« 大阪夏の到来をつげる生國魂祭(№5072) | トップページ | SUP世界大会アジア初上陸!!(№5074) »

2019年7月13日 (土)

空から古墳群を眺める(№5073)

 舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群の世界文化遺産登録を記念し、ヘリコプターで上空から古墳群を見学する遊覧飛行イベントが13~15日、堺市で開催されている。東京の一般社団法人「S.I.Net(エスアイネット)会」が主催し、岡山市の匠航空がヘリを運航する。堺区匠町の「海とのふれあい広場」を発着場に、百舌鳥古墳群上空までの片道約7キロを約6分間5000円。また、来春には大仙公園から上空100m程度まで気球を上げ、古墳全体を見渡せるようにする。一度に20~30人乗れるヘリウムガスを使った気球で、1人当たり2000円~3000円で利用できるよう検討中。
クフ王のピラミッド(エジプト)や始皇帝陵(中国)と並び世界三大墳墓の一つに数えられる仁徳天皇陵古墳は、地上では森のように見えるだけ。地上80メートルの堺市役所の展望ロビーからでも「これしか見えんのか」とがっかりする人が多く、古墳の特徴である鍵穴の形を見るには、あべのハルカス展望台並みの300メートルの高さが必要ですね。そこで、ヘリコプターや熱気球の登場です。

 

■関連WEB:S.I.Net(エスアイネット)会NEWS

■関連WEB:空から古墳を見てみよう(まりこふん、仁徳天皇陵に会うの巻)

■関連WEB:遊覧コース・第一航空 

■関連Web:カッパドキア気球ツアー

 

 

|

« 大阪夏の到来をつげる生國魂祭(№5072) | トップページ | SUP世界大会アジア初上陸!!(№5074) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪夏の到来をつげる生國魂祭(№5072) | トップページ | SUP世界大会アジア初上陸!!(№5074) »