« 遠慮なく言える雰囲気づくり(№5166) | トップページ | 中小企業とSDGs~中小企業での活用方法は~(№5168) »

2019年10月15日 (火)

「凄い生産性アップ」(№5167)

日経ビジネス2018.9.17の特集で
「凄い生産性アップ」
人を動かす科学と技術。
■日本企業の生産性が上がらない。
最新の労働生産性は46年間、主要7カ国(G7)中で再開を記録。
働き方改革の一環として始まったプレミアムフライデイは定着
せず、有給休暇消化率から残業時間まで生産性を示す多くの
指標は改善の兆しを見せない。日本企業が本気で労働効率の
向上を図るなら,従来の延長上にあるありきたりな効率化や,
やる気アップ法で不十分だ。
AIの発達や心理学,脳科学の知見から見えてきた、社員のやる
気がいやでも沸く「凄い方法」を取材した。P.22より
■生産性に効くと思われる13の技
1)社員のネガティブ感情分析、(ラボラティック,P28)
2)たった3問のストレスチェック、(サイバーエージェント、P29)
3)AIが仕事の効率化を提案、 (米マイクロソフト、P30)
4)「顔色」の変化からストレス判定、(パナソニック、P31)
5)笑顔を自己診断するシステム、(イー・カムトゥルー、P31)
6)座布団で疲労を検知する、(住友理工、P32)
7)企業風土に合う人材を抽出、(ソフトバンク、P32)
8)科学的に最適な人材配置、(エン・ジャパン、P32)
9)猛暑日だったら在宅勤務、(インフォテリア、P34)
10)「眠くならないオフイス」づくり、(NEC・ダイキン工業、P35)
11)NASAも認めた昼寝法, (GMOインターネットグループ、P35)
12)体内時計考慮の完全フレックス制、(IT企業の開発部門、P36)
13)植物の最適配置でストレス削減、
 (パソナ・パナソニックビジネスサービス、P36)
日経ビジネス2018.9.17号、P29より

 

|

« 遠慮なく言える雰囲気づくり(№5166) | トップページ | 中小企業とSDGs~中小企業での活用方法は~(№5168) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遠慮なく言える雰囲気づくり(№5166) | トップページ | 中小企業とSDGs~中小企業での活用方法は~(№5168) »