« ヤフーと、LINE(ライン)が経営統合に向けて交渉(№5196) | トップページ | 若年者の地方への定住について(№5198) »

2019年11月15日 (金)

高齢社会2030を考える会(№5197)

「高齢社会2030を考える会 第4回」
~“シニアも支える地域”へ…自治体と市民の新たなチャレンジ~

地域で活躍されている行政、NPO、事業者の方々にそれぞれの立場から実践活動についてのお話を伺いました。
日時:11月15日(金)17:30~19:30
会場:梅田グランフロントC棟7F713
   大阪ガス エネルギー・文化研究所
   都市魅力研究室セミナールーム


▼「主婦発想で考える 多世代市民と地元企業の巻き込み方」
   NPO法人 住まいみまもりたい 理事長 吉村悦子様
▼「自治体が考える 市民力を活かした超高齢社会の協働」
   宝塚市 健康福祉部安心ネットワーク推進室
   地域福祉課 課長 守川武広様
▼「超人手不足の介護業界 元気高齢者を支えて側に変える」
   聖隷福祉事業団 宝塚せいれいの里ケアサービス課 
   課長 赤井祐様
▼「“健康・生きがい就労トライアル”実践活動で見えてきたこと」
   エネルギー・文化研究所 研究員 遠座俊明様


■関WEB: NPO法人 住まいみまもりたい
    生活サポート事業・生活サポートセンター
生活サポートとは、高齢者や、日常生活のちょっとしたことができずに困っている人に、地域の住民で講習を受けた「生活サポーター」が低料金で援助する住民参加型のサービスです。 
    
■関WEB:宝塚市 健康福祉部安心ネットワーク推進室 地域福祉課

■関連WEB:宝塚市は、高齢者にやさしいまち(エイジフレンドリーシティ)を目指しています
l
■関連WEB:エイジフレンドリーシティ宝塚行動計画について

■関連WEB:聖隷福祉事業団 宝塚せいれいの里

■関連WEB:「健康・生きがい就労トライアル」説明会 l
■関連WEB:100歳大学

 

■関連WEB:100歳大学 20191115372019111540

 

|

« ヤフーと、LINE(ライン)が経営統合に向けて交渉(№5196) | トップページ | 若年者の地方への定住について(№5198) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤフーと、LINE(ライン)が経営統合に向けて交渉(№5196) | トップページ | 若年者の地方への定住について(№5198) »