« 日本の再成長に必要な3つの視点(№5160) | トップページ | ISO改訂セミナー(№5162) »

2019年10月 9日 (水)

大阪の食と農のあり方を考える(№5161)

10月09日(水)13.00~17.00は京都市内の企業で、ISO45001:2018の構築支援。▼18.30~20.00は関西大学梅田キャンパスで『大阪の食と農のあり方を考える』の講義を受講。▼帰宅したら、ノーベル化学賞、旭化成の吉野彰名誉フェロー(71)、米大2教授に授与すると発表したとの嬉しいニュース。スマートフォンや電気自動車に搭載載するリチウムイオン電池の開発で主導的な役割を果たした。

■公開講座
関西大学おおさか文化セミナー(後期)

総合テーマ:「おおさか探究」
日  時:10月09日(水)18.30~20.00
場 所:関西大学梅田キャンパス 8階ホール
テーマ:『大阪の食と農のあり方を考える』
講 師:経済学部教授 樫原 正澄氏

■関連WEB:大阪府の農林水産業

■関連WEB:大阪の農業の現状(JA大阪中央会) 2019100936 2019100935

 

|

« 日本の再成長に必要な3つの視点(№5160) | トップページ | ISO改訂セミナー(№5162) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本の再成長に必要な3つの視点(№5160) | トップページ | ISO改訂セミナー(№5162) »