« 自然エネルギー普及と電力システム改革(№5112) | トップページ | 「中小企業もSDGs~取り組もう、みんなで!~」(№5114) »

2019年8月22日 (木)

健康経営とは(№5113)

「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。
 経済産業省では、健康経営に係る各種顕彰制度として、平成26年度から「健康経営銘柄」の選定を行っており、平成28年度には「健康経営優良法人認定制度」を創設しました。優良な健康経営に取り組む法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業」として社会的に評価を受けることができる環境を整備しています。
■関連WEB:「健康経営」とは
1)経済産業省における健康経営推進政策「健康経営優良法人認定制度」
2)近畿地域の各府県における企業の健康づくり支援制度
京都府:「京都健康づくり実践企業」
3)健保各支部における健康宣言事業へ
 京都支部:「京から取り組む健康事業所宣言」

 

 

|

« 自然エネルギー普及と電力システム改革(№5112) | トップページ | 「中小企業もSDGs~取り組もう、みんなで!~」(№5114) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自然エネルギー普及と電力システム改革(№5112) | トップページ | 「中小企業もSDGs~取り組もう、みんなで!~」(№5114) »