« 快晴の富士山本宮浅間大社(№4883) | トップページ | 梅原龍三郎展、熊谷守一展(№4885) »

2019年1月 4日 (金)

駿府城公園でのラジオ体操と日本平夢テラス(№4884)

朝は駿府城公園でのラジオ体操で今日も始まる。
日本平からの優美な富士山を一望。
■2013年、富士山の構成資産として世界文化遺産に登録された三保の松原
▼海岸線に約30,000本の松が連なる景勝地で日本3大松原の一つにも数えられています。天女が羽衣を松にかけた羽衣伝説や、縁結びの神様も鎮座する上美穂神社周辺を歩きご利益があるかもしれません。▼神の道で、三保の松原から美穂神社に続く全長500mの並木道は、最近2億円をかけて板で整備され、降臨した神々がここを通ると言われています。
日本平
壮大な景観が楽しめる日本平山頂。眼下の駿河湾、伊豆半島、そして優美な富士を一望できます。富士山の眺望日本一の日本平と、江戸の天下太平の礎を築いた徳川家康公を祀る東照宮のある久能山とロープウェーが5分間で結ぶ。
日本平夢テラス
2018年11月3日、静岡市清水区の日本平山頂に、スタイリッシュな展望施設「日本平夢テラス」が誕生! 日本平からの快適な眺望と歴史的・文化的価値を楽しめるよう、「日本平夢テラス」ができました。1周約200mの上の展望デッキです。株式会社隈研吾建築都市設計事務所による、県産木材をふんだんに使い、富士山を望む自然景観と調和した設計です。隈研吾氏は2020年、東京五輪のメイン会場となる新国立競技場の設計を手がける建築家です。2019010428201901043120190104512019010454

|

« 快晴の富士山本宮浅間大社(№4883) | トップページ | 梅原龍三郎展、熊谷守一展(№4885) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。