« 高齢社会2030を考える会(№4912) | トップページ | サイバー防衛、民主主義の土台(№4914) »

2019年2月 2日 (土)

IoT機器防御を義務化 サイバー攻撃、入り口封じ(№4913)

IoT機器防御を義務化 サイバー攻撃、入り口封じ
障害拡大リスクに対策
日本経済新聞2月1日によると
▼総務省はあらゆるモノがネットにつながる「IoT」の普及を踏まえ、端末機器に不正アクセスを防ぐ機能を設けることを義務付ける。2020年4月から適用する。▼IoTでは無数の機器がネットにつながり、大規模な障害を生む不正アクセスの入り口になりかねない。ネットを通じて連鎖するサイバー攻撃のリスクは飛躍的に増しており、対策を徹底する。
▼電気通信事業法に基づいて端末機器の技術基準を定める省令を改正し、IoT向けのセキュリティー対策を盛り込む。▼不特定多数からのアクセスを遮断する制御機能と、IDやパスワードの初期設定の変更を促す機能、ソフトウエアを常に更新する機能を求める。基準を満たすと認定される機器だけが販売できる。IoTでは街角の防犯カメラや家庭の家電など膨大な機器がインターネットでつながる。
▼どれか1台でも乗っ取られればウイルスが拡散し、電力や交通機関などのインフラに影響を与える恐れがある。パソコンやスマートフォンなど特定の機器がネットにつながる現状よりも、対策を一段と強めなければならない。
▼総務省が対策を義務付ける対象はネットにつながる防犯カメラやDVDレコーダー、ルーターなどだ。防犯カメラなどはパソコンと違って普段は人が操作しないため、ウイルスに感染しても気づきにくい。
▼不正アクセスを受けて障害が起きた場合に、すぐに把握して対応するためのルールも設ける。「3万人の利用者に12時間以上」もしくは「100万人に2時間以上」の障害があった場合、IoTサービスを展開する通信事業者に「重大事故」として総務省に報告させる。従わない場合は行政指導などをする。電気通信事業法の施行規則を今春に改正する。

|

« 高齢社会2030を考える会(№4912) | トップページ | サイバー防衛、民主主義の土台(№4914) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高齢社会2030を考える会(№4912) | トップページ | サイバー防衛、民主主義の土台(№4914) »