« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月30日 (土)

『ヨーロッパ中世の歌声』

「クリスマスコンサート」
 『ヨーロッパ中世の歌声』 ~キャロル 時代、国を超えて~
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆
日 時   11月30日(土) 14:00 開演 (13:30 開場)
場 所   佐保会館 2階ホール(登録有形文化財、 奈良女子大学内 正門右手奥)
参加費   2,000円 (学生無料)
定 員   100名
出 演  松井智惠 & LA 萠 DIE
     西村由紀子(キーボード・シター) 山﨑尚代(キーボード)
曲 目  めでたし聖なる御母よ(グレゴリオ聖歌)
     ラシーヌ讃歌 (G.フォーレ)
      天使ガブリエルの御告げ  (バスクのキャロル)
     アヴェ・マリア (C.F.グノー)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆
松井智惠
 自然な発声から生まれるその透明な歌声から、国内外で 高い評価を受け、特にイギリス・フランスでは“妖精の歌声”と称賛されている。毎年のフランス演奏旅行では、世界遺産の「ヴェズレー大聖堂」をはじめ各地の教会や古城、フェスティバル等で演奏している。 大阪出身。神戸女学院大学音楽学部非常勤講師、 関西二期会正会員。ダンスリー・ルネサンス合奏団所属。

LA 萠 DIE
 松井智惠により結成されたコーラスグループ。ヨーロッパの中世・ルネサンスの古楽から現代まで幅広い楽曲を、自然な発声により人の心を優しく柔らかく包み込むような温かいハーモニーを奏でる声のアンサンブル。 1992年より毎年、クリスマスコンサートを高槻カトリック教会他で 催し、多くのファンを集めている。また、古楽アンサンブルのダンスリー・ルネサンス合奏団や、聲明の浄土宗・七声会との共演、絵本作家・葉祥明氏とのコラボ公演等も行い、邦楽との共演では宮城道雄作品の初演演奏も行った。2010年には比叡山根本中堂での法然上人800年御遠忌にてグレゴリオ聖歌を奉納。法然院の東日本大震災チャリティー悲願会にも度々参加している。
________________________________________
主 催  一般社団法人佐保会(奈良女子高等師範学校・奈良女子大学同窓会)
後 援  奈良女子大学
______________________________________

※ 平成19年佐保会館がリニューアルされてから毎年開催されているクリスマスコンサート
今年は13回目になります。
少し早いクリスマスをお楽しみください。
本日のコンサートのポスター

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

米中貿易摩擦、関西経済の現状と展望

11月29日(金)
8時15分から眼科へ、視力・眼底検査と診察
14時30分から講演会へ。

日時:11月29日(金)14.30~17.15
会場:大阪商工会議所 4階 401号会議室
【講 演 会】
14:30~14:40
主催者代表挨拶     
(一社)全国中小貿易業連盟 理事長 伊藤 紀忠 氏

◆講演1
14:40~15:50
日本貿易振興機構(ジェトロ)
    米州課長  藤井 麻里 氏
「米中貿易摩擦とビジネスへの影響」

◆講演2
16:00~17:15
日本銀行理事
    大阪支店長 山田 泰弘 氏
「関西経済の現状と展望」

 

| | コメント (0)

2019年11月28日 (木)

サステイナブル経営診断2020

■------------------------------------------------------
サステイナブル経営診断2020「評価・診断システム」に
  関する企業説明会に参加しました
------------------------------------------------------■
(1)日 時 :11月28日(木) 10:00~12:00
(2)会 場 :大阪ドーンセンター (
内 容
「サステイナブル経営評価・診断2020」~社会及び企業・組織
の持続的発展を目指して~
の狙い、実施方法、活動スケジュール、費用および参加方法

■中堅企業向けに大胆に簡素化した経営評価・診断システム
(第1部)、及び真の企業価値創造のためのイノ―ベ―ションの
継続的創出のための論点(第2部)を織り込んだ「経営評価・
診断2020」を作成したので、企業説明会がありました。

▼第1部では、大規模な産業構造の変化に直面して様々なガバナ
ンス・環境・社会課題に取り組む企業(特に中堅企業)の持
続可能性にとって必須の項目に絞り込んだ経営評価システムを
提示しています。

▼第2部では、AI、IoT、シエアリングエコノミーなど、
経済の仕組みを変えるような大きな変化に対応した中長期の
経営戦略構築に向けた「論点」を提示し、経営層とのダイア
ログによって、より具体的な経営課題へと昇華させたいと考
えています。
2019112834201911283520191128372019112843

