« 日本小集団協会の例会(№5130) | トップページ | ファーウェイ、最強経営の真実(№5132) »

2019年9月 9日 (月)

「看取り」クライシス(№5131)

Wedge9月号の特集は「看取り」クライシス、「信用スコア」の落とし穴です。
■「多死社会」が到来する日本。国民の7割は自宅や介護施設での最期を望むが、現実は2割にとどまる。今後は医師や介護人材の不足で、看取りさえできないケースも出てきそうだ。そんな危機的状況を見据え、医療インフラを守り、最期まで暮らせる地域づくりに取り組む人はいる。
「死」をタブーにしてきた日本社会は、迫り来る「多死」にどう備え、向き合えば良いのか。
■ヤフー、LINE、みずほ銀が参入
信用スコア成否のカギはサービスの信用性
■通貨は国境を超えられない
世界通貨を目指す「リブラ」構想の限界
■日本企業は「優等生」か?
気候変動で高まる経済リスク
圧力増す「TCFD」の正体
■昨日の資料を欠席されたおひとり、JR塚本駅近くの職場にお届けしました。
■関連WEB:阪神葬祭 ■関連WEB:Wedgeバックナンバー201909092019090962019090943

 

|

« 日本小集団協会の例会(№5130) | トップページ | ファーウェイ、最強経営の真実(№5132) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本小集団協会の例会(№5130) | トップページ | ファーウェイ、最強経営の真実(№5132) »