« 内部監査員監査研修2日目は適合性と有効性の確認(№4896) | トップページ | ブレクジットによる 日本企業への影響とその対応策(№4898) »

2019年1月17日 (木)

財政危機と日本経済~将来世代の利益をどう守るか~(№4897)

大商夕学 第5回
 
日 時:1月17日(木)
会 場:大阪商工会議所
演 題:「財政危機と日本経済~将来世代の利益をどう守るか~」
講 師:小林 慶一郎氏
    慶應義塾大学経済学部 教授
内  容:
 講演のねらいは、日本の財政問題を考えることで、将来世代の利益を我々の世代の問題としてとらえることの難しさと危機感がです。
財政など国家レベルの問題だけでなく、企業や私たちの日々の意思決定においても将来世代の視点を導入することは大きな課題です。
その手法として、現在、研究が進展しつつあるフューチャー・デザインの考え方を解説していただきました。

|

« 内部監査員監査研修2日目は適合性と有効性の確認(№4896) | トップページ | ブレクジットによる 日本企業への影響とその対応策(№4898) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。