« 脱炭素時代に生き残る会社(№5013) | トップページ | C2CXデジタルが生み出す新しい経済圏(№5015) »

2019年5月14日 (火)

危機時にあるべきリーダーとは(№5014)

5月14日(火)
午前は介護保険の説明を受け、新たに介護保険・がん保険を契約しました。
18.00~19.30「危機の時代」へ
▼日時:5月14日(火)18.00~19.30
▼会場:関西大・梅田キャンパス
▼演題:「危機時にあるべきリーダーとは」
▼講師:関西大学社会安全学部教授・永松伸吾氏
▼1)危機を危機だと判断するのが最も重要で難しい。
  どの時点からが危機なのかをきちんと判断しなければいけない。
 2)危機とは何か?
  危機とは、その組織の存在意義が脅かされることすべてを指す。
 3)危機を見誤らないために必要なものとは
   自分たちの組織のミッションを明確に持つ、そして、それを組織構成員全体が共有している。
2019051495

|

« 脱炭素時代に生き残る会社(№5013) | トップページ | C2CXデジタルが生み出す新しい経済圏(№5015) »