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

時代のトレンドを読み解く方法

眼帯を外していただき検査も異常なく11.00退院。
12.30大阪市立中央図書館へ
13.30ビジネスチャンス発掘フェア
   ビジネスセミナーへ

 

時 間:11月27日(水)13.30~15.00
会 場:マイドームおおさか3階
テーマ:時代のトレンドを読み解く方法
    ~新たなマーケットを切り拓くには~
講 師: 牛窪 恵氏
    有限会社インフィニティ代表取締役
    現代・トレンド評論家
    マーケティングライター
20191127322019112731

 

| | コメント (0)

2019年11月26日 (火)

白内障手術、無事終わる

白内障手術、無事終わる。
08.40~09.40点滴(ベッドで休む)
09.40--10.20手術(3階処置室)、痛みは全くなし。無事終わる。
10.20--11.25安静(ベッドで休む)
12.00--12.30昼食
12.30--15.30安静(ベッドで休む)
15.30--18.00ラジオを聴く(ベッドで休む)
18.00--18.30夕食
19.00--24.00ベッドでラジオを聴く(ベッドで休む)2019112423  

 

| | コメント (0)

2019年11月25日 (月)

眼科へ入院

25日(月)朝10時、26日の白内障の手術に備え、検査のため、早く入院しました。
20191124222019112423

| | コメント (0)

2019年11月24日 (日)

限界費用ゼロ社会 -<モノのインターネット>と共有型経済の台頭-

限界費用ゼロ社会 -<モノのインターネット>と共有型経済の台頭-
ジェレミー・リフキン/著∥NHK出版∥2015.10∥

内容紹介
テクノロジーの進化が経済と社会を根底から変える! 世界的な文明評論家が、3Dプリンターや大規模オンライン講座MOOCなどの事例をもとに、デジタル革命の真のインパクトを読み解く。日本版向けの「特別章」付き。

要旨
いま、経済パラダイムの大転換が進行しつつある。その原動力になっているのがIoT(モノのインターネット)だ。IoTはコミュニケーション、エネルギー、輸送の“インテリジェント・インフラ"を形成し、効率性や生産性を極限まで高める。それによりモノやサービスを1つ追加で生み出すコスト(限界費用)は限りなくゼロに近づき、将来モノやサービスは無料になり、企業の利益は消失して、資本主義は衰退を免れないという。代わりに台頭してくるのが、共有型経済だ。人々が協働でモノやサービスを生産し、共有し、管理する新しい社会が21世紀に実現する。世界的な文明評論家が、3Dプリンターや大規模オンライン講座MOOCなどの事例をもとにこの大変革のメカニズムを説き、確かな未来展望を描く。21世紀の経済と社会の潮流がわかる、大注目の書!

内容
▼第1章:市場資本主義から協働型コモンズへの一大パラダイムシフト;
第1部
▼第2章:資本主義の語られざる歴史(ヨーロッパにおける囲い込みと市場経済の誕生;
▼第3章:資本主義と垂直統合の蜜月;
▼第4章:資本主義のレンズを通して眺めた人間の本性)
第2部
▼第5章:限界費用がほぼゼロの社会(極限生産性とモノのインターネットと無料のエネルギー;
▼第6章:3Dプリンティング-大量生産から大衆による生産へ;
▼第7章:MOOCと限界費用ゼロ教育;
▼第8章:最後の労働者;
▼第9章:生産消費者の台頭とスマート経済の構築);
第3部  協働型コモンズの台頭
▼第10章:コモンズの喜劇;
▼第11章:協働主義者は闘いに備える;
▼第12章:インテリジェント・インフラの規定と支配をめぐる争い);
第4部 社会関係資本と共有型経済
▼第13章:所有からアクセスへの転換;
▼第14章:社会関係資本のクラウドファンディング、民主化する通貨、
     人間味ある起業家精神、労働の再考)
第5部 潤沢さの経済
▼第15章:持続可能な「豊穣の角」;
▼第16章:生物圏のライフスタイル)
▼特別章:岐路に立つ日本
20191123_20191204071501

 

 

| | コメント (0)

2019年11月23日 (土)

2019年度秋季研究報告大会(in 大阪)(№5205)

