« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月31日 (金)

好きなこと“も”仕事にする パラレルキャリアという働き方(№5274)

インテックス大阪で開催のセミナー「営業×IT、AI×IoT」を受講しました。

■1/31[金]10:00~11:30【IT-S13】営業×IT

▼AIセールスの時代
~テクノロジーの活用で変わる営業現場~

(株)セールスフォース・ドットコム
常務執行役員 関西支社長 浦 和広 氏

▼営業の生産性向上を実現する「テクノロジー」×「科学的マネジメント」

ソフトブレーン(株)
取締役  木下 鉄平 氏

▼次世代型の営業自動化プロジェクトの立ち上げ方

(株)アイドマ・ホールディングス
代表取締役 三浦 陽平 氏

■1/31[金]12:30~14:00【IT-S15】AI×IoT

▼AIとIoTがもたらす近未来像
~1兆個のデバイスがスマートにつながると世界はどう変わるのか?~

アーム(株)代表取締役社長 内海 弦氏

▼インテリジェント社会実現を促すハイエンドシリコン産業基盤の構築
~IC/組込みAI開発と応用最前線の紹介~

上海ハイシリコン技術(有)
President ション・ウェイ 氏
 
▼エヌビディアのAI/IoT戦略

エヌビディア(同)
インダストリー事業部 事業部長 齋藤 弘樹氏

■大商夕学講座第6回
日時:1月31日(金)18.30~20.30
テーマ:「好きなこと“も”仕事にする パラレルキャリアという働き方」
講師:正能 茉優(しょうの まゆ)氏
 ハピキラFACTORY 代表取締役社長
 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特任助教

案内:私は今、慶應義塾大学在学中に立ち上げた自身の会社と、大手電機メーカーの会社員、そして、慶應義塾大学大学院で特任助教として、3つのお仕事をしています。 「パラレルキャリア」という働き方を実践している身として、また、そうした自由な働き方ができるひとを増やそうと学生を指導している身として、これからの働き方やキャリアの考え方について、お話しできれば幸いです。
■関連WEB:ハピキラFACTORY 202001312120200131222020013123

 

 

 

| | コメント (0)

2020年1月30日 (木)

2つのリスクと2つの機会(№5273)

ISO45001には、2つのリスクと2つの機会があります。.
■OHS(労働安全衛生)リスクは、危険源特定の後に実施するリスクアセスメントでのリスクで、労働安全衛生機会は、それらのリスク低減対策そのものです。■またOHSMSのその他の機会は、KY活動、ヒヤリハット活動や安全パトロールなどの安全衛生活動のことです。

 

 

| | コメント (0)

2020年1月29日 (水)

5Gがもたらすデジタル変革の価値とは(№5272)

関西・情報セキュリティ・クラウド業務改革・AI・業務自動化展に参加しました。
Japan IT Week [関西] 基調講演
■1/29[水]10:00~11:30
【IT-K】デジタル化によるビジネス変革
演題:「5Gがもたらすデジタル変革の価値とは」
講師:シスコシステムズ(同)副社長 中川 いち朗氏

演題:デジタルトランスフォーメーションを乗り切るために必要なマインドセット
講師:日本マイクロソフト(株)業務執行役員 澤 円 氏

■1/29[水]12:30~14:00
【IT-S3】中小企業におけるセキュリティ対策
演題:情報セキュリティを巡る脅威の動向と中小企業が行うべき対策について

講師:(独)情報処理推進機構
   セキュリティセンター 企画部 中小企業支援グループ グループリーダー
   横山 尚人氏

演題:中小企業がITによる業務効率とセキュリティの両立を選択する方法

講師:(一社)日本ハッカー協会
   代表理事 杉浦 隆幸

■関連WEB:「情報セキュリティ10大脅威 2020」を1/29決定

■関連WEB:日経社説「SDGs経営で未来に選ばれる企業に」
20200129142020012918

 

| | コメント (0)

2020年1月28日 (火)

感染警戒、世界で株安、中国感染4500人超 死者106人(№5271)

