« ボルスターを使ったゆっくりヨガ(№5103) | トップページ | 「セレンディピティからイノベーション・マネジメントへ」(№5105) »

2019年8月13日 (火)

幸せな職場の経営学(№5104)

日経ビジネス2019.08.12号の特集は
「見直せ、学歴分断社会
 先進企業は動いている」
▼PART1.一極集中、少子化の根本原因?
 日本にもある、見えない分断線--P.26
▼PART2.「大学出れば幸福」の神話崩壊
 アルコール依存、貧困化
 さまよえる大卒者--------------P.30
▼PART3.幸福度、低くない
 見直される
 非大卒型人生モデル------------P.34
▼PART4.人材不足解消への一歩
 学歴・経歴不問が社会を変える--P.38
▼地方人材生かす「超多様性企業」個人がより幸福になるため、企業がより発展するため、国が活力を取り戻すためにも、日本は「新しい学歴・経歴との向き合い方」を模索すべき時期にきている。P.41
■4~6月営業減益
 パナ、狂う稼ぎ頭の目算--------P.12
■幸せな職場の経営学
「働きたくてたまらないチーム」の作り方
著者が、人が幸せになるために必要な「4つの因子」を明らかにし、それを職場で高めるころにお重要性を説く。
「4つの因子」
1)「やってみよう!」(自己実現と成長の因子)
2)「ありがとう!」(つながりと感謝の因子)
3)「なんとかなる!」(前向きと楽観の因子)
4)「ありのままに!」(独立と自分らしさの因子)20190813

|

« ボルスターを使ったゆっくりヨガ(№5103) | トップページ | 「セレンディピティからイノベーション・マネジメントへ」(№5105) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボルスターを使ったゆっくりヨガ(№5103) | トップページ | 「セレンディピティからイノベーション・マネジメントへ」(№5105) »