11/23午後、2019年度秋季研究報告大会(in 大阪)に参加しました。

1.日 時:11月23日(土・祝)12:30~17:35
2.会 場:大阪産業大学梅田サテライトキャンパス大阪駅前第3ビル
【大会テーマ】:「今、環境経営に必要な対応」
【プログラム】
総合司会:花田 眞理子(大阪産業大学・大学院教授、
              環境経営学会副会長)
(1)開会挨拶:村井 秀樹(日本大学商学部教授、
              環境経営学会副会長)
(2)個別研究発表(12:35~13:05)
   発表者 千賀 喜史
   「ESG活動におけるKPIと管理システムの組み合わせに関する研究」
(3)基調講演(13:05~14:35)
     講 師:岡本 享二氏
       (環境経営学会副会長、首都大学東京MBA客員教授、
               ICU非常勤講師)
   テーマ:「環境経営はリアクティブからプロアクティブ対応へ」
     討 論(14:35~15:25
(4)休 憩 (15:25~15:40)
(5)シンポジウム(15:40~17:30)
司 会:花田 眞理子氏
テーマ:「つくる責任、つかう責任 ~消費を変えるSDGsと企業の動向~」
講 師:1)松井 清武氏 (生活協同組合コープこうべ 環境推進)   
    2)古池 眞人氏 (平和堂 総務部CSR推進室)  
 3)立山 裕二氏(おおさかATCグリーンエコプラザ環境アドバイザー) 
質疑応答(17:10~17:30)
(6)閉会挨拶 (17:30) 井上 尚之氏
         神戸山手大学教授・関西学院大学・甲南大学
             兼任講師、環境経営学会理事)
■基調講演として、特に経営戦略論においてこれらを利用したシェアリングビジネスやサブスクリプションビジネスに造詣が深い環境経営学会副会長の岡本享二先生がこの分野の先進的な取組を講演されました。

20191123002019112302201911231620191123

 

 

| | コメント (0)

2019年11月22日 (金)

「成功の教科書 熱血! 原田塾のすべて」(№5204)

原田 隆史著「成功の教科書 熱血! 原田塾のすべて」
発行:小学館
【内容情報】(出版社より)
荒れた公立中学校を建て直し、ついには13回もの陸上日本一を成し遂げた伝説の「カリスマ体育教師」「生活指導の神様」が、子どもたちを夢実現に導いたノウハウと哲学を余すことなく紹介したのが本書です。著者が開発した目標達成の“システム”は、現在ではユニクロはじめ有名企業の人材育成プログラムにもどしどし導入されています。一度身につけたらあらゆる場面で活用できる、効果実証済みの“成功の仕方”です。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
君の人生は成功のためにある。成功の秘訣は自分の人生に向き合うことだ。どのように向き合うか、この本に解答がある。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 成功のための目標設定
    「成功の技術」を支えるのは「心」
         「心のつぼ」に元気を満たす ほか

第2章 成功のための準備と実践
     準備&実践するとは?
     方法を考える=完璧な準備 ほか

第3章 成功のための心づくり
     手入れを怠ると思いは枯れる、目標(夢)は腐る、劣化する
     目標より得られる利益を事前に決めておく ほか

第4章 成功のための日誌
     日誌は究極のスモールステップ
     成功のプロが書くべきは、日記ではなく日誌
     日誌に秘められた5つの効用
2019112241mhmdtfeml_ac_ul115_

 

| | コメント (0)

2019年11月21日 (木)

中小企業とSDGs(№5203)

桑蓬会第397回例会

日 時:11月21日(木)18時30分~20時30分
会 場:エルおおさか 608号室
テーマ:中小企業とSDGs
    ―中小企業での活用方法はー
発表者:松島 清氏
■内容
1)自己紹介
2)SDGsとは?
3)SDGsの生い立ちと現状は?
4)大手企業はなぜSDGsを進めるのか?
5)中小企業がSDGsを進めるには?
6)中小企業の導入方法は?
7)SDGsロゴの生い立ちは?
20191121sdg7720191121sdg8120191121sdg8320191121sdgs8420191121ssds76Cq5damweb12801280_20191122144501

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水)

新型名阪特急「ひのとり」(№5202)

近畿日本鉄道は19日、大阪難波駅と近鉄名古屋駅を結ぶ新型の有料特急「ひのとり」を報道陣に公開した。全席座席指定で来年3月14日に運行を始める。プレミアムとレギュラーの2種類の車両を用意し、国内で初めて全座席に後部座席にはみ出さず気兼ねなくリクライニングできる「バックシェル」を設置する。車内の居住性の高さを売り物に需要を取り込む。日本経済新聞2019.11.19夕刊より
■関連【動画】報道陣に公開された近鉄の新型名阪特急「ひのとり」朝日新聞=金居達朗撮影

| | コメント (0)

2019年11月19日 (火)

サステイナブル経営診断2020「評価・診断システム」に   関する企業説明会の開催(№5201)

環境経営学会の下記行事に参加します。

■-------------------------------------------------------------------
2. サステイナブル経営診断2020「評価・診断システム」に
  関する企業説明会の開催
-------------------------------------------------------------------■
中堅企業向けに大胆に簡素化した経営評価・診断システム
(第1部)、及び真の企業価値創造のためのイノ―ベ―ションの
継続的創出のための論点(第2部)を織り込んだ「経営評価・
診断2020」を作成したので、企業説明会を開催します。
第1部では、大規模な産業構造の変化に直面して様々なガバナ
ンス・環境・社会課題に取り組む企業(特に中堅企業)の持
続可能性にとって必須の項目に絞り込んだ経営評価システムを
提示します。第2部では、AI、IoT、シエアリングエコノ
ミーなど、経済の仕組みを変えるような大きな変化に対応した、
中長期の経営戦略構築に向けた「論点」を提示し、経営層との
ダイアログによって、より具体的な経営課題へと昇華させたい
と考えます。
企業向けの説明会ですが、企業・組織の経営評価について、学
会の考え方を縷々説明いたします。
興味のある会員各位は、是非ご参加ください。
詳細 ⇒ http://www.smf.gr.jp/data/pdf/ks2020F20191009.pdf
1.開催日時、会場
(東京会場)
(1)日 時 :11月22日(金) 10:00~12:00
(2)会 場 :千代田区立「九段生涯学習館」 (地下鉄 
九段下駅6番出口前)
東京都千代田区九段南1-5-10 Tel.03-3234-2841
(大阪会場)
(1)日 時 :11月28日(木) 10:00~12:00
(2)会 場 :大阪ドーンセンター (京阪または地下鉄谷町
線天満橋駅下車)
大阪市中央区大手前1丁目3番49号 Tel.06-6910-8500

 

2.内 容
「サステイナブル経営評価・診断2020」~社会及び企業・組織
の持続的発展を目指して~
の狙い、実施方法、活動スケジュール、費用および参加方法
(両会場の内容は同一)
3.参加費:無料
4.説明会参加お申込:上記日程のうち、ご都合のよい日をお
選び頂き、お申込みください。
(申込先)  認定特定非営利活動法人 環境経営学会 経営診
断推進委員会
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-4-10-5
⇒ E-mail:smf@smf.gr.jp
FAX:03-6272-6414 TEL:03-6272-6413

 

■-------------------------------------------------------------
3.2019年度秋季研究報告大会(in 大阪)のご参加要領
---------------------------------------------------------------■
Ⅰ 秋季研究報告大会(in大阪)の内容
【大会テーマ】:「今、環境経営に必要な対応」
【開催趣旨】:
最近、AIやIoTに対する環境経営の対応が注目されています。
そこで、今回、基調講演として、特に経営戦略論においてこれ
らを利用したシェアリングビジネスやサブスクリプションビジ
ネスに造詣が深い環境経営学会副会長の岡本享二がこの分野の
先進的な取組を講演します。
また、近年、海洋プラスチックや食品ロスなどの問題がクロー
ズアップされるようになり、廃棄物削減は生産者も消費者も真
剣に取り組まねばならない喫緊の社会課題との認識が広がって
います。
そこで、SDGsの目標 12「つくる責任、つかう責任」の視点から、
企業の取り組みが消費者の行動
シフトに影響を与えるような関西での事例を、担当者に紹介して
いただき、意見交換をするシンポジウムを開催いたします。
司会は同じく副会長の花田眞理子が務めます。
フロアからの積極的な発言をお願いします。

1.日 時:11月23日(土・祝)12:30~17:35
                 (受付開始12:00)
2.会 場:大阪産業大学梅田サテライトキャンパス
3.詳 細・参加申込み:
http://www.smf.gr.jp/data/pdf/syuukitaikai20191123.pdf

 

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

世界を操る政策集団 シンクタンク大研究(№5200)

『ニューズウィーク日本版』2019年11月19日号(11/12発売)

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

Cover Story
政治・経済を動かすブレーンか
「頭でっかちのお飾り」か、
民間政策集団の機能と実力を徹底検証

シンクタンク アメリカを動かす頭脳集団の光と影
■チャート 世界のシンクタンクランキング
図解 米政治の縮図シンクタンクの人脈と金脈
米外交 左右の重鎮が「反戦」研究所?
視点 日本的「知の泉」の知られざる役割と限界
20191119

 

| | コメント (0)

2019年11月17日 (日)

日経ビジネス誌の10月・11月の目次(№5199)

17日(日)10.00~12.30マンション管理組合定時総会でした。

■日経ビジネス誌の10月・11月の目次です。
▼2019.10.14号
トヨタも悩む
新・50代問題 
  もうリストラでは解決できない
▼2019.10.14号
さびつく現場力
 磨けば光る「日本流」
▼2019.10.28号
AI未満人材  
 教育劣化ニッポンの現実
▼2019.11.04号
中国が世界を染める
チャイノベーションvol.2
▼2019.11.11号
変調
サムスンの不安
▼2019.11.18号
誰が得する●●ペイ
キャッシュレスの闇
------------------
▼2019.11.18号
スペシャルリポート
消費者マーケティング
お手本は中国にあり
■今週の歩数
11月10日:10264歩
11月11日:11591
11月12日:12008
11月13日:14063
11月14日:7818
11月15日:13326
11月16日:11045
11月17日:6311

 

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

若年者の地方への定住について(№5198)

令和元年 阪南大学あべのハルカスキャンパス
     公開講座第2回

日 時:11月16日(土)14.00~15.30

会 場:阪南大学あべのハルカスキャンパス

講 師:阪南大学国際観光学部
    准教授  堀内史朗氏 
              
テーマ:「若年者の地方への定住について
       ~地方創生事業の可能性と限界~」

■案内文:東京一極集中が進む中、地方への人口定住・移住が求められています。国が進めてきた地方創生事業は、産学官連携を進めることで、その地域の関係者が協力して若年者の地方における雇用・定住を促進してきました。私たちは、山形県の事業経営者、労働者、大学生に注目して、彼らの地元への関心などについての調査を進めてきました。本講座では、最近行っている大阪市や淡路島の調査結果も合わせ、地方創生事業の可能性と限界について論じます。
20191116482019111646

| | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

高齢社会2030を考える会(№5197)

「高齢社会2030を考える会 第4回」
~“シニアも支える地域”へ…自治体と市民の新たなチャレンジ~

地域で活躍されている行政、NPO、事業者の方々にそれぞれの立場から実践活動についてのお話を伺いました。
日時:11月15日(金)17:30~19:30
会場:梅田グランフロントC棟7F713
   大阪ガス エネルギー・文化研究所
   都市魅力研究室セミナールーム


▼「主婦発想で考える 多世代市民と地元企業の巻き込み方」
   NPO法人 住まいみまもりたい 理事長 吉村悦子様
▼「自治体が考える 市民力を活かした超高齢社会の協働」
   宝塚市 健康福祉部安心ネットワーク推進室
   地域福祉課 課長 守川武広様
▼「超人手不足の介護業界 元気高齢者を支えて側に変える」
   聖隷福祉事業団 宝塚せいれいの里ケアサービス課 
   課長 赤井祐様
▼「“健康・生きがい就労トライアル”実践活動で見えてきたこと」
   エネルギー・文化研究所 研究員 遠座俊明様


■関WEB: NPO法人 住まいみまもりたい
    生活サポート事業・生活サポートセンター
生活サポートとは、高齢者や、日常生活のちょっとしたことができずに困っている人に、地域の住民で講習を受けた「生活サポーター」が低料金で援助する住民参加型のサービスです。 
    
■関WEB:宝塚市 健康福祉部安心ネットワーク推進室 地域福祉課

■関連WEB:宝塚市は、高齢者にやさしいまち(エイジフレンドリーシティ)を目指しています
l
■関連WEB:エイジフレンドリーシティ宝塚行動計画について

■関連WEB:聖隷福祉事業団 宝塚せいれいの里

■関連WEB:「健康・生きがい就労トライアル」説明会 l
■関連WEB:100歳大学

 

■関連WEB:100歳大学 20191115372019111540

 

| | コメント (0)

2019年11月14日 (木)

ヤフーと、LINE(ライン)が経営統合に向けて交渉(№5196)

ソフトバンクグループ傘下のIT大手ヤフーと、無料通信アプリを手がけるLINE(ライン)が経営統合に向けて最終調整に入ったことが13日、分かった。月内の合意を目指し交渉している。ソフトバンクグループはLINEの顧客基盤や技術を活用し、経営基盤を強化するとともに、スマートフォン決済といったサービスの拡充につなげる。実現すれば大型の経営統合となり、IT業界の勢力図が大きく変わる可能性がある。
 ■統合案としては、LINE親会社の韓国IT大手ネイバーとソフトバンクが50%ずつを出資する共同出資会社を設立。共同出資会社がソフトバンク傘下でヤフーを展開するZホールディングス(HD)の筆頭株主になった上で、ZHDがヤフーとLINEをそれぞれ100%子会社とする案を検討している。
 ■共同出資会社への出資比率は同じ50%だが、ソフトバンクが連結子会社とする見通しだ。
■LINEの利用者数は約8千万人で、ヤフーは5千万人に上る。ヤフーは利用者の中心が30代以上で、若年層に人気のLINEの会員基盤を取り込む狙いがある。ZHDの今年3月期の連結売上高は9547億円で、LINEは2071億円(平成30年12月期)。単純合算で楽天を上回り、売上高が国内最大のネット企業が誕生する。
産経2019.11.13より

