« 高齢社会2030を考える会(№5197) | トップページ | 日経ビジネス誌の10月・11月の目次(№5199) »

2019年11月16日 (土)

若年者の地方への定住について(№5198)

令和元年 阪南大学あべのハルカスキャンパス
     公開講座第2回

日 時:11月16日(土)14.00~15.30

会 場:阪南大学あべのハルカスキャンパス

講 師:阪南大学国際観光学部
    准教授  堀内史朗氏 
              
テーマ:「若年者の地方への定住について
       ~地方創生事業の可能性と限界~」

■案内文:東京一極集中が進む中、地方への人口定住・移住が求められています。国が進めてきた地方創生事業は、産学官連携を進めることで、その地域の関係者が協力して若年者の地方における雇用・定住を促進してきました。私たちは、山形県の事業経営者、労働者、大学生に注目して、彼らの地元への関心などについての調査を進めてきました。本講座では、最近行っている大阪市や淡路島の調査結果も合わせ、地方創生事業の可能性と限界について論じます。
20191116482019111646

|

« 高齢社会2030を考える会(№5197) | トップページ | 日経ビジネス誌の10月・11月の目次(№5199) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高齢社会2030を考える会(№5197) | トップページ | 日経ビジネス誌の10月・11月の目次(№5199) »