« ものづくり現場でのIoT利活用の実態とは(№5020) | トップページ | 事業承継におけるスキル継承(№5022) »

2019年5月21日 (火)

災害はチームメンバーの思いやりで激減できる(№5021)

21日(火)14.00~IBMの「2020年までに間に合うセキュリティー対策セミナー~サイバー攻撃の劇的な変化に対応するには~」。
資料だけいただきました。
そして、bsi 「ISO 45001 概要説明 無料セミナー」を14.00~16.30受講しました
1)DuPontブラッドリーカーブ、災害はチームメンバーの思いやりで激減できる。
2)7600の数字の意味
3)不安全行為は、マネジメントの欠陥の結果である。
4)デユポンの安全10則
5)OHSMの狙いと意図した成果
  働く人の労働に関係する負傷及び疾病を防止すること、
  及び安全で健康的な職場を提供することである。
 「安全で健康的な職場」がISO45001の考え方。
6)「6.1リスク及び機会への取り組み」をよく理解すること
7)5.4の協議と参加の違い
8)6.1.2.1危険源の特定、もれがないように。
9)8.1.2危険源の除去、
  e)からではなくa)の除去から実施すること
10)10.2インシデント、不適合及び是正処置
 インシデント、不適合発生時はC)評価をレビューすること。

 

▼図書館で安宅和人さんの図書を借りました。
▼21日の歩数は19833歩、階段690歩でした。

|

« ものづくり現場でのIoT利活用の実態とは(№5020) | トップページ | 事業承継におけるスキル継承(№5022) »