1月28日日本経済新聞夕刊によると、
■新型肺炎の感染拡大で世界の金融市場が大きく揺れている。■27日の米株市場でダウ工業株30種平均は前週末比453ドル安と約3カ月半ぶりの下げ幅となった。■株安の連鎖が続き、28日の日経平均株価は一時200円超安となった。■中国感染4500人超 死者106人

| | コメント (0)

2020年1月27日 (月)

私たちが、地球に住めなくなる前に(№5270)

「私たちが、地球に住めなくなる前に: 宇宙物理学者からみた人類の未来」
マーティン リース著, 塩原 通緒 訳
世界的科学者から、未来の世代へ。
人類滅亡を前にして、科学は何ができるのか?
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 人新世の真っ只中で(危険と展望/核の脅威 ほか)/
第2章 地球での人類の未来(バイオテクノロジー/サイバーテクノロジー、ロボット工学、AI ほか)/
第3章 宇宙から見た人類(宇宙を背景にした地球/太陽系の先で ほか)/
第4章 科学の限界と未来(単純なものから複雑なものへ/この複雑な世界を理解する ほか)/
第5章 結び(科学の営み/社会における科学 ほか)
20200127_

| | コメント (0)

2020年1月26日 (日)

あったかまち祭り(№5269)

 第16回 「あったかまち祭り」
日時:2020年1月26日(日) 正午~午後3時
場所:北大江公園
大阪国際女子マラソンの日、今年も北大江公園でお祭りがありました。バームクーヘンづくりやまきまきパンづくり、のこぎり体験やクラフト体験、子ども防災ラリー、福引などの手づくりイベントです。中央区役所、中央消防署等の協力で、非常食体験、自主防災活動体験などもありました。
■東京五輪代表の最後の1枠を懸ける「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ」の指定レースを兼ねた「第39回大阪国際女子マラソン」がが行われ、松田瑞生選手が2時間21分47秒のタイムで2年ぶりに優勝しました。
■大相撲初場所千秋楽は両国国技館で行われ、13勝1敗で単独トップに立っていた徳勝龍が、結びの一番で貴景勝を寄り切りで下して初優勝。2000年春場所の貴闘力以来、20年ぶり2度目となる幕尻での賜杯となった。

202001269605 2020012696 2020012602

 

| | コメント (0)

2020年1月25日 (土)

日系中小企業の海外進出と地域経済(№5268)

令和元年阪南大学あべのハルカスキャンパス公開講座を受講しました。第4回のテーマは「日系中小企業の海外進出と地域経済」でした。
日 時:1月25日(土)14.00~15.30
会 場:あべのハルカスキャンパス
テーマ:日系中小企業の海外進出と地域経済
講 師:櫻井靖久氏
    阪南大学経済学部准教授
内容
1)日本の中小企業
2)中小企業の地域経済に対する役割
3)日系中小企業の海外進出の現状
4)日系中小企業の海外進出の事例
5)中小企業の海外進出と地域経済の影響

中小企業がグローバルなサプライチェーンを構成している。その役割をうまく生かした事業活動を行うことによって、販路の拡大や企業成長による地域経済の貢献が期待されている。2020012592202001257912020012590

 

| | コメント (0)

2020年1月24日 (金)

OSOLEMIO!と早春賦を教わります(№5267)

中小企業診断士の資格の初回登録日が昭和45年(1970)4月です。本日は50年目の更新申請をしました。
■泉山加奈子先生の歌の教室、泉山先生、ご指導ありがとうございます。
来月はOSOLEMIO!早春賦を教わります。頑張って練習致します! よろしくお願いいたします。
OSOLEMIO!早春賦 ダークダックス ■本日届いた日経ビジネス1月27日号は「どうなってる? Panasonic」を特集しています。
2020012482202001242020012020200125_20200125205001

 

| | コメント (0)

2020年1月23日 (木)

企業のトップの考え方が変わるべきだ(№5266)