 

| | コメント (0)

2019年11月13日 (水)

折れない心を育てる自画自賛力(№5195)

「折れない心を育てる自画自賛力」 (メディアファクトリー新書)
原田隆史著

 

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
誰もが「人に認めてもらいたい」と願うものである。だが、その前に自分で自分のことを認めているだろうか?逆境にあっても微笑を絶やさず、やがて成功を手に入れるためには、自分自身を信じる力=自画自賛力の育成が欠かせない!本書で提案する「自画自賛日誌」は、自分を見つめることを習慣化し、着実に自信を増大させる驚異的なメソッドだ。さあ、ヌケヌケと自画自賛しよう。あなたの心は折れなくなる。
【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 自画自賛力は生きる力です/
第1章 伸びる人は自画自賛力をもっている/
第2章 誰でもできる自画自賛力の育て方/
第3章 「自画自賛日誌」で人生を変える/
第4章 心を折らないための自信回復法/
終章 自画自賛力で世界を変える
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
原田隆史(ハラダタカシ)
1960年大阪府生まれ。奈良教育大学卒業後、大阪市内の公立中学校に20年間勤務。保健体育指導、生活指導、陸上競技部の指導に注力し、問題を抱えた教育現場と地域を再生させた。大阪市立松虫中学校では、独自の指導法により陸上競技で13回の日本一を輩出。2008年、原田教育研究所を設立。学校、企業、家庭、スポーツなど多くの分野で成果をあげ「生活指導の神様、カリスマ教師」と呼ばれている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)20191113

 

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

Sakino Asai Violin Recital 心に響くヴァイオリン名曲集(№5194)

11月 12日 (火)はヴァイオリン名曲を楽しみました。

毎日新聞特別企画
平成30年度咲くやこの花賞受賞記念
「Sakino Asai Violin Recital 心に響くヴァイオリン名曲集」

日時:2019年11月12日(火)19:00開演

会場:大阪市中央公会堂 中集会室

■曲目:
A.ヴィヴァルディ:歌劇「オリンピアーデ」序曲
J.パッヘルベル:カノン ニ長調
J.S.バッハ:G線上のアリア
A.ヴィヴァルディ:「四季」より「秋」「冬」
F.クライスラー:「中国の太鼓」「美しきロスマリン」
O.レスピーギ:
リュートのための古風な舞曲とアリア 第3組曲 より
 シチリアーナ
E.エルガー:愛の挨拶
G.ディニク:ひばり
J.マスネ:タイスの瞑想曲
P.サラサーテ:チゴイネルワイゼン

■出演:
お話:延原武春
ヴァイオリン:浅井咲乃
テレマン室内オーケストラ

■関連WEB:日本テレマン協会

 

| | コメント (0)

2019年11月11日 (月)

ドラッカー5つの質問(№5194)

「ドラッカー5つの質問」 – 2017/12/16
山下 淳一郎 (著)

■成功を収める企業とそうでない企業はどこが違うか。
何のための事業なのかを問いただし、誰をお客様とすべきかを明らかにし、お客様にお応えするために何をやるべきかをはっきりさせ、お客様に起こる良い結果に向けて方向づけし、事業の存続と繁栄に関わる重要なことに注意を向けさせてくれる「5つの質問」は主語がすべて「われわれ」。経営チームで取り組んでこそ効果がある。

■「われわれの事業は何か」を問うとは、
わが社の事業はどうあるべきかを徹底的に考え抜き、わが社のあるべき姿を明らかにする、ということだ。経営者のそんな仕事の助けとなってくれるのが、「ドラッカー5つの質問」である。

■それは、経営者が「考えるべきこと」「決めるべきこと」
「行うべきこと」が、
問いかけの形でまとめられているものだ。
その中身は次のとおりだ。

■第1の質問 われわれのミッションは何か
第2の質問 われわれの顧客は誰か
第3の質問 顧客にとっての価値は何か
第4の質問 われわれの成果は何か
第5の質問 われわれの計画は何か

■「第1の質問 われわれのミッションは何か」は、
何のための事業なのかを問いただしてくれる。
「第2の質問 われわれの顧客は誰か」は、
誰をお客様とすべきかを明らかにしてくれる。
「第3の質問 顧客にとっての価値は何か」は、
お客様にお応えするために何をやるべきかを
はっきりさせてくれる。
「第4の質問 われわれの成果は何か」は、
お客様に起こる良い結果に向けて働く人を方向づけしてくれる。
「第5の質問 われわれの計画は何か」は、
事業の存続と繁栄に関わる重要なことに注意を向けさせてくれる。

■5つの質問一つひとつの中に、さらに細かい質問がたくさんある。
それらの問いに対する答えをつくり出していくことによって、
結果として、優れた経営を行うに至る。

■経営理念、ミッション、ビジョンはこう違う。
・経営理念、ミッション、ビジョンは次の通りだ。
・理念とは「わが社の社会に対する根本的な考え」を言い表したもの。
・ミッション(使命)は「わが社が社会で実現したいこと」を表したもの
・ビジョンは「わが社のミッションが実現したときの状態」を言い表したもの
経営理念は想いであり、ミッションとは行動であり、ビジョンとは結果のことだ。201911115

 

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

海神プロジェクト(№5193)

朝の気温は11.9℃。快晴です。
今日は神戸大学海洋学部で学ぶ孫が訪ねて来ます。
お昼を一緒にします。

以下は日本経済新聞2019.11.6の記事より。
神戸大学は5日、海洋関連の教育体制や研究組織の
整備を柱とする新たなブランド戦略「海神プロジ
ェクト」を始めると発表した。
海洋関連の学部や練習船を持つ総合大学という特
徴を生かし、大学全体の知見を生かしながら海洋
関連の教育や研究を充実させると共に、大学のブ
ランド価値向上につなげる。
神戸大学は現在の海事科学部を2021年4月に改組し、
文理融合の「海洋政策科学部(仮称)」を新設す
ることを決めている。これに先立ち海洋関連の研
究体制を強化するため今年10月に研究組織「海共
生研究アライアンス」を発足させた。産官学から
研究員を招き、海洋関連の先端研究のほか、海洋
政策に関する提言を発信する。

■関連WEB:2019.11.08「海神プロジェクト」記者発表を行いました

■関連WEB:「海神プロジェクト

■関連WEB:自己点検報告書
平成29年度 神戸大学海事科学部 ・神戸大学大学院海事科学研究科

 

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

新しい経営学(№5192)

「新しい経営学 」
三谷 宏治 (著)

■目次
序章 経営学の全体像とこの本での学び方
1章 ターゲット:誰を狙う?
2章 バリュー:提供価値は何?
3章 ケイパビリティ:どうやって価値を提供する?
4章 収益モデル:どうお金を回す?
5章 あと3つ:事業目標、共通言語、IT・AI
補章 ミクロ経済学基礎と経営戦略史
ビジネスモデルを描く演習22題
経営学をビジネスモデルで理解する
■関連web:「新しい経営学 」 20191109

| | コメント (0)

2019年11月 8日 (金)

「理念の見直し、浸透」と「目標設定技術」(№5191)

日本の生産性を上げるのには、「目標設定技術」と「理念の見直し、浸透」にあると思う。目標を明確化し、いつも見れる場所に貼り付けて何回も見ることにより潜在意識に植え付けることが達成には有効である。・目標設定の前に個人の理念が必要。「カリスマ体育教師の常勝教育」。荒れた公立中学を立て直し、陸上部を13回日本一にした原田隆史の教育ノウハウ本。 ノウハウと情熱で生徒を変えた原田氏が推奨する「目標設定技術」は、 とにかく目標(ゴール)を鮮明に詳細にイメージして文章化することで思考になる。Plan②Check③Do④See⑤Shareの5段階をまわす=目標達成の方程式,マネジメントサイクルをまわしたり、生徒に自分の理念を作らせたりする先生です。
■原田隆史著「原田隆史の熱い言葉64」と原田隆史著「折れない心を育てる自画自賛力」の2冊を大阪市立中央図書館から借りた。20191108

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

危ないIoT(№5190)

スマート家電があなたに牙をむく。家電やセンサーなど周囲のさまざまなものがネットにつながる「IoT」。高い利便性は魅力だがセキュリティーは穴だらけ。おもちゃのハッキング。室温調整器の盗聴。ドローン乗っ取り。自動車の暴走。
■8つの基本ルールがハッカーから家族を守る。
1)セキュリティー対策がなされていないデバイスを購入しない。
2)Wi-Fiルーターのセキュリティーを強化する
3)コネクテッドデバイスと、関連するMACやIPアドレスをチェックしてリストを作成しておく
4)ゲスト用ネットワークを用意しておく
5)すべてのコネクテッドデバイスの工場出荷時のユーザ名とパスワードを変更する
6)すべてのデバイスのファームウェアとソフトウェアを定期的にアップデートする
7)すべてのコネクテッドデバイスの個人情報設定とデータ共有設定をチェックする
8)メールで送られてきたアップデートのリンクは絶対にクリックしない
Newsweek2019.11.12号P21より20191112iotnewsweek

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

会社はどうすれば変われるのか(№5189)

ダイヤモンドハーバードビジネスレビュー 2018年 5 月号
「特集:会社はどうすれば変われるのか」目次

●リーダーが実践すべき3つのステップ
 企業変革を繰り返し成功させる方法

●[名著論文再掲]組織文化こそ競争力の源泉
社風を活かして変革する企業

●社風を変えるうえで知っておくべき8つの特性
変革は企業文化に従う

●組織変革実践法7つのステップ
日本企業はなぜ変われないのか
20191106

| | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

これからの日本の論点2020 日経大予測(№5188)

5日は下記の図書を購入しました。
■これからの日本の論点2020 日経大予測
■日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
 デービッド アトキンソン著20191105202020191105

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

ISO45001の内部監査員研修(№5187)

4日(月・振休)は9.00~ISO45001の内部監査員研修の講師を担当しました。本日の受講者は8人でした。

 

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

日本小集団協会・12月1日(日)の研究会のご案内(№5186)

日本小集団協会・12月1日(日)の研究会のご案内
-----------------------------------------------

令和元年最後の4回目の12月1日(日)の研究会のご案内

先生方へ

 秋が深くなって参りました。いかがお過ごしでしょうか。

 皆様のますますのご健勝をお祈り申し上げます。

国内経済では消費税増税に加え、台風被害の影響で消費が落ち込む懸念があります。
 海外では米中摩擦がまた激化する可能性があり、トランプ米政権の動向に左右されて株価が乱高下しかねません。
 
  さて、今年最後の12月の例会を下記の通り開きます。

 ご参加お待ちいたしております。

◆日 時:令和元年12月1日(日)9:00~12:00
 
◆場 所:大阪府立労働センター 608号室
 
◆内 容:情報交換

※資料は9部(ご自身の分を含む) ご用意ください。
※おひとり15分のご発表でお願いします。
※今年の年会費2000円(2020年分)をお預かりいたします。

※11月1日作成の収支報告書を添付します。
 
  ※次々回 3月 8日(日)は608号室で、予定しています。
  
  ※次々回 5月31日(日)は608号室で、予定しています。
   6、7月の土日はすべて予約済みのため、5月31日(日)の
   開催としました。
 
次回の12月1日(日)の9月8日の研究会の出欠
12月1日(日)9:00~, 出席〇、欠席〇のいずれかを押してください。
          修正もできます。

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

中小企業とSDGs―中小企業での活用方法はー(№5185)

***************************

     【桑蓬会 例会 第397回】

         中小企業とSDGs
   ―中小企業での活用方法はー  のご案内
                 
***************************

 SDGs(Sustainable Development GOALs/持続可能な開発
目標)は、2015年に国連が採択し、今ある様々な社会課題を
解決しながら2030年にあるべき社会の姿を定めた国際的な目標です。
 今後の中小企業のSDGsとの関り方について、社会課題解
決と自社事業の成長の両立を目指すために企業の事業活動に
どのようにSDGsの視点を取り入れるかについてわかりやすくお伝えします。

幅広くSDGsについて理解していただく機会ですので、奮って
ご参加ください。

◆日 時:2019年11月21日(木)18時30分~20時30分
    (18時00分~受付開始)

◆場 所:エル・おおさか  608号室
     大阪市中央区北浜東3-14
    (京阪・地下鉄天満橋駅から西へ300m)エル・おおさか
     http://bb-building.net/tatemono/osaka/899.html

◆演 題:中小企業とSDGs ―中小企業での活用方法はー

     18.30--「中小企業とSDGs―中小企業での活用方法はー」
     19.30--質疑応答
     20.30--懇親会・ご希望者のみ(1500~1800円程度)

◆発表者:松島 清
◆主 催:桑蓬会
◆参加費:無料
◆定 員:18名(定員になり次第、締め切ることがあります。)

 

| | コメント (0)

2019年11月 1日 (金)

多様な人材の活用によるイノベーション(№5184)

11月1日になりました。体操は 10月15日から31日まで休みました。
■中小企業診断士の日記念イベント
講演会13:30~17:00
テーマ「多様な人材の活用によるイノベーション」
風邪のため、休みました。
■ボイストレーニングは「ちいさい秋みつけた」から
「雪の降る町を」に変わった。

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »