« 日韓軍事協定破棄(№5115) | トップページ | SmartRobot(№5117) »

2019年8月25日 (日)

「看取り」クライシス(№5116)

Wedge9月号の特集は「看取り」クライシス 多死社会が待ち受ける現実です。
■「多死社会」が到来する日本。国民の7割は自宅や介護施設での最期を望むが、現実は2割にとどまる。今後は医師や介護人材の不足で、看取りさえできないケースも出てきそうだ。そんな危機的状況を見据え、医療インフラを守り、最期まで暮らせる地域づくりに取り組む人はいる。「死」をタブーにしてきた日本社会は、迫り来る「多死」にどう備え、向き合えば良いのか。
■主な目次です。
PART 1
「終末期」の理想と現実 ギャップは埋められるか
PART 2
医師不足で揺らぐ「終の棲家」 地域医療の切り札「総合医」は育つか
PART 3
今後急増する高齢者の孤独死 防ぐための手だてはあるのか
PART 4
高齢者を看取る外国人たち 人材難の介護業界に必要な整備とは
PART 5
山折哲雄氏インタビュー
「死はいつからタブーになったのか?」
90歳を過ぎたら”死の規制緩和”を
■ WEDGE_OPINION .1
世界通貨を目指す「リブラ」構想の限界
岩下直行(京都大学公共政策大学院教授)
■ WEDGE_REPORT.1
参入相次ぐ信用スコア 利便性の先に潜む「落とし穴」
高口康太(ジャーナリスト)
■INTERVIEW
信用スコアの健全な発展に必要な「弱者排除」の規制
大屋雄裕(慶應義塾大学法学部教授)
■WEDGE_REPORT.2
気候変動で高まる経済リスク 圧力増す「TCFD」の正体
木村正人(ジャーナリスト)
【新連載】道半ばの社会保障改革 by 土居丈朗
政府が開示すべき老後に必要な医療・介護費用
Global Economy by 安井明彦
米国経済脅かすトランプ再選戦略 有権者の主役は「ミレニアル世代」へ
国防の盲点 by 勝股秀通
ホルムズ海峡で試される日本の覚悟と知恵
中国 覇権への躓き by 福田 円
台湾総統選に波及した二つの誤算
【新連載】五輪を彩るテクノロジー by 黒井克行
気象情報を戦術に活用
戦国武将のマネー術 by 橋場日月
傍流から出世できた加藤清正の転機
VALUE MAKER by 磯山友幸
”ハラールお好み焼き”が生む付加価値とは20190825

|

« 日韓軍事協定破棄(№5115) | トップページ | SmartRobot(№5117) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日韓軍事協定破棄(№5115) | トップページ | SmartRobot(№5117) »