« SDGsと環境保全型農業(№5078) | トップページ | アディポネクチン(№5080) »

2019年7月19日 (金)

BCP対策で災害時の燃料供給サービス(№5079)

BCP対策として自社で燃料確保を行い、災害に備える企業が増えています。
・緊急時用の非常用発電機の燃料として、平時より石油製品の配送ができるタンクローリー・ドラム缶の整備が必要。
・緊急時を考慮して、平時より少量から石油燃料の保管が必要。
・大規模石油タンクは沿岸部に多く、災害リスクが高く内陸部での燃料保管が安全。
■関連WEB:BCP対策で災害時の燃料供給サービス ■関連WEB:「どこでもスタンドⅡ
■関連WEB:平野石油㈱のエネルギーソリューション ■関連WEB:一般社団法人全国BCP協議会

 

|

« SDGsと環境保全型農業(№5078) | トップページ | アディポネクチン(№5080) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SDGsと環境保全型農業(№5078) | トップページ | アディポネクチン(№5080) »