23日(木)18.30から大阪府中小企業診断協会 登録研究会 技術向上研究会に参加しました。
本日のテーマは令和元年度 登録研究会研究論文の最終確認でした。「企業のトップの考え方が変わるべきだ」と述べた。
・生産性の向上は「環境の変化に自社が変化できること」である。
・まず環境の変化に合わせて経営者が変わり、企業が自己変革することが重要である。・そのためには「経営理念」(存在意義)を見直し、理念を実現するための「目標管理」を行い、社員の知恵と工夫を結集することである。創意工夫・熱意や積極的な投資、企業家精神の発揮など、日本の企業は海外のライバルに負けない生き生きした仕事に取り組むための魅力的な戦う場になっているかが問われている。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年1月22日 (水)

SDGsを事業継承と事業見直しに活用(№5265)

第26回人事セミナー
テーマ:「10年後貴社は存在していますか?」
~SDGsを事業継承と事業見直しに活用~
日 時:2020年1月22日(水)13.30~16.30
会 場:船場経済クラブSKC文化サロン
内 容:
・SDGsの生い立ちと現状は?
・ビジネスから見たSDGsとは?
・中小企業の取り組み方は?
・ワークショップ
・中小企業の導入方法は?
主 催:クリエイトマネジメント協会202001222755
202001225120200122622020012271202001227520200122782020012267

 

| | コメント (0)

2020年1月21日 (火)

2020年第転換、『五輪後』に起きる14の異変(№5264)

日経ビジネス2019年12月23日・30日号の特集は
「2020年第転換、『五輪後』に起きる14の異変」です。
■PART1五輪後に随所で出現? 先送りのツケ
異変1:近づく不動産の天井
    憧れの街「湾岸」「ムサコ」の黄昏
異変2:五輪後の「成長率」「為替」「株価」は?
    日本経済、じり貧覚悟か
異変3:いまだ問題山積み
    年前半は「五輪準備パニック列島」
異変4:限界点を超える教育劣化
   「%が分からない大学生」の衝撃
異変5:超早期化する就活
    大学はレジャーランドから「職安」へ
異変6:変わる街づくり
    首都圏民は「川崎南部」を目指す?
異変7:インバウンドも大転換?
    北九州が名所になる日
異変8:浮かぶ仕事、沈む仕事
    地銀マン、消える「地方での威光」
異変9:成熟市場でのニュービジネス
出前戦争が招く「一段の人手不足」
異変10:自動車は「100年に1度」級 
    主力産業も転換だらけの1年
■PART2「分断」は不可逆的
    国際情勢、予測不能
異変11:加速する国家の分裂 
    世界中で「ミニ独立国」が誕生
異変12:米中・日韓・香港問題 
    2020年3大難問の「現実解」
異変13:世界食糧危機の足音
    「コーヒーが消える日」は来る?
異変14:ついに幕開け
    人類期待の「宇宙産業」
■旅するように働く 「地方で副業」の選択肢
----------------------------------------------
日経ビジネス2020年1月13日号の特集は
「逆風に芽吹く世界のビジネスモデル
 20の「ひずみ」が生む新潮流」です。

 

■Prologue 
「ウィーワークショック」後の世界
ひずみ解決にマネー向かう

 

■Part1:社会のひずみ編
短期上場より課題解決 ゴミも貧困もない世界へ
ひずみ1:あふれるゴミが環境を壊す
ひずみ2:迫る食糧危機
ひずみ3:増える生活習慣病
ひずみ4:未解決の難病
ひずみ5:足りない介護人材
ひずみ6:零細業者の貧困

 

■Part2:産業のひずみ編
物流と金融が激変
モノ作りも流通も常識外に
ひずみ7:非効率な物流
ひずみ8:金融の不信感
ひずみ9:現場の労働負荷
ひずみ10:希少すぎる高級酒
ひずみ11:持続性危うい養殖
ひずみ12:時代遅れの小売り

■Part3:消費者のひずみ編
「サブリスク」は当たり前
成否は気持ちの寄り添い方
ひずみ13:家で楽しく運動できない
ひずみ14:選択肢多く決められない
ひずみ15:欲しいブランドがない
ひずみ16:汚いトイレは嫌いだ

■Epilogue
地方、そして世界へ ひずみ大国が開く未来
ひずみ17:1次産業の担い手不足
ひずみ18:ニーズに合わない医療
ひずみ19:”モノ作り”では世界では戦えない
ひずみ20:相次ぐ自然災害
201912233020200113

 

 

| | コメント (0)

2020年1月20日 (月)

内部監査とSDGs(№5263)

01月20日(月)09.00--12.00
研修の講師をさせていただきました。
テーマは下記でした。
1)内部監査と力量
2)SDGs
■本日発売の週刊ダイヤモンド1月25日号の特集は
「パナソニック、名門電機の凋落」です。
▼創業101年の名門電機、パナソニックに再び経営危機が迫っている。事業軸を担当する五つのカンパニー全てが沈没する異常事態に陥っているのだ。2020年3月期見通しでは、営業利益が前年同期比で1000億円もダウン、営業利益率3.9%の低収益にあえぐ。パナソニックの業績が低迷する一方で、日立製作所やソニーは19年3月期に過去最高の営業利益をたたき出すなど、電機大手で明暗が分かれている。なぜ、パナソニックだけが凋落してしまったのか。その背景には、レガシー企業に共通する「組織の老衰」という弊害があった。週刊ダイヤモンド1月25日号より。
■19時30分より「鶴塀の家族に乾杯」は、グローブの町「三宅町」でした。米ぬかソックスもいいですね。
Img_2746202001202020012520200120nhk

 

| | コメント (0)

2020年1月19日 (日)

マンションの新年会(№5262)

19日(日)11時30分~15時。
『都住創コープ内平野町』住民の新年会でした。
都住創コープ内平野町』は、大阪市営地下鉄谷町線「天満橋」徒歩5分にある19戸のマンションです。昭和54年(1979年)8月築のSRC造(鉄骨鉄筋コンクリート)造。今年の8月で築後41年となります。入居は平成5年(2003年)8月9日から。16年前ですね。40年を記念して夏に屋上でビアパーティをしたいと声が上がりました。
■関連WEB:1975年のスタートから87年度建築学会賞受賞までの都住創の活動を伝える中間報告書。 20200119

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

今日のヨガ(№5261)

今日のヨガ教室は会場と時間が変わりました。
日 時:1月18日(土)10.15--11.45
会 場:大手前類第一ビル 2階
2020011848

| | コメント (0)

2020年1月17日 (金)

大阪カーボンカンファレンス2019(№5260)

大阪JCMネットワーク主催
「大阪カーボンカンファレンス2019」
~COP25の結果:本格始動するパリ協定、市場メカニズムの交渉経緯~

日時:2020年1月17日(金)13:00~16:30
場所:大阪歴史博物館 4階講堂 
主催:大阪JCMネットワーク
共催:(公財)地球環境センター
プログラム
第一部:国際交渉の最新動向や日本の温暖化対策

13:00 ~
開会挨拶:(公財)地球環境センター 理事長 鈴木 直氏
13:10~COP25の結果と世界の動き
    東京大学 未来ビジョン研究センター 
    教授 高村 ゆかり氏
14:00~COP25の結果と今後の気候変動政策
    環境省 地球環境局 国際地球温暖化対策担当参事官室
    岡野 泰士氏
14:30~COP25における市場メカニズムに関する交渉結果とJCMの取組
    環境省 地球環境局 市場メカニズム室 
    永森 一暢氏
15:00~Q&A セッション

第二部:JCM拡大に向けた取組事例の紹介

15:45~ビジネスマッチング支援プラットフォーム“JCM Global Match”について
   (公財)地球環境センター 東京事事務所 青山 ななこ 氏
16:00~フィリピン離島向けEVバイクによる風力発電余剰電力活用システムの開発(イノベーション創出事業)
  株)駒井ハルテック インフラ環境事業部企画マネージャー 
     豊田 玲子氏

20200117  2020011715 20200117_2717

| | コメント (0)

2020年1月16日 (木)

外国人労働者を雇用するには(№5259)

桑蓬会第399回研究会

 

■日 時:1月16日(木)18時30分~20時30分
■場 所:エルおおさか 608号室
■発表者:小泉國茂 氏
■テーマ:「人手不足対策として外国人労働者を雇用するには
 ~建設業の技能実習生を事例として~    」

 

▼最初に番外編として、大学教員の採用条件・履歴書覧、教員募集ポータルサイト、学会からの求人情報のご紹介がありました。
▼「外国人労働者を雇用するには」
■報告内容
1)顧問先の概要
2)顧問先へのコンサルティングの概要
3)外国人技能実習制度の歴史
4)外国人技能実習制度の仕組み
5)建設業で外国人技能実習生を雇用するためには
6)受入れ企業にかかる経費
7)賃金
8)研修
▼質疑応答では、活発な意見交換を行いました。
■関連WEB:外国人技能実習制度とは ■関連WEB:建設産業政策2017+10 ■関連WEB:建設産業政策2017+10データ編 202001166120200116622020011664202001166320200116082020011609

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

男性向け料理教室(№5258)

男性向け料理教室に参加しました。

日時:1月15日 (水)10.00~13.00
場所:保険福祉センター2階 栄養指導室
内容:
 ●講話「栄養バランスを考えましょう」
●食生活チェック(アンケートによる食生活診断)
 ●料理実習「簡単でおいしいヘルシーメニュー」
  ・鮭チーズごはん
  ・ひじきの香ばしミルク煮
  ・みそ風味のクリームシチュー
  ・ほうじ茶プリン
202001153220200115332020011537 

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

出船・雪のふる街を・サンタルチア(№5257)

2020.01.14歌の教室13.00~13.30
声を一点に集中するために、口の上に手を置いて歌う練習でした。歌う前に狙う先を決め、声をコントロールすること。
■関連WEB:出船 テノール:井原義則 ■関連WEB:雪の降る街を / 高 英男 & ダークダックス
■関連WEB:【和訳付き】サンタ・ルチア (ナポリ民謡) "Santa Lucia" - カタカナ読み付き 2020011420200113112020011327

 

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

1月後半の予定(№5256)

1月ももう半分過ぎました。
▼14日(火):うたの教室
▼15日(水):男の料理教室
▼16日(木):第399回桑蓬会研究会:小泉國茂氏
      「人手不足対策として外国人労働者を雇用するには」
▼17日(金):カーボンカンファレンス2019
       国際交渉の最新動向や日本の温暖化対策
▼18日(土):ヨガ教室
▼19日(日):新年会(マンション管理組合)
▼20日(月):企業内研修「SDGs、内部監査の有効性向上」
▼22日(水):「10年後の貴社の魅力ある姿は見えていますか?」
▼23日(木):技術向上研究会
▼24日(金):うたの教室
▼25日(土):「日系中小企業の海外進出と地域経済」
▼31日(金):「好きなこと“も”仕事にするパラレルキャリアという働き方」
-------------------------------------------------------------
2月
▼01日(土):「激動の東アジア情勢と安倍政権の行方」
▼04日(火):禅をきく会「ブッタ・最後の旅の物語」
▼07日(金):「デジタル社会のマーケティング」の事例

| | コメント (0)

2020年1月12日 (日)

全国英語歌唱コンクール(№5255)

1月11日(土)15:00から銀座ブロッサムで
English Vocal Election(全国英語歌唱コンクール)全国審査がありました。孫たちのグループが最優秀賞でした。
■English Vocal Election(全国英語歌唱コンクール)とは、
Youth Theatre Japan主催、朝日小学生新聞・朝日中高生新聞共催の全国からの投票によって代表”Representative”が決定される
“英語”で”歌う”歌唱コンクールです。
■関連WEB:English Vocal Election(全国英語歌唱コンクール)

■関連WEB:11日のプログラムダウンロード - 2020.01.11e38397e383ade382b0e383a9e383a0e38080e585a8e59bbde5afa9e69fbb.pdf

■関連WEB:全国審査結果発表ダウンロード - 2020.01.11e585a8e59bbde5afa9e69fbbe38080e7b590e69e9ce799bae8a1a8.pdf

■関連WEB:English Vocal Election report-vol-3(昨年の報告)

 

 

| | コメント (0)

2020年1月11日 (土)

今後の日本の安全保障と自衛隊(№5254)

第1068回武藤記念講座に参加しました。
会場:「武藤記念ホール」
日時:令和2年1月11日(土)13.30~15.30
講師:前統合幕僚長 河野克俊氏
演題:「今後の日本の安全保障と自衛隊」
要旨:
昭和29年に創設された自衛隊は、憲法九条との関連から多くの制約がかけられてきた。すなわち存在するが動かない自衛隊とも言えた。それが、平成三年の湾岸戦争を契機に掃海部隊がペルシヤ湾に派遣され、平成の自衛隊はオペレーションの時代に入った。令和のわが国の安全保障環境は厳しさを増しており、このような中にあって自衛隊の進むべき方向を考察する。20200111-220200111-320200111-1

| | コメント (0)

2020年1月10日 (金)

気候危機にどう立ち向かうか(№5253)

10月1日(火) 午前中、眼科の診察。
13.05--14.25JRCA講演会:大阪市中央公会堂
「内部監査の有効性を高めるために」
    マネジメントシステムサポーター
    土居 栄三 氏

15.40--18.20りそなアジア・オセアニア財団セミナー
2020年新春セミナー:大阪商工会議所 国際会議ホール
世界を揺るがす「気候変動」と「中国」

・「気候危機にどう立ち向かうか」
ー気候非常事態宣言を行いカーボンニュートラルな社会へ転換するー
 東京大学名誉教授
 日本エシカル推進協議会名誉会長
 LCA日本フォーラム会長   山本良一氏

・習近平政権と今後の日中関係
 東京大学公共政策大学院院長
 東京大学法学部教授      高原明生氏

2020011072 2020011074 202001107478

| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)

内部監査について(№5252)

第179回ISO研究会に参加しました。
1月9日18.30~20.30、マイドーム大阪7階
今年度は、昨年度に引き続き内部監査について研究するとともに、内部監査を経営ツールとして有効活用する方法について検討した。
以下の7項目について議論し、深堀りすることができた。
1)経営に役立つ内部監査の成功事例
2)内部監査が効果を上げるための社風(2月)
3)チェックリストの作り方、ブラッシュアップの仕方(3月)
4)内部監査後の反省会
5) 内部監査のマンネリ化の防止(4月)
6)内部監査の手順2020010966 2020010965

7)内部監査の結果とマネジメントレビューでのスパイラルアップ(5月)2020010969

 

| | コメント (0)

2020年1月 8日 (水)

イラン、米に報復攻撃(№5251)

1月8日の日本経済新聞より
イラン、米に報復攻撃
イラク駐留基地にミサイル 米「必要な手段とる」
■米国防総省は7日、イラクにある米軍の駐留基地がイランから十数発の弾道ミサイルの砲撃を受けたと発表した。中西部アンバル州のアサド空軍基地と北部アルビルの基地の2カ所が標的となった。被害状況は確認中だとしているが、米CNNは米国人の被害はないと伝えた。同省は「米国人とパートナー、同盟国を守るために必要なあらゆる手段をとる」と表明した。日本経済新聞2020.1.8
■ゴーン元会長きょう会見■日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告は逃亡先のレバノンで8日午後3時(日本時間同10時)記者会見を開く見通しだ。「起訴事実はクーデター」などと主張し、当時の日産経営陣らを非難することが予想される。日本経済新聞2020.1.8

| | コメント (0)

2020年1月 7日 (火)

2020年の世界の「10大リスク」(№5250)

7日(火)午後はSDGsセミナーの打合せでした。
■政治リスクの調査会社ユーラシア・グループは6日、2020年の世界の「10大リスク」を発表した。首位に「誰が米国を統治するか」を挙げた。11月の米大統領選は、多くの人が不当で不確実なものだとみなす結果になると指摘。外交政策はより不安定になると予測した。同社が米国の国内政治を最大のリスクに挙げるのは初めて。
■ユーラシア・グループが予想した
2020年の主要リスク
1)アメリカを統治するのは誰だ?
2)米中のテクノロジー・デカップリング(切り離し)
3)米中関係
4)多国籍企業は地政学的な溝を埋められない
5)モディ化されたインド
6)欧州の地政学
7)気候変動における政治と経済
8)イスラム教シーア派の三日月地帯
9)南米の不満
10)トルコ
■関連WEB:今年の10大リスク、首位は米大統領選 米調査会社

| | コメント (0)

2020年1月 6日 (月)

声楽特別レッスン(№5249)

1月6日(月)仕事始め、8.30から歯科医院へ。
15.30から宇野先生(テノール)の声楽特別レッスンでした。
「雪の降る街を」「サンタルチーア」「出船」の曲についてご指導していただきました。もっと重々しく歌ってください。「語りかけるように歌う」と適切なご指導を賜り、ありがとうございました。▼生徒の皆さんは、外国語の曲・歌? オペラなど、上手な方ばかりの声楽を聴かせていただき、とても勉強になりました。

 

| | コメント (0)

2020年1月 5日 (日)

中国が世界を染める チャイノベーション(№5248)

日経ビジネス2019年11月4日号の特集は下記です。

■特集 中国が世界を染める チャイノベーション vol.2

●中国が世界を染める チャイノベーション vol.2(024p)
●拡大止まらぬ 「チャイノベーション」 陸海空を覆う中国技術 「新 ・ 中華圏」 に焦る米国(026p)
 中国が世界規模で5Gネットワークや改訂ケーブル、測位衛星システムの整備を進めている。
●部品、素材、ロボット…… 日本の得意分野に迫る中国新興企業の実力(030p)
・超高制度の3Dプリンターで微細加工部品を作り出す:摩方材料科技
・次世代パワー半導体でトップを狙う:青銅剣科技。
・産業用ロボットの弱点、「手」を研究開発:軟体機器人科技。
・新技術で均一な品質のカーボンナノチューブを量産:き湾科技
・倉庫内の商品をピックアップするロボットを開発:炬星科技
・誰でも簡単に使えるビデオ会議システムがヒット、
● 「デカップリング」 仕掛ける米国 技術で分断される世界 試される中国との距離感(036p)
20191104

| | コメント (0)

2020年1月 4日 (土)

ラグビーに学ぶ組織論(№5247)

日経ビジネス2019.11.04号の「ラグビーに学ぶ組織論」
「ラグビーに学ぶ組織論」:編集委員・山川龍雄氏
▼どこに転がっていくかわからない楕円形のボールは、選手たちに状況に応じた機敏な対応を要求する。不確実性を前提とするラグビーには、強い組織づくりのヒントが詰まっている。
1)多様性(ダイバーシティ)
ラグビーはその国籍を持たなくても、一定の条件を満たせば代表選手になれる。
2)献身性「One for All, All for One」
ラグビーは身長や体重が不ぞろいの選手が、特徴を生かしたポジションにつく。一見、分業のスポーツのように思えるが、試合中は状況に応じて、複数のポジションをこなし、勝利に向かって一致団結する。
3)自律性
セクショナリズムが蔓延し、自分のこと以外、気に留めない従業員の多い組織は弱い。全員が自分事として捉え、仲間を支え合う組織こそ理想形だ。企業も同じだ。企業を取り巻く環境が激変する状況では、組織の変化対応力が問われる。イエスマンばかりでは勝てない。ラグビーは不確実性を前提としたスポーツだ。どこに転がるか分からない楕円形のラグビーボールがそれを象徴している。予見不可能であることを前提に、強い組織づくりに取り組めば、おのずと答えは、自律性を磨くことに行き当たる。
4)公平性(フェアネス)
日経ビジネス2019.11.04号P.11より

| | コメント (0)

2020年1月 3日 (金)

元気企業に学ぶ7カ条(№5246)

「伸びる会社はここが違う! ~元気企業に学ぶ7カ条~」– 2012/3/8
八木芳昭 (著), 横山昌司 (著), 川本久美子 (著), 楢崎賢吾 (著)
■大阪大学名誉教授 宮本又郎氏推薦!
■「こんなに元気な中小企業がある! 激動の時代を勝ち抜くヒントが満載」
■腕利き中小企業診断士が明かす、企業が社会に認められ成長する条件、
現状を打破する経営の秘訣とは?
■30社の優良中小企業の事例を掲載!
◆目次
■第1章 日本的経営のススメ
我が国に相応しい企業経営とは?
日本の文化に大きな影響を与えた石田梅岩
近江商人の三方よし。「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」
日本資本主義の父・渋沢栄一の教え
日本にはなぜ、長寿企業が多いのか?
戦後の日本企業
P・F・ドラッカーも称賛する日本的経営
H・ミンツバーグによる日本的経営への賛辞
日本的経営の弱点
日本の国際競争力
■第2章 伸びる会社の7カ条
第1条 明確な経営理念がある
第2条 社長にリーダーシップがある
第3条 人を大切にする
第4条 時流、時代の変化への対応が優れている
第5条 独自の市場・製品・製造・サービス手法を有する
第6条 ITを有効に活用している
第7条 社会に役立つ

■第3章 30社の成長企業に学ぶ

2020010300_

| | コメント (0)

2020年1月 2日 (木)

三松寺の紹介動画(№5245)

正月2日は奈良の三松寺の新年恒例の大般若六百巻を心読し大願成就の祈願法要へ。この法要は、導師が説草を唱える合間に、大般若経600巻を複数の僧侶で転読し、地区の安全、五穀豊穣、また地区住民の厄災消除、家内安全を祈願するものです。■導師の息子さんが今年春、駒澤大学を卒業し、2~3年永平寺で修行とのこと、ご本人から挨拶がありました。
■昨年ヴィッセル神戸のニイエサスタ選手が三松寺の座禅、奈良の紹介動画にも出て、紹介しています。ニイエサスタ選手が活躍したヴィッセル神戸は昨日のサッカー 天皇杯全日本選手権で鹿島を2―0で下し、クラブ史上初のタイトルを獲得した。■本日は歩数18039歩、よく歩きました。
■本日の歩数は18.309.よく歩きました。Img_2549202010296202001025320200102iniesta51

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

2020年元旦はラジオ体操でスタート(№5244)

2020年の元旦の朝は快晴。ラジオ体操でスタートです! 
大阪城ラジオ体操会の役員の皆様のご厚意で鏡割り、お神酒で乾杯!! ご来光は残念ながら雲で拝めませんでした。
元旦の各紙の社説とトップ記事は下記です。
■社説
日経:次世代に持続可能な国を引き継ごう
産経:政権長きゆえに尊からず
読売:平和と繁栄をどう引き継ぐか
   「変革」に挑む気概を失うまい 
毎日:民主政治の再構築、あきらめない心が必要だ
朝日:2020年代の世界、「人類普遍」を手放さずに

■トップ記事
日経:さびつく成長の公式 競争・革新 新たな挑戦
   ゴーン元会長、無断出国 レバノンへ、保釈条件違反
産経:日本は五輪で再生する
   ゴーン被告、レバノン逃亡
    声明発表 保釈取り消し
読売:ゴーン被告、無断出国 保釈中レバノンに
   関空ー-夢洲に高速船、近鉄 万博前 開業目指す
毎日:ゴーン被告海外逃亡、保釈中「今レバノン」
   「日本と月面着陸」25年にも 
     NASA提案 中国けん制狙う
朝日:「国会議員5人に現金」
     IR汚職 中国企業側が供述
   ゴーン被告  国外逃亡「私はレバノンにいる」

◆サッカー 天皇杯全日本選手権 ▽決勝 神戸 2―0 鹿島(1日・国立競技場)。新装された国立競技場での初のスポーツイベントとなった天皇杯決勝戦は、神戸が鹿島を2―0で下し、クラブ史上初のタイトルを獲得した。
■夜は生放送のNHK「ウイーン・フィル・ニューイヤーコンサート」19.00--22.00を楽しみました。2020010116 2020010119 2020010137 2020010142 2020010133  

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »