« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月31日 (火)

歌い方改善のコツ(№5243)

2019年の大晦日。9010歩。
■フレーズ感、強弱の差、歌詞の意味を考えて歌う。
表現力を高めるためには感情を込めて歌う。
顔が聞いている方に向いているか、良い姿勢、など。
リラックスして歌う。
上手なアーティストの歌い方を真似ることでテクニックを学ぶことができ、練習を重ねることによって自然と使いこなせるようになる。
■関連WEB:雪のふるまち、高英夫 ■関連WEB:雪の降る街、高英夫、ダークダックス ■関連WEB:【和訳付き】サンタ・ルチア (ナポリ民謡)
     "Santa Lucia" - カタカナ読み付き
■関連WEB:サンタルチア(中学2年生2学期)2019121773_20200101170901

 

| | コメント (0)

2019年12月30日 (月)

ISO45001の進捗確認(№5242)

30日(月)午後、ISO45001の進捗確認の訪問でした。本日の歩数13005歩でした。
■SDGsの取組みは?
■健康経営宣言の手続きは?

■ISO45001の特徴
・ 組織の目標と意図した成果に影響を与える内部・外部の課題
• 働く人とその他の利害関係者のニーズと期待
• リスクと機会への取組み(OH&Sリスクを含む)
• 意図した成果の達成
• 労働安全衛生MS要求事項と事業プロセスへの統合
• 非管理職の参加(PARTICIPATION)と協議(CONSULTATION)
• リーダーシップの強化 • プロセスの明確化
• ISO共通テキスト(附属書SL)の採用
INTERTEK提供81dz3qm0sul_ac_ul480_ql65_ml3_

| | コメント (0)

2019年12月29日 (日)

2020年の年賀状(№5241)

29日(日)、午前10時まで、カレンダーの1月分に行事を確認し記入する。
10時から12時は年賀状の宛名を印刷 する。
今回は、何故か府県名が印刷されない。
夕食前に大阪東郵便局のポストに投函できました。
2019122811

| | コメント (0)

2019年12月28日 (土)

タニサケさんの改善提案(№5240)

28日(土)午前中は、書斎の天井の掃除。
昨日の議事録を作成する。㈱タニサケさんへ資料(原稿)をお送りしました。
■関連WEB:株式会社タニサケの改善提案 ■関連WEB:タニサケのフェイスブック ■関連WEB:タニサケ塾2011.02.06 ■関連WEB:「日本一の知恵工場」の社風づくりを学ぶ「タニサケ塾」2011.02.0720110207_00320110207tanisake01

 

| | コメント (0)

2019年12月27日 (金)

ISO9001の維持審査の立会(№5239)

12月27日(金)
08.45--16.45
ISO9001の維持審査に立会ました。2019122702

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

ホワイトカラーの生産性向上の進め方(№5238)

■12月26日(木)17.30~18.20SDGs研究会
セミナー内容の検討でした。

■12月26日(木)18.30~20.30技術向上研究会
最終論文提出分の概要確認でした。
第1章 第2項 働き方改革に関する法律の変遷と考え方
第7項 経営環境の変化に自社が変化できる 

第2章
第1項 組織の成功循環モデルと働き方改革のステップ
第3項 SDGsと働き方改革
第4項 ホワイトカラーの為のトヨタ生産方式
第5項 ホワイトカラーの生産性向上の進め方
第7項 e-Statの活用

第3章
第1項 働き方改革で残業「ゼロ」
第2項 公的金融機関J社における働き方改革の成功事例
第3項 業務改革とIT活用による生産性向上事例
第4項 生産現場の実態と工場事務所作業の改革
    、合理化の可能性
第●項 RPA導入によるホワイトカラーの生産性向上
20191226952019122696

| | コメント (0)

2019年12月25日 (水)

アメリカ大統領選の年に政治と経済はどう動く?(№5237)

ニューズウィーク日本版 2019年12/31・2020年1/7合併号
Special Report
ISSUES 2020

アメリカ大統領選の年に政治と経済はどう動く?
無秩序化する世界を読み解く12の論点
----------------------------------
展望 戦後秩序を無力化する伝統回帰の大波──グレン・カール
米大統領選 トランプ再選にこれだけある根拠──サム・ポトリッキオ
中国 「皇帝」習近平は盤石に非ず── 矢板明夫
ヨーロッパ 超大国に敵視されるEUの厳しい選択──ザキ・ライディ
ロシア プーチン支配の落日を告げる国民の怒り──リュボフ・ソボル
南アジア インド史の暗黒の章が扉を開く── ラマチャンドラ・グハ
中東 イラン敵視政策の不毛な未来──ハビエル・ソラナ
日本 「見える化」を目指す安倍外交の処方箋は── 河東哲夫
政治制度 政治家に頼らない民主主義2.0の可能性──クラウス・シュワブ
世界経済 インドと中国の急成長が終わる日──アビジット・バナジー、エステル・デュフロ
国際貿易 対中貿易戦争はアメリカを救わない──スティーブン・ローチ
インターネット テック企業の監視資本主義を許すな──ロジャー・マクナミー2019122504

| | コメント (0)

2019年12月24日 (火)

経営環境の変化に自社が変化できる(№5236)

令和元年度論文作成
第1章
第7項 経営環境の変化に自社が変化できる 
(1)構造変化に対応する自己変革、企業はどうしたら変われるのか
①構造変化に対応する自己変革
②企業はどうしたら変われるのか
(2)社員の知恵が会社を変える
(3)「何のための事業か」を徹底的に考え抜き、わが社のあるべき姿を明らかに
①「ドラッカー5つの質問」
② 業務の見直し・点検を実施しよう
(4)まず、「経営理念、ミッション、ビジョン」を見直そう。
  ①チーム一丸となるためには経営理念による結束
(5)経営理念、ミッションと目標はつながっているか
  ①中学生が陸上競技日本一を目指した目標管理
  ⓶シリコンバレーのOKRという目標管理
(6)市場の変化に素早く適応する

| | コメント (0)

2019年12月23日 (月)

週刊東洋経済「2020大予測」(№5235)

「週刊東洋経済2019年12月28日-2020年1月4日新春合併特大号」(12月23日発売)
【特集】2020大予測
2020年代はいったいどのような10年になるのか?
150テーマで近未来を読み解く
目次
【特集】大変革の10年が始まる! 2020大予測
Part1 世界 新たなゲームが始まる
Part2 日本 新しい未来は見えるか
Part3 自動車・電機 技術革新が壊す秩序
Part4 デジタル・IT あらゆる産業の主軸に
Part5 ベンチャー 期待の新星が続々誕生 
Part6 消費・生活 様変わりする消費の姿
Part7 金融・商社 迫られる業態の大転換
Part8 都市・インフラ 東京五輪後も続く強気
Part9 五輪&エンタメ 東京五輪で飛躍の年に
Part10 お宝銘柄 新春お年玉銘柄400
INTERVIEW キーパーソンは2020年代をどう読む?
■23日(月)14.00~17.00櫻井市の企業へコンサル。
2019122314

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

音楽市場マンスリー・コンサート(№5234)

音楽市場マンスリー・コンサート№.439
~クリスマス・スペシャル~
日 時:12月22日(日)16.00~19.00
会 場:日本福音ルーテル大阪教会
お 話:大柴譲治牧師
コンサート:
1.G.F.ヘンデル・ヴァイオリンソナタ二長調Cp.1-13hwv371
2.J.Sバッハ、3つのヴァイオリンのための協奏曲二長調BWV1064R
3.J.Sバッハ、カンタータ第61番「いざ来たれ、異邦人の救い主よ」
4.クリスマス・ソング&キャロル集「さやかに星はきらめき」
20191222862019122288

| | コメント (0)

2019年12月21日 (土)

LA萌DIEクリスマスコンサート(№5233)

LA萌DIE
クリスマスコンサート

日 時:12月21日(土)15.00~

会 場:カトリック高槻教会

Director:松井智恵

演奏曲目:めでたし聖なる御母よ
     今日賛美する声
     小さなジャズ風ミサ
     天使ガブリエルの御告げ
     あまにはさかえ

               他
2019122184 2019122185

■「日経大予測2020、これからの日本の論点」社員のやる気という点で海外のライバル企業に大きく劣後している。企業や個人の創意工夫や積極的な投資あるいは起業家精神の発揮によって、人口減によるマイナスを克服するのは十分に可能である。

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

毎月200件の改善案、社員数35人の中小企業(№5232)

殺虫剤「ゴキブリキャップ」で知られる岐阜県池田町の薬剤会社「タニサケ」。当社は「日本一の知恵工場」と自負するほど改善提案が盛んで、ちょっとしたことや仕事以外の提案も積極的に採用しています。 「社員の知恵が会社を変える」、改善の積み重ねで当社は日々進化しています。
平成元年(創立4年目)は社員が100名以上でしたが、社員の知恵と工夫で現在は当時より多くの生産と販売を35名(パート4名含む)でこなしています。社員数35人ながら毎年20%超の経常利益を誇る全国トップクラスの中小企業として名を馳せる。秘訣は積極的な改善提案をする社員たちと、彼らへの思いやりを忘れない会社の哲学だった。タニサケの年間売り上げは約8億3000万円。経常利益率は創業した1985年(昭和60)年から20%を超え続けている。中日新聞・2017年8月27日より

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)

地球上で最もお客様を大切にする企業を目指すAmazonの経営(№5231)

2019年12月19日(木)
大阪商工会議所
令和元年度の会員交流大会

 

時間:【第1部】15:20~17:00
場所:大阪商工会議所国際会議ホール
●開会挨拶
●「組織基盤強化貢献者」への感謝状贈呈
●「大阪活力グランプリ」表彰式
●講演
講師:アマゾンジャパン合同会社  バイスプレジデント 
ハードライン事業本部 統括事業本部長 
    渡部 一文 氏
演題:「地球上で最もお客様を大切にする
        企業を目指すAmazonの経営」
20191219602019121981

| | コメント (0)

2019年12月18日 (水)

マネジメントシステム有効活用の秘訣(№5230)

第26回テクノファ年次フォーラム

【日時】12月18日(水) 13:00~17:00

【会場】大阪科学技術センター 大ホール       

【演目】
■講演1 13:10~
「TQM推進による持続的成長の実現」

講師:株式会社クオリティ・クリエイション 代表取締役
  (元 トヨタ自動車株式会社 TQM推進部長)
   古谷 健夫氏 

■講演2 14:00~
「”ブラックボックス” 開けてみた結果!
~運用スタートしてから気付くISO 9001の本質~」

講師:株式会社東邦プラン 代表取締役 
   本多 修氏
   広告コンサルティング事業部 企画営業課
   ディレクター
   伊藤 弘一氏

■パネルディスカッション 15:30~
「企業におけるマネジメントシステム有効活用の秘訣
         及び認証審査の活用方法について」
登壇者:古谷 健夫氏、本多 修氏、伊藤 弘一氏、丸山 昇氏、
       コーディネーター:青木恒亨氏

| | コメント (0)

2019年12月17日 (火)

2020年の景気展望(№5229)

12月17日
14.00~うたの教室
・練習曲は「雪の降る街を」「サンタルチア(イタリア語)」です。
■関連WEB:サンタルチア

■関連WEB:サンタルチア(中学2年生2学期)

14.45~第2回経済講演会「2020年の景気展望」でした。
テーマ:「2020年の景気展望」
講 師:りそな総合研究所 株式会社
    主席研究員 荒木秀之氏
0.はじめに、景気の現状認識
1.2019年の変化
2.今後の日本/関西経済の展望
3.関西経済に差し込む光
4.AI,ロボット活用の現状
201912177320191217772019121778

| | コメント (0)

2019年12月16日 (月)

一般社団法人地域情報共創センター設立記念シンポジウム(№5228)

大阪大学SSI共催の防災関連シンポジウムについて:
日 時:12月16日(月)夜18時15分〜
テーマ:一般社団法人地域情報共創センター設立記念シンポジウム
      “たすかんねん” ほんまや!
    〜地域資源と科学技術で安心安全社会の共創をめざして〜
         <シンポジウム開催のご案内>
 このたび、稲場圭信教授(大阪大学人間科学研究科)をリーダー
とする「地域資源とITによる減災・見守りシステムの構築」プロジ
ェクトから生まれた社会実装のための器として、一般社団法人地
域情報共創センターを設立いたしました。当該一般社団法人の設
立と今後の活動のキックオフを記念して、公開の設立記念シンポ
ジウムを開催します。産官学民の防災に関心のある多くの方々に
お越しいただき、基調講演や報告を踏まえて、自由な対話をした
いと思います。
紹介ページ
https://riccc.net/news/archives/2?fbclid=IwAR0-dxkvZS6BPdD0DfgxbIuU0xzIHhfAWSs

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

大掃除、避難訓練(№5227)

15日(日)10時からマンション管理組合の大掃除、11時から階段使用の避難訓練及び消化訓練でした。  
2019121520191215692019121568

| | コメント (0)

2019年12月14日 (土)

" 障がい ”を“ 価値 ”に変える!(№5226)

桑蓬会第398回研究会、望年会
○日時:12月14日(土)15:00~19.00
○会場:大阪キャッスルホテル3F:錦城閣
○内容
 (1)研究会(15:00~17:00)
   発表者:田中聡氏
   テーマ:「" 障がい ”を“ 価値 ”に変える!
      『バリアバリュー』を提唱する株式会社ミライロの挑戦!」
 (2)望年会(17:00~19:00)
■発表の内容
1)ミライロのビジネス
2)プラットフォーム型BM
3)新しいビジネスを短時間で創る(ワークショップ)
■関連Web:株式会社ミライロ ■関連Web:企業理念バリアバリュー

2019121443201912144344201912144352201912144359201912144360

| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

英総選挙:EU離脱に道筋(№5225)

12月13日の日経夕刊より
■英保守党、過半数へ、総選挙:EU離脱に道筋。
英国の下院総選挙(定数650)は12日投開票され、ジョンソン首相率いる与党・保守党が過半数を奪還する見通しになった。
■景況感4期連続悪化 12月の日銀短観 大企業製造業のDIゼロ
日銀が13日発表した12月の全国企業短期経済観測調査(短観)で、大企業製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)はゼロとなり、9月の前回調査から5ポイント悪化した。米中貿易戦争で外需の低迷が続き、4四半期連続の悪化となる。大企業非製造業も個人消費の落ち込みで2期連続で悪化した。
■温暖化ガス、50年に実質ゼロで合意 EU首脳会議、ポーランドは留保
欧州連合(EU)は13日未明、2050年までに域内で排出される温暖化ガスを実質ゼロにする目標で合意したと発表した。世界の排出の1割弱を占めるEUが、率先して大胆な目標を採用することで環境関連の産業振興や雇用増につなげ、世界での存在感を高める狙いだ。
■米下院委、トランプ氏弾劾決議案可決へ ウクライナ疑惑で

 

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

自己点検が会社を強くする(№5224)

12月12日(木)18.30~20.30はISO研究会でした。
次期出版本のタイトル案を連騰しました。
「業務の見える化」「会社の健康診断」
「自己点検が会社を強くする」
■ アイソス2019年12月号の特集は
2種類の「なぜ」なら簡単にできる「なぜなぜ分析」の手法です。
■ アイソス2020年1月号の特集は
「新製品・新サービス開発管理の指針」講習会です。
「日本人女性初のISO理事に就任した中川梓氏」
  これからの規格はSDGsが掲げる目標に沿っていなければ
  なりません。 
「リスクに着目したISO内部監査への転換「による業務革新」 
20191212iso35201912131200_20191213100_

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

誰よりも学ぶことができるリーダーが組織を育てる(№5223)

「米国シリコンバレーの現地ビジネス概況と
            成長産業分野の最新動向」
日 時:12月11日(水) 14.00~15.30
会 場:ジェトロ大阪本部 セミナールーム
    (大阪国際ビルディング29階)
演 題:「米国シリコンバレーの現地ビジネス概況と
            成長産業分野の最新動向」
講 師:ジェトロ・サンフランシスコ事務所
   プラットフォーム・コーディネーター 潮 尚之氏
■最近進出が増えている日系企業はシリコンバレで1000社、自動車関連、オープン・イノベーションに取り組む事業会社(保険会社など)
■ハイテク・ベンチャー企業への巨額投資(日本の50倍)により、ユニコーン企業(評価額10億ドル以上)が続々誕生
■相次ぐテック系ベンチャー企業の大型IPO■生活を脅かす二大問題(不動産高騰、山火事)
---------------------------------------------------
     
大商夕学講座第5回中竹 竜二氏
「誰よりも学ぶことができるリーダーが組織を育てる」
日 時:12月11日(水)18.30~20.30
会 場:大阪商工会議所
講 師:中竹竜二氏
    日本ラグビーフットボール協会
    コーチングディレクター
テーマ:「誰よりも学ぶことができるリーダーが組織を育てる」

■これまで学んできたものを捨て去ることがとても難しいことです。でも良いリーダーは、そこから再び学び、成長することができます。
双方向のワークを通じて、大人が学ぶとはどういうことなのかを一緒に考えましょう。ぜひ背伸びせず、無駄なプライドを捨て、一緒に誰よりも学び続ける人になりましょう。
■関連WEB:insight(インサイト)――いまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己認識の力 ■関連WEB:FCバルセロナ常勝の組織学 ■関連WEB:マネージャの最も大切な仕事95%の人が見過ごす小さな進捗の
2019121128 2019121130 20191212insight_520191211

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

100年後も強い企業(№5222)

日経ビジネス2019年12月9日号
特集は「100年後も強い企業 
   未来予測から考える新 ・ 長寿法」です。
・100年後も強い企業 
  未来予測から考える新 ・ 長寿法
・環境変化に対応、伝統を守り磨く…… 
  老舗の明暗真っ二つ 揺らぐ長寿の方程式
・2120年 未来予測から考える
  「絶対に売れるもの」
 「100年後も強い企業」になるためにの鉄則は、
 「100年後に(も)売れる商品を作ること」だ。
 100年後には地球の人口は110億人を突破、
 平均気温も2.6~4.8℃上昇する見通し。
 そんな人口爆発・温暖化時代に需要が急増する
 商品を予測することは、さほど難しくない。
・人間社会と切り離せない 
  技術が100年進んでも 「色あせぬ商品」
・100年後も残る企業
 ①清水建設
 ②キッコーマン
 ③TOTO
 ④コニシ
 ⑤ゼンリン
 ⑥大日本除虫菊
20191211_nb

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

折れない心を育てる 自画自賛力(№5221)

折れない心を育てる 自画自賛力 (メディアファクトリー新書) 新書 – 2011/8/29
原田隆史 (著)
■内容紹介
がんばっているのに成果があがらない、夢がもてない、自分のいいところを見失った……そんな人は、自信を身につけることで劇的に変化することができる。 自分を認め、信じる力=「自画自賛力」こそが、成功の原動力である! 数多のビジネスマンを指導してきた著者が、1日5分からできる、記録と日誌を用いた「自己肯定感」育成メソッドを紹介。「性格的長所を書き出す」「過去の成功体験を見つける」「今日のよかったことを記録する」といったささいな工夫を積み重ねれば、もう、あなたの心は決して折れない!
■内容(「BOOK」データベースより)
誰もが「人に認めてもらいたい」と願うものである。だが、その前に自分で自分のことを認めているだろうか?逆境にあっても微笑を絶やさず、やがて成功を手に入れるためには、自分自身を信じる力=自画自賛力の育成が欠かせない!本書で提案する「自画自賛日誌」は、自分を見つめることを習慣化し、着実に自信を増大させる驚異的なメソッドだ。さあ、ヌケヌケと自画自賛しよう。あなたの心は折れなくなる。
■目次
序章 自画自賛力は生きる力です
第1章 伸びる人は自画自賛力をもっている
第2章 誰でもできる自画自賛力の育て方
第3章 「自画自賛日誌」で人生を変える
第4章 心を折らないための自信回復法
終章 自画自賛力で世界を変え
20191113_20191209211501

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

大阪グレートサンタラン(№5220)

12月8日(日)
■参加者がサンタクロースに扮して走るチャリティーイベント、大阪グレートサンタランが8日大阪城公園で行われた。約5500人がスタートした。参加者の費用は、病気と闘う子供たちへのクリスマスプレゼントとして使われる参加者は思い思いのスタイルで約4キロのコースを楽ししみながら走った。
■関連WEB:サンタ大集合:京橋経済新聞 ■10回目の古都熱く - 全国から1万9000人/奈良マラソン

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

中国の経済・政治情勢と米中、日中関係(№5219)

第1067回武藤記念講座
日 時:12月7日(土)13.30~15.30
会 場:国民会館12階
テーマ:「中国の経済・政治情勢と米中、日中関係」
講 師:外交評論家  石 平氏
■中国の経済構造は極端な輸出に支えられており、内需はアメリカ70%日本60%にも拘わらずわずか35%しかなく、輸出がさらに減少した場合、重荷になっている。

 

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

ナポリ民謡「サンタルチア」(№5218)

12月6日(金)
09.30眼科診察、次回の診察は1月10日(金)。
15.00うたの教室へ。指導曲は「出船」、「雪のふる街」、「サンタルチア」。
16.10大阪市立中央図書館へ、寄贈本2冊。
「限界費用ゼロ社会<モノのインターネット>と共有型経済の台頭」、「ドラッカ―5つの質問」、「折れない心を育てる・自画自賛力」

 

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

中小企業、本当に要らない?(№5217)

日経ビジネス2019.11.25号の特集は
「中小企業、本当に要らない?」
  展望「ポスト大廃業時代」です。

PART1:高まる「淘汰論」、幕を開ける「大廃業時代」
   中小企業経営者も自虐「99%は要らない」
PART2:小さな会社がないとどうなる
   中小企業、全部消えたら「街」「技術」も消える
PART3:「大廃業時代」の乗り切り方
   必要な中小は残す、実践すべき5つの知恵

生き残りへの知恵
(1)「零細」なくして「中小」なし、自ら支払額を引き上げ
(2)中小同士、HDで団結、町工場版{LVMH]に
(3)「所有と経営」を分離、後継者不足を補う
(4)「大廃業時代」を逆手に消えゆく技術の受け皿に
(5)小さくとも日米中拠点、世界を舞台に存続図る 
-------------------------------------------------

日経ビジネス2019.12.02号の特集は
「跳べ!ホンダ、普通の会社にならないで」です。

PART1:スピード・規模・独創性
    いつの間にか「平凡企業」
PART2:幻のデンソー・ケーヒン統合
    再成長への荒療治
    動き出した八郷改革
DATA :数々の試練を乗り越えてきたか
   これまでと違う「内なる停滞」
PART3:すり合わせかMaaSに生きる
    3200万台を融合
    移動のの価値を再発明
PART4:権威4人も提言
   マン島に残る原点
   「挑戦」「スピード」とり戻せ
20191125r20191202

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

サイバーセキュリティで絶対NGな「やってはイケナイ」(№5216)

サイバーセキュリティで絶対NGな
「やってはイケナイ」をやってみよう!

日 時:2019年12月4日(水)13.30~15.20
会 場:大阪商工会議所 地下1階 1号会議室

開催内容
①13:30~14:30
「やってはイケナイ」をやってみよう!
 講演&実演&質疑応答
 講 師:サイオス株式会社 執行役員 
    セキュリティエバンジェリスト 面 和毅 氏
②14:30~15:00 
「サイバーセキュリティお助け隊(京阪神)」
 実証事業で実際に観測された中小企業(約100社)への
 サイバー攻撃の実例紹介
 講 師:大阪商工会議所 経営情報センター 
    課長 古川 佳和 
③15:00~15:20
大阪府「企業防災の施策について」
 講 師:大阪府 危機管理室 担当者
2019120410

 

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

第3回ビジネス講演会、大商夕学講座(№5215)

12/3(火) は次の二つの講演会に参加しました。

■エイチ・アイ・エスの果敢な挑戦【第3回ビジネス講演会】
日 時:2019年12月3日(火) 14:00~15:45
会 場:大阪商工会議所7階 国際会議ホール
テーマ:日本を代表するベンチャー企業の旗手
講 師:㈱エイチ・アイ・エス 代表取締役会長兼社長 
    澤田秀雄氏

■大商夕学講座
日 時:2019年12月3日(火) 18:30~20:30 
会 場:大阪商工会議所7階 国際会議ホール
テーマ:渋沢栄一の発創力
講 師:シブサワ・アンド・カンパニー株式会社 代表取締役
    コモンズ投信株式会社 取締役会長
    渋沢 健氏
「日本の資本主義の父」と言われる渋沢栄一が提唱した「論語と
算盤」は、現在の時代の文脈に書き換えると、サステナビリティ
(持続性)トインクルージョン(包摂性)になります。栄一の
ライフワークは民間力の向上による国づくりでした。
Img_2408Img_2409

 

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

焼き牡蠣・蒸し牡蠣食べ放題(答志島・桃取港〉(№5214)

12月2日(月)出かける時は雨が降っていましたが
鳥羽では晴れてきました。
上本町駅9.13発「伊勢志摩ライナー」で鳥羽11.10着、
佐田浜港(鳥羽駅)12時15分発→12時27分桃取港。
桃こまちというブランド牡蠣の食べ放題。
焼き牡蠣、蒸し牡蠣が食べ放題で2500円で、お腹いっぱい。
食事の後は、答志島・桃取港周辺の散策。13000歩歩きました。
桃取港15.20--15.32佐田浜港--鳥羽16.30----18.19上本町
--近鉄百貨店--18.50帰宅
■関連ブログ: 201912027220191202802019120291201912028520191202812019120283201912028720191202952019120297

 

| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

日本小集団協会の研究会でした(№5213)

12月1日。ラジオ体操の時間、第9回大阪マラソンのスタート地点・大阪府庁前はボランティアの人たちで賑わっていました。
9時スタートです。
私たちは9時からエルおおさかで日本小集団協会の研究会でした。
「D2C」米小売り揺らす、 Google「量子超越」、
3Dプリンター:中層住宅の製造にめど、
組織の『存在意義』をデザイン、経営デザイン、
限界費用ゼロ社会<モノのインターネット>と共有型経済の台頭、
皆さまから貴重な情報、刺激をたくさんいただきました。2019120155

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »