
          関西学院大学フェロー(財団理事)鷲 尾  友 春氏
   新春セミナーとして、米中貿易戦争など大きな歴史的転換点
      を迎えている国際政治・経済情勢について、元外務次官・元
      駐英大使の野上義二氏より米国、中国、英国、仏、独、伊の
     主要国の動きを中心にご講演をいただきました。また財団理
     事の鷲尾友春氏より、野上氏へ講演内容を更に掘り下げて
     お尋ねされ、問題の核心に迫り、世界の動きがよく理解でき
  ました。
 
■第2部 技術革新による「デジタル社会」において、
      幸せを感じるサービスとは
       ~コミュニケーションがますます重要となる時代~
     <講師>株式会社NTTデータ 
           技術革新統括本部企画部
           デジタル戦略担当 部長
               吉 田 淳 一  氏
   中国を中心に圧倒的なスピードで進化するICTビジネス。
   「吉田劇場」として様々な講演をされているNTTデータの
   吉田淳一氏より、ICTビジネス最先端の様々な事例を紹
   介いただき、新たな価値形成とビジネス創出について考
   えます。

| | コメント (0)

2019年1月20日 (日)

ミガキイチゴで復興を支える(№4900)

20日(日)朝4時5分からのNHKラジオ放送を聴いた。昨夜12時から朝まで咳がひどくて寝れなかった。おかげでよいお話を聴くことができた。
▼美味(おい)しい仕事人                 
「ブランドイチゴで復興を支える」        
      農業生産法人代表…岩佐大輝さん                 
▼農業はズブの素人のIT会社経営者が、東日本大震災の被災地にわずか2年で最先端の農場を設立し、世界一のイチゴを目指して開発した「ミガキイチゴ」は、大手百貨店でひと粒1000円で売れるハイブランドに。すべては、故郷を救いたい一心から始まった。▼すぐさま農業生産法人GRAを立ち上げ、地元の人たちに教えを乞いながらハウス栽培を開始した。「匠の知恵を感覚的に受け継ごうとするのではなく、データで形式知化していけば、誰でも再現可能になっていくはず。地域に雇用を生み出すには、若者にとって魅力ある選択肢のひとつにならなくては」。▼そんな発想から、温度や風の向きなどすべてをITで管理し、糖度の高い高品質のイチゴを安定供給できる仕組みを作った。ハウス内では従業員がタブレットを片手に、セグウェイを乗り回しながら作業をしている。さらには「持続的な産業を目指すなら、世界に進出するのは当たり前」とインドでも生産を始め、イチゴ100%のスパークリングワイン「ミガキイチゴ・ムスー」などの関連商品も香港などアジアを中心に
ヒット中だ。▼職人技とITを融合した最先端施設園芸により、高品質なイチゴの安定供給を実現しています。2013年度グッドデザイン賞を受賞しました。

| | コメント (0)

2019年1月19日 (土)

米中「未来の覇権」争いが始まった(№4899)

1月19日誕生日。傘寿。多くの皆様から祝辞をいただき、お礼申し上げます風邪で、咳が頻繁にでる。
明日20日でくらいで、なおるでしょう。

NHKスペシャル「アメリカvs.中国 “未来の覇権”争いが始まった」
■放送日時:2019年1月19日(土) 午後9:00~午後9:50(50分)
■チャネル:NHKTV総合
■番組内容
貿易摩擦で対立するアメリカと中国。その水面下では“未来の覇権”をかけた攻防が始っていた。AI・ビッグデータ・5G…。ハイテク分野で加速する攻防を追う。
■番組詳細
貿易摩擦を巡り対立するアメリカと中国。その水面下では“未来の覇権”をかけたハイテク分野での攻防が始まっていた。壮大な国家戦略のもと、アメリカを猛追する中国。▼自動運転車の開発競争ではベンチャー企業が独自のAIを開発し、グーグルやウーバーといった巨大IT企業に迫っている。▼さらに新技術を使ってアメリカが誇る“ドルによる金融覇権”にも風穴を開けようとしている。インターネットに続く革命的な技術「ブロックチェーン」だ。▼ファーウエイは習主席の掲げる国家戦略「中国製造2025」を支える企業の一つ。次世代通信規格「5G」の技術では世界トップ水準といわれ、習政権の広域経済圏構想「一帯一路」では海底ファイバー敷設でめざましい実績を上げている。米国は、ファーウエイの通信機器を通じて軍事や先端技術などの機密情報が盗まれているとして、公務員の使用を禁止。▼開発の最前線では、アメリカのIT企業などで技術を学んで帰国した「海亀」と呼ばれる若者たちが急増し、成長を支えている実態があった。▼対するアメリカは、中国からの投資やM&Aを規制する動きをみせ、水面下で激しい攻防が繰り広げられている。▼大国間の攻防の狭間で、日本はどう生き残りをかけるのか?世界の行方を左右する米中の攻防、その最前線を追う。

| | コメント (0)

2019年1月18日 (金)

ブレクジットによる 日本企業への影響とその対応策(№4898)

1月18日(金)終日、風邪のため、お休み。
すっかり、14:00~16:00の大商セミナー「ブレクジット(英国のEU離脱)による 日本企業への影響とその対応策」の参加のことを忘れていました。
▼英国は2019年3月29日に、EU(欧州連合)から正式に離脱する予定です。
欧州連合(EU)と合意した離脱案の英国議会での採決は、2019年1月15日に否決されました。野党提出の内閣不信任案を翌16日に乗り切ったメイ首相だが、事態を打開する有効な手はなお見えない。仮に無策なまま3月末を迎えれば、EU単一市場・関税同盟から突然切り離される。、その先行きはいまだに不透明なままです。▼「合意なし離脱」となると、人の移動や通関など貿易面でも経済を大混乱させかねない状況になります。

▼この度、英国で日本企業の英国進出や在英日系企業のサポートを行っておられる岩村浩幸 氏(Ashurst法律事務所 パートナー)と舟引勇 氏(PwCジャパン合同会社 シニアマネージャー)、塩田英樹 氏(PwC税理士法人 シニアマネージャー)を講師にお迎えし、標記セミナーを開催されます。
▼離脱交渉の現状から想定し、今から日本企業がとっておくべき法律や税務上の対応策等についてお話されたと思います。

| | コメント (0)

2019年1月17日 (木)

財政危機と日本経済~将来世代の利益をどう守るか~(№4897)

大商夕学 第5回
 
日 時:1月17日(木)
会 場:大阪商工会議所
演 題:「財政危機と日本経済~将来世代の利益をどう守るか~」
講 師:小林 慶一郎氏
    慶應義塾大学経済学部 教授
内  容:
 講演のねらいは、日本の財政問題を考えることで、将来世代の利益を我々の世代の問題としてとらえることの難しさと危機感がです。
財政など国家レベルの問題だけでなく、企業や私たちの日々の意思決定においても将来世代の視点を導入することは大きな課題です。
その手法として、現在、研究が進展しつつあるフューチャー・デザインの考え方を解説していただきました。

| | コメント (0)

2019年1月16日 (水)

内部監査員監査研修2日目は適合性と有効性の確認(№4896)

内部監査員監査研修2日目は適合性と有効性の確認です。
▼決めたとおりに実施していることの確認は重要だが、それ以上にルールそのものが本質に見合って有効なものであるかを見極めて、改善の必要性を見出すことは、さらに重要である。
▼「内部監査が大事だ」というけれど、本当に役立っているのだろうか。内部監査が、何にどのように役立っているか、どんな効果があったかは、確実に把握しておきたい。▼まず内部監査を始める前に規格の内部監査の目的を読み上げます。▼内部監査で社内の品質マネジメントシステムの弱い点、強い点を評価して、その弱点や課題を解決するものでなければなりません。▼内部監査を社内の現状の問題点を映し出してくれる便利なツールとして使うことです。
▼内部監査修了後、反省会をしていますか。内部監査のプロセスについてPDCAを回そう。
▼インフルエンザが流行っているようです。、風邪気味のため、夕食後、すぐ就寝。

| | コメント (0)

2019年1月15日 (火)

内部監査員監査研修1日目(№4895)

内部監査員監査研修1日目です。、
受講者は、前職が管理責任者や品質管理部経験者の2人と、それ以外の方はISOを初めて勉強する方で、そのギャップが大きいので、進め方に神経をつかいました。特に、品質マネジメントシステムの要求事項の事前学習の質疑と応答。

| | コメント (0)

2019年1月14日 (月)

世界経済2019 2つの危機(№4894)

『ニューズウィーク日本版1.15号』の特集は「世界経済2019 2つの危機」です。
●「独り勝ち」アメリカの株価乱高下が意味するものは?
●世界経済に突き付けられた「分裂EU」「減速中国」という爆弾。
▼1月18日(金)開催の大商講演会のテーマは下記です。
「ブレクジット(英国のEU離脱)による 日本企業への影響とその対応策」
▼英国は2019年3月29日に、EU(欧州連合)から正式に離脱する予定です。欧州連合(EU)と合意した離脱案の英国議会での採決は、2019年1月15日(火)ですが、現段階では与野党からの離脱案への反発が強く、可決は難しいとの見方が強い。「合意なし離脱」となると、人の移動や通関など貿易面でも経済を大混乱させかねない状況になります。2019010850_

| | コメント (0)

2019年1月13日 (日)

新年会と「2019年 世界の10大リスク」(№4893)

ラジオ体操のあと、大阪城公園梅林の「香てん」と蝋梅(ろうばい)の辺りは梅のよい香りが漂っていた。▼マンションの新年会、今年も例年通り、新春の初顔合わせを兼ね、日頃からお世話になっております皆様と、大いに飲み語り合い、輝かしい新年のスタートを切りました。▼昨日届いた中小企業診断士1月号の特集「人生100年時代のライフシフト」に小生の原稿が掲載されました。
■米コンサルティング会社ユーラシアグループは7日、2019年の「世界の10大リスク」を発表した。▼米国で民主主義が揺らいでいることや、欧州でのポピュリズム(大衆迎合)政治の広がり、同盟関係の弱体化など世界中の地政学的事象のほとんどが「悪い方向に向っている」と指摘。▼この状況を「悪い種(予兆)」と名付けて1位に挙げた。▼2位は対立が深まる「米中関係」とした。
■2019年 世界の10大リスク
(米コンサル会社ユーラシアグループの報告書から)
(1)悪い種(Bad seeds) 
   米欧政治の混迷、同盟関係の弱体化など
(2)米国と中国(US-China) 
   科学、経済、安全保障をめぐる摩擦が激化
(3)サイバー攻撃(Cyber gloves off) 
   抑止力が効かない問題も露呈へ
(4)欧州のポピュリズム(European populism) 
   欧州連合の弱体化も
(5)米国の内政(The US at home) 
   トランプ大統領の不正追及で混乱
(6)技術革新、冬の時代(Innovation winter) 
   安保上の懸念などで国際協力が停滞
(7)国際協調に背を向ける指導者たち(Coalition of the unwilling) 
   トルコ、ブラジルなど
(8)メキシコ 左派の新政権の経済政策に懸念
(9)ウクライナ ロシアとの外交・軍事的な緊張
(10)ナイジェリア 大統領選挙(2月)の結果次第で混乱も
(朝日新聞デジタル 2019年01月08日 16時32分)
■関連動画:2019年・世界10大リスク、イアン・ブレマー氏インタビュー(11日)

■関連WEB:2019年「世界の10大リスク」、1位は「悪い種」 米国際政治学者が予測

■関連WEB:今年の世界10大リスク 膨らむ地政学上の危険 米中関係 無法のサイバー空間 欧州のポピュリズム

| | コメント (0)

2019年1月12日 (土)

トランプ政権と中小企業・ベンチャー政策(№4892)

2018年阪南大学あべのハルカスキャンパス
第4回ハルカスアカデミー

日 時:1 月12日(土)14.00~15.30
演 題:トランプ政権と中小企業・ベンチャー
講 師:阪南大学 経済学部教授 浅野敬一氏

■トランプ大統領が就任以来,独特の経済政策を打ち出してきました。しかしトランプ政権と中小企業やベンチャーの関係については、ほとんど注目されていません。「減税」と「SBA」の二つを重視し実現した初の政権である。中小企業はトランプ政権の支持基盤の中核の一つである。ただし、中小企業が一枚岩とは言えない。

.■関連Web:米国の中小企業政策と 中小企業を取り巻く環境について2010年11月

■関連WEB:米国での中小企業の事業環境について2014 年 3 月

■関連WEB:米国の中小企業のための 連邦・州政府の支援プログラム ~中小企業と第 4次産業革命~ 2017 年 3 月

.201901123320190112342019011236

 

| | コメント (0)

2019年1月11日 (金)

JISQ9002:2018の概要、効果的な活用について(№4891)

JRCA講演会
日時:1月11日(金)13.15-16.30
会場:大阪市中央公会堂 大集会室
プログラム
●JISQ9002:2018の概要、効果的な活用について
 講師:㈱テクノファ取締役 コンサルティング事業部長
    須田晋介氏
●「全員参加で推進」
 事業を軸とした統合マネジメントシステム
 講師:渋谷工業株式会社メカトロ事業部管理部
    中村由香里氏
◆JRCA講演会は「JISQ9002:2018の概要、効果的な活用について」のみの受講でした。
◆「2015年改訂対応
小規模事業者のためのISO 9001
何をなすべきか―ISO/TC 176からの助言」は買わずに帰りました。
◆ボイストレーニングは「この道」と「スキー」でした。
◆17.00から市立中央図書館でした。20190111jrca2120190111jrca2620190111jrca227_2

| | コメント (0)

2019年1月10日 (木)

小規模事業者のためのISO9001何をなすべきか№4890

第167回 ISO研究会(登録研究会)に参加しました。
日 時:1月10日(木)18.30~20.30
会 場:マイドーム大阪
●報告事項
1)JISQ9002:2018(品質マネジメントシステム—JISQ9001の適用に関する指針)
 明日1月11日開催のJRCA講演会で、テクノファの須田さんが、JISQ9002:2018の概要、その活用方法を解説します。
2)ISO 22000:2018~食品安全マネジメントシステムの要求事項~
3)内部監査とマネシメントレヒューに関する質問100選20190111jrca227

| | コメント (0)

2019年1月 9日 (水)

新年賀詞交歓会(SQC卒業・N7研究会)参加(№4889)

9日(水)日科技連グループの新年賀詞交歓会へ参加させていただきました。
SQC卒業後、N7研究会に参加。N7でご一緒だった中野英機さんのお誘いで久しぶりに、積もるお話ができました。著書「目的学:目的学で夢を実現」の生き方をお聴きでき、パワーをいただきました。
▼中野氏がダイハツの社員教育に携わってきた経験をもとに、目的達成のためのノウハウを「目的学」として集大成。
▼目的学とは  :目的達成のための原理とノウハウを集大成
▼目的学の基本:①自分自身の原理・原則を大切にする
             ②目的達成のためのステップを構築する
                     ③周囲の人も幸せにすることを心掛ける
■関連ブログ:目的学で夢を実現しよう!2006年8月25日 (金)

■関連WEB:目的学 -目的学で夢を実現-

関連WEB:品質管理セミナーベーシックコース2019010916201901091720190109_

| | コメント (0)

2019年1月 8日 (火)

COP24、日本の脱炭素化の投資・温暖化対策の具体策は(№4888)

「カーボンカンファレンス2018」に参加しました。
●日  時 : 平成31年1月8日(火)13:30~16:30

●会  場 : 武藤記念ホール大会議室
●プログラム: 
 
第一部 国際交渉の最新動向や日本の温暖化対策  
●基調講演:「COP24の結果と今後の課題―脱炭素化をめざす世界の最新動向」
 講師:東京大学 サステイナビリティ学研究連携機構 
    教授 高村 ゆかり氏
●講演:「COP24の結果と今後の気候変動政策」
  講師:環境省 地球環境局 国際地球温暖化対策担当参事官室 
    参事官補佐 堤 達平氏
●講演:「COP24における市場メカニズムに関する交渉結果とJCMの取組」
 講師:環境省 地球環境局 市場メカニズム室 
    国際企画官 小圷 一久氏
 
第二部 JCM における設備補助事業の実績・実例紹介
●講演:「JCM支援事業(補助金制度)の利用実績」
  講師:(公財)地球環境センター 気候変動対策課長 
    課長 松田 直子氏
●講演:「JCM事業の実例:セメント廃熱回収発電・廃棄物焼却発電」
  講師:JFEエンジニアリング(株) 海外管理部 
    部長 高橋 元氏 
■関連WEB:大阪カーボンカンファレンス2018

■日本の姿勢は定まっていないように見える。
▼政府は30年度に排出量を13年度比26%減、50年までに80%減らすという目標を掲げている。▼実現への道筋を示すエネルギー基本計画でも、再生エネを全体の22~24%と主力電源にすることも明記しているが。▼再生エネの拡大も掲げる半面、普及を後押ししてきた固定価格買い取り制度(FIT)では本年11月から一部の太陽光発電が対象から外れる。▼推進策が曲がり角を迎えている面は確かにあるが、これからどう太陽光を伸ばしていくのか、その戦略は見えにくくなっている。
▼原田義昭環境相はCOP24の会合で「2度目標の実現にはもっと確固たる行動が必要だ」と述べたものの、具体策には言及しなかった。▼経済産業省も温暖化対策に取り組む姿勢を見せながら、経済成長の足かせになることへの懸念も示す。▼国全体で一枚岩になっているとは言いがたい。▼COP24に参加したある日本の大手企業幹部は「国が温暖化対策をどう方向付けたいのかあいまい。▼脱炭素化の投資を本気で進めにくい」と漏らす。▼民間がついてこなければ温暖化対策の深掘りは望み薄だ。▼「すべての国が削減目標を引き上げなければ、我が国は海面の上昇で存亡の危機にひんする」。
▼㋅28日・29日は大阪でG20の会議があり、日本のリーダーシップが期待されている。20190108cop240120190108cop240220190108cop240320190108cop2407

| | コメント (0)

2019年1月 7日 (月)

「笑い」を増やすためのヒント(№4887)

笑うだけ健康法(日経おとなのOFF)を購入しました。
▼「一読、十笑、百吸、千字、万歩」。
1日に1冊の本を読み、10回笑う場所に居合わせ、100回深呼吸をし、1000字の文字を書き、1万歩を目途に歩きます。
▼「笑い」を増やすためのヒント
1)笑いの発生条件
 「驚き」=「笑い」の素→「驚き」が経験できる環境に身を置こう!
2)笑いを見つける
 「笑活日記」で笑いをとらえ、笑いを増やす計画を立てていこう!
■ラフターヨガ
ラフターヨガを通じて笑うことで、、
酸素が血液とあらゆる主な臓器に充分に行きわたることで、心身ともにエネルギーが満ちあふれた状態になります。ストレスレベルが75%以上も減少し、ストレスが軽減するのが実感できます。エンドルフィン(痛みを抑える物質)のレベルが上がるので、気分がよくなる上、様々な痛みが軽減されます。自信が高まり、コミュニケーションスキルや創造性が高まります。血圧が下がり、脈拍が下がることでリラクゼーション効果を得ることができます。うつ状態が軽くなり、慢性的なうつが軽減されたという声も寄せられています。ストレスによって低下している免疫系、消化器系、生殖系状態がよくなります。リンパ系の循環が活性化し、血行がよくなります。
などと、ラフターヨガを行うことで、心身共に元気になることが医学的にも実証されています。
■大阪ラフターヨガクラブ大阪城公園笑いヨガクラブ
★ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター) 地下1階 多目的室
★毎月 第1土曜日 午前10時30分~11時45分くらい     
★平成31年
1、2月 はお休みします
3月2日 ・ 4月6日 ・ 5月4日 ・ 6月1日 ・
★参加費500円
■笑うだけ健康法
日経おとなのOFF 2019年01月06日発売号の目次
■特集1 笑うだけ健康法
●笑うだけ健康法 
  笑って病気予防、笑って脳トレ、笑って不調改善! (008p)
●健康になる秘訣は毎日笑うこと! (010p)
●笑いは不調を減らす“特効薬” 
  免疫力 ・ 認知機能アップ、糖尿病 ・ 血管病を予防! (012p)
●笑って脳トレ、笑わせて脳トレ 笑いは脳にも効く! (018p)
●コメディアン 萩本欽一さん 欽ちゃん 笑いと健康を語る(022p)
●失敗や腹が立つ出来事を笑いに変える極意 
  笑う哲学者 ・ 土屋賢二さんが教える(026p)
●脳を鍛えるならだじゃれを言いなしゃれ!
  笑いを巻き起こし、みんなの脳を活性化! (031p)
●お笑い 「ツッコミ」 コミュニケーション術
  お笑いのツッコミ役で、みんなも笑う、自分も笑う! (037p)
●1日5分の 「笑いヨガ」
  心も体も超元気に
  楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなる(042p)
●やすみりえ直伝 
  誰でも詠める川柳講座 クスクスと川柳詠んで脳トレに(048p)
●Interview 
  アマチュア写真家 西本喜美子さん
  ユーモアたっぷり自撮りで大注目 
  老いを笑い飛ばして楽しもう(072p)
●笑いでメンタルトレーニング 
  仕事もスポーツもうまくいく! (076p)
●2分笑顔筋ほぐしで上手に笑う 
  現代人は顔が凝っている! (080p)
●ここまで違う! 女の笑い VS.男の笑い丸分かり!
   男が下ネタ好きなのには理由があった(086p)
●笑いと 「おかしみ」 の心理学 
  人はなぜ笑うのか、 「おかしい」 とは何か(089p)
●潜入 「笑い神事」
   いにしえには、笑いは神への捧げものだった(092p)
20190108_p

| | コメント (0)

2019年1月 6日 (日)

四国の玄関口、高松駅(№4886)

2019010693 6日(日)四国の玄関口、高松駅から、玉藻公園と高松港へ。2019010687_22019010688

| | コメント (0)

2019年1月 5日 (土)

梅原龍三郎展、熊谷守一展(№4885)

5日午前、静岡近代美術館の梅原龍三郎展、熊谷守一展に出会え、鑑賞しました。静岡近代美術館は館長 大村 明さんのコレクションを展示している個人美術館です。個性あふれる有名な作品ばかりです。美術館そのものもアート作品でした。近くで、大村洋品店も経営されています。

20190105642019010576

2019010573_2
I2019010579

| | コメント (0)

2019年1月 4日 (金)

駿府城公園でのラジオ体操と日本平夢テラス(№4884)

朝は駿府城公園でのラジオ体操で今日も始まる。
日本平からの優美な富士山を一望。
■2013年、富士山の構成資産として世界文化遺産に登録された三保の松原
▼海岸線に約30,000本の松が連なる景勝地で日本3大松原の一つにも数えられています。天女が羽衣を松にかけた羽衣伝説や、縁結びの神様も鎮座する上美穂神社周辺を歩きご利益があるかもしれません。▼神の道で、三保の松原から美穂神社に続く全長500mの並木道は、最近2億円をかけて板で整備され、降臨した神々がここを通ると言われています。
日本平
壮大な景観が楽しめる日本平山頂。眼下の駿河湾、伊豆半島、そして優美な富士を一望できます。富士山の眺望日本一の日本平と、江戸の天下太平の礎を築いた徳川家康公を祀る東照宮のある久能山とロープウェーが5分間で結ぶ。
日本平夢テラス
2018年11月3日、静岡市清水区の日本平山頂に、スタイリッシュな展望施設「日本平夢テラス」が誕生! 日本平からの快適な眺望と歴史的・文化的価値を楽しめるよう、「日本平夢テラス」ができました。1周約200mの上の展望デッキです。株式会社隈研吾建築都市設計事務所による、県産木材をふんだんに使い、富士山を望む自然景観と調和した設計です。隈研吾氏は2020年、東京五輪のメイン会場となる新国立競技場の設計を手がける建築家です。2019010428201901043120190104512019010454

| | コメント (0)

2019年1月 3日 (木)

快晴の富士山本宮浅間大社(№4883)

右に左に富士山を仰ぎながら身延線の富士宮駅で下車。
快晴の富士山本宮浅間大社、富士山だけ雲があり、残念でした。

宿舎は静岡駅前の「静鉄ホテルプレジオ静岡駅北」。201901030820190103092019010317

| | コメント (0)

2019年1月 2日 (水)

大般若式(№4882)

正月2日は奈良の三松寺の新年恒例の大般若六百巻を心読し大願成就の祈願法要へ。「転読大般若」とは、『摩訶般若波羅蜜多経(通称:大般若経)』の経文を読むことにより、その功徳をもって、世界の平和や各参列者の平安などをご祈祷する法会です。2019010296

| | コメント (0)

2019年1月 1日 (火)

平成最後の元旦の新聞各紙の社説(№4881)

2019年の元旦の朝は快晴。ラジオ体操でスターです! ラジオ体操会の役員の皆様のご厚意で鏡割り、お神酒で乾杯!! ご来光も拝めました。
元旦の各紙の社説とトップ記事は下記です。
■社説
日経:不確実性にたじろがず改革進めよ
産経:さらば、敗北の時代よ
読売:米中対立の試練に立ち向かえ
   新時代に適した財政・社会保障に
毎日:次の扉へAIと民主主義、メカニズムの違いを知る
朝日:政治改革30年の先に、権力のあり方を問い直す
■トップ記事
日経:つながる100億の脳、「人類」問い直す
   2050年ごろ、AIが人間の知性を超える
産経:新元号4月1日公表
読売:インフラ機密、国内厳守
    中国サイバー警戒
毎日:新元号4月1日公表
朝日:昭和天皇、直筆原稿252首
   晩年の歌発見、大戦「ああ悲し」2019010172019010144201901014520190101772019010173

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »