« キャッシュレス決済(№5175) | トップページ | 経営者自らの意識改革が最優先だ(№5177) »

2019年10月24日 (木)

「内部監査が変わらなきゃ!」(№5176)

アイソス 2019年11月号(264号 2019年10月10日発売)

特集 「内部監査が変わらなきゃ!」

ISO 9001/14001の2015年版発行から4年、移行期間終了から1年が過ぎようとしている。2015年改訂の意図を正しく理解し、経営に資する仕組みとして運用していくためには、内部監査を有効活用しなければならないが、それが十分できていない組織が多いようである。
■本特集では「内部監査が変わらなきゃ!」のテーマのもと、
▼コンサルタント側として三戸部徹氏には規格が求める内部監査の適用について、
▼組織側として樋口哲郎氏には日常業務としての内部監査の有効性について、
▼審査側として黒田良弥氏には内部監査員育成のためのリフレッシュ講座について

▼Part 1
規格が求める内部監査の適用を考える
事業プロセスとの統合を目指して
執筆/アイエスオー・ミトベ事務所 代表 三戸部 徹

▼Part 2
日常業務としての内部監査の有効性
内部監査機能が持続的発展の鍵
執筆/株式会社トーホー 前代表取締役社長 樋口 哲郎

▼Part 3
「内部監査員育成のためのリフレッシュ講座」のご紹介
内部監査の有効活用に向けて
執筆/QMS・EMS・OHSMS・AMS主任審査員 黒田 良弥

■「内部監査員育成のためのリフレッシュ講座」のご紹介での資料
・はじめに
 資料①テキスト「内部監査員養成講座」の目次
 資料②内部監査員研修員研修計画
・1)JISQ19011の理解
・2)内部監査員研修へのニーズや期待
・3)内部監査員育成研修会のすすめ方
   (資料②参照)
 資料③監査の種類と目的
 資料④内部監査は誰のために実施するのか
 資料⑤内部監査に対する規格要求
 資料⑥内部監査に対する規格要求
 資料⑦内部監査に対する規格要求
 資料⑧記録はだれがとればよいのか
 資料⑨チェックリストを作成する
 資料⑩内部監査チェックリスト(研修用)
 参考資料 実践的内部監査プログラム20191010

|

« キャッシュレス決済(№5175) | トップページ | 経営者自らの意識改革が最優先だ(№5177) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャッシュレス決済(№5175) | トップページ | 経営者自らの意識改革が最優先だ(№5177) »