« 木村蒹葭堂のサロン(№4999) | トップページ | 「令和」幕開け(№5001) »

2019年4月30日 (火)

平成終幕、天皇陛下、きょう退位(№5000)

30日午前10時すぎ、天皇陛下の退位の儀式が始まった。
午前に皇居・宮中三殿で皇室の祖先、歴代天皇などに退位礼の挙行を報告する宮中祭祀(さいし)が行われ、午後5時からの「退位礼正殿の儀」では国民に向けて在位中最後のお言葉を述べられた。
▼「今日をもち、天皇としての務めを終えることになりました。ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、深く謝意を表します。即位から30年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。明日から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」。
▼憲政史上初となったこの儀式には、三権の長や地方自治体の代表ら約300人が出席した。▼天皇陛下のお言葉に先立ち、安倍首相が国民を代表し「いかなる時も国民と苦楽を共にされた天皇陛下のみ心に思いを致し、深い敬愛と感謝の念をいま一度新たにする次第です」とあいさつした。▼天皇、皇后としての公務は、退位礼正殿の儀で終わった。▼その後も夜にかけて儀式とは別に関係者からのあいさつを受ける行事が続き、すべて終わったのは午後7時すぎだった。▼30日で30年余にわたった平成の時代が終わり、日付が5月1日に変わるのと同時に令和が始まる。
▼風薫る新緑の季節だ。が、大みそかを迎えたような心持ちである。新年を待つように、人々は心穏やかに平成最後の日を迎えたのではないか。日めくりカレンダーを一枚やぶれば、元号が改まる。日本経済新聞30日、1日より。

|

« 木村蒹葭堂のサロン(№4999) | トップページ | 「令和」幕開け(№5001) »