« 上本町SDGs大学 第1回「SDGs×働く」(№4946) | トップページ | 武藤山治と帝人事件(№4948) »

2019年3月 8日 (金)

「五感によるまちづくり」講演会と語りべシアター(№4947)

近畿再起動に向けたメッセージ
「五感によるまちづくり」講演会と語りべシアター
日時: 2019年3月8日(金)18.20~20.30
会場: アーバネクス備後町ビル3Fホール
プログラム:
●特別講演:「五感によるまちづくり
        ――近畿再起動のために、今なにができるのか」
        大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所所長 
        池永寛明氏

●語りと映像と音楽による語りべシアター
「曽根崎心中考」「梅田は西からやってきた―ターミナル開発物語」
 出演:栗本智代氏(大阪ガス エネルギー・文化研究所)
   宮川真由美氏(ピアノ)、西村恵一氏(ヴァイオリン)、
   池田安友子氏(パーカッション)
■「ルネッセ―私たちの生活基盤「都市」にある本質を過去より掘り起こし、現代・未来へつないでいく」を提唱する、大阪ガスエネルギー・文化研究所所長池永寛明が、近畿を再起動させる鍵となる「五感」を中心に、大阪が発展するための真髄は何かを語ります。
■また、地域への愛着心を育て、まちにとっての「物語」の意味、本質と可能性を再認識していただきたいとの思いをこめ続けてまいりました「語りと映像と音楽による“語りべシアター”」より、梅田を舞台にした物語です。

|

« 上本町SDGs大学 第1回「SDGs×働く」(№4946) | トップページ | 武藤山治と帝人事件(№4